ピルの遠隔処方が可能になりました - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

17.11.01 ピルの遠隔処方が可能になりました

ピルの遠隔処方が可能になりました

 
  クリニックでは、自費のピルに限ってですが、遠隔処方が可能になりました。遠隔診療を導入した一番の目的は、「忙しくて受診できなかったのでピルの服用が途切れてしまいました」ということを防ぐことです。
 実は、こうやって「たまたま飲んでいない」時期が発生したために、望まない妊娠を経験してしまうという症例に遭遇しました。本人にピル継続の意思もあり、何の問題もなくピルを服用していたのに、ただ「受診する時間がなかった」というだけでピルの服用が途切れてしまうのはとてももったいないことだと感じたんですね。どうにかして、そのような欠薬を防ぐことはできないかと思い、今回遠隔診療のシステムを導入しました。

 当院ですでにピルの処方を受けていらっしゃる方は、下記の条件に照らし合わせて医師から遠隔受診のご案内をさせていただいています。
 他の病院でピルを処方されているけれど、当院の遠隔処方に移行したいという方は、1回は当院に受診していただく必要があります。経過や服用状況に問題がなければ、2回目以降は遠隔処方が可能です。
 
 遠隔処方についての詳細は下記をご参照ください。

*対象者

 自費のピルを当院で処方している人(服用目的は問わない)

 45歳以下

 BMI28未満

 1年以内に採血や健診を受けているか遠隔診療時に結果を添付できる

 

*遠隔処方ができない方(以下の方は必ず受診が必要です)

 喫煙者(本数問わず)

 片頭痛がある人

 46歳以上 

 BMI28以上

 1年以上採血機会がない人(1回は受診が必要になります)

 自費ピル以外の薬も一緒に処方が必要な人

 

*料金

 再診料500円+ピル1シート2600(学生の方は1900)

 遠隔診療システムの利用料(処方数が3シートまでなら864円)

 

*受診の流れ

 お渡ししたパンフレットに沿ってスマホを操作してください。

 1)curon」という遠隔診療アプリをダウンロードします

 2)アプリを立ち上げてQRコードで当院を医療機関として登録します

 3)ピルがなくなる14日前までに次回の処方を希望して遠隔受診します

 4)アプリで表示される問診内容に答えます

 5)配送先と決済方法の確認に返答します

 6)クレジットカードの情報を登録して決済を行います

 7)数日後にピルが宅急便で届きますのでお受け取り下さい

 遠隔処方についてのお問い合わせは、クリニックへお願いします。
  予約専用電話045-440-5577

<< 子宮頸がんワクチンの「被害者」であり続けるデメリット   |   女性の方がうつになりやすい理由 >>

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー