横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

緊急避妊(モーニングアフターピル)

16.10.06 ノルレボによる緊急避妊のみ可能になります

 これまで、主に学生さんの金銭的負担に配慮して、プラノバールによる緊急避妊もご選択いただけるようにしておりましたが、中用量ピルを4錠服用することによる血栓症リスクを考慮して、当院でご提供できる緊急避妊は「ノルレボ」による方法のみとさせていただくことになりました。

 プラノバールによる緊急避妊は、2016年10月8日をもって終了させていただきます。10月13日以降に緊急避妊をご希望の方は、ノルレボによる緊急避妊のみとなりますのでご了承くださいませ。

 ノルレボによる緊急避妊の料金は16500円です。緊急避妊をご希望の方は事前のご予約は不要ですので、診療受付時間内に直接おいでください。

ページの上部へ

 

11.05.29 緊急避妊薬ノルレボの処方を開始します

 5月24日に発売された緊急避妊薬「ノルレボ」を当院でも入荷しました。6月2日から処方を開始します。
 プラノバールを使ったヤッペ法による緊急避妊も引き続き扱っておりましたが、2016年10月13日からはノルレボによる緊急避妊のみを取り扱うこととなりました。

 プラノバールによる緊急避妊と「ノルレボ」による緊急避妊の大きな違いは、副作用の出かたとノルレボが「緊急避妊を目的とした薬」であるという点です。
 プラノバールは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が混ざった中用量ピルですので、服用した方の半数は吐き気や嘔吐という副作用が出てしまっていました。
 「ノルレボ」は「黄体ホルモン」のみが含まれているため、吐き気をはじめとした副作用が非常に少なくてすみます。

 プラノバールによる緊急避妊は、本来緊急避妊用の薬として認可されているわけではない薬を緊急避妊薬として「代用」しています。
 ノルレボはきちんと「緊急避妊薬」として認可された薬です。

 「ノルレボ」による避妊効果は、プラノバールを用いた時と同じで約81%です。緊急避妊を行ったけれど妊娠する確率が1~2%あります。
 緊急避妊の避妊効果は100%ではありませんので、あくまで最終手段の避妊法ということになります。
 
  

ページの上部へ

 

10.12.25 緊急避妊薬「ノルレボ」がやっと承認されました

 クリニックでもニーズが高い緊急避妊ですが、本来の緊急避妊薬がやっと日本でも使えることになりそうです。
 パブリックコメントにご協力くださった方々、本当にありがとうございます。
 発売され次第、クリニックの緊急避妊薬も中用量ピルから「ノルレボ」に変更する予定です。

 以下、「YOMIURI ONLINE」からの引用です。
  ↓

 厚生労働省の薬事分科会は24日、コンドームが壊れたり、性犯罪の被害に遭ったりした女性が、望まない妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬「ノルレボ」の承認を決めた。
 来春にも発売される。
 ノルレボ(成分名レボノルゲストレル)は女性ホルモンの一種の黄体ホルモンの製剤で、排卵を止める効果がある。性行為後72時間以内の服用で、妊娠の確率が4分の1に減り、副作用も軽い。欧米など48か国で承認されており、製薬会社「そーせい」(東京)が昨年、承認申請していた。
 従来の緊急避妊は月経周期異常などの治療薬(中用量ピル)が主流。警察庁も性犯罪被害者に、その費用を助成してきたが、嘔吐(おうと)などの副作用が強く、産婦人科医らが導入を要望していた。

ページの上部へ

 

10.04.09 緊急避妊(モーニングアフターピル)

 セックスをする上で、避妊と性感染症予防についてちゃんと考えてパートナーと話をする事は、最低限のマナーだと思います。

 10代だから気をつけなければいけないのではなく、結婚しているからなあなあでいいのではなく、セックスをするのなら誰でも知っておかなければいけない事のはず・・・・なのに、意外と正しい知識をもって、安心&安全なセックスをしている人は少ないようです。

 避妊や性感染症については、別ページで書いていきますが、まずは「緊急避妊(モーニングアフターピル)」について紹介したいと思います。

 

 最近ようやく女性雑誌などでも取り上げられるようになってきましたが、まだあまり知らない人のほうが多いはず。女性だけでなく、男性もぜひ知っておいてくださいね。

 緊急避妊というのは、コンドームが途中で破れてしまった・外れてしまった・コントロールがきかずに無防備なセックスをしてしまった・レイプされた、など、妊娠の可能性が高いセックスをしてしまってから72時間以内に行う事によって、望まない妊娠を4分の1に減らす事のできる方法です。

 

 

1)どうすればいいの?

 性交から72時間以内に、婦人科を受診して緊急避妊薬(ノルレボ)を処方してもらいます。最初の服用が早いほうが効果は高くなりますので、失敗したと思ったらできるだけ早く受診するようにしてください。ただし、緊急避妊を扱っていない婦人科もあるので、受診前に電話で確認した方が確実です。

 

2)何を飲むの?

 黄体ホルモンのみが含まれた「ノルレボ」という緊急避妊専用の薬を1錠1回飲みます。

 

3)保険証は必要?

 緊急避妊は保険がききません。なので、保険証無しで、診察も無しで処方される場合が多いです。料金は病院によって設定が違いますので、事前に問い合わせるようにしてください。

 

4)何度も緊急避妊して大丈夫?

 何度も繰り返すことは、絶対に止めてください。緊急避妊はあくまで「緊急時」のためだけにある最終手段です。一時的にホルモンバランスを乱すことになりますので、体にはかなり負担がかかります。もちろん、望まない妊娠をしてしまうよりは心身への負担は軽いですが、繰り返すことはお勧めできません。

 これをきっかけに、必ず今後の確実な避妊についてパートナーと話し合うようにしてください。


ページの上部へ

 
プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー