横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

最新情報

16.05.03 子どもの病気とフードアレルギー

 クリニックでは遅延型フードアレルギーの検査を行っていますが、この検査を行う目的は「食べてはいけない食品を見つけること」ではありません。もちろん、体に「合う合わない」はありますから避けた方がいい食品を把握しておくことも重要です。

 でも、検査で陽性反応が出た食品を「一生食べないようにする」のではなく、検査の結果から現在の腸内環境を推測して、その腸内環境を改善していくための治療を行うことが、この検査の目的なのです。

 実は、私の長女も遅延型アレルギーがあります。原因不明の蕁麻疹が突然出るようになったので検査をしてみたところ、ほとんどの食品に陽性反応が出てしまいました。特に、卵・小麦・乳製品には強い反応が出ていたので、半年を目安に私と同じ除去食を心がけました。ただ、子どもの場合食べる楽しみをなくさないように工夫が必要です。また、保育園でお友達と違うメニューを食べるのは本人の心理的負担になると思われたので、保育園では普通にみんなと同じものを食べていました。

 さらに、腸内環境を整えるために必要なサプリメントを飲ませました。まだカプセルが飲めないので、色んなものに中身を混ぜてみてどれが一番の見やすいかを試行錯誤した結果・・・乳酸菌も消化酵素も「いちごジャム」ならなんとかイケることが分かり、ジャムにサプリメントを混ぜて根気よく飲ませ続けました。

 本当は、ターメリックが入った腸の壁を修復するサプリメントもとって欲しかったのですが、カボチャのペーストに混ぜてもカレーに混ぜてもどうしても食べてくれず、このサプリは断念。

 約半年間継続したところ、蕁麻疹は全くでなくなり、いつもお尻や背中をボリボリ引っ掻いていたのが、痒がることがなくなりました。さらに、風邪をひきにくくなって、ちょっと鼻や咳が出てもすぐに治るようになってきたんですね。これは、腸内免疫が正常に機能し始めたからだと思われます。

 もともと遅延型フードアレルギーの検査は、小児科の分野で注目され始めました。それは、多動や自閉症とフードアレルギーが関連していることが分かってきたからです。もし、お子さんの喘息・アトピー・多動などでお悩みでしたらお気軽にご相談ください。フードアレルギーの検査だけでなく、サプリメントやカウンセリングで「薬が必要なくなる」状態に戻ることが可能です。

 検査はクリニックで承っておりますが、健康相談やサプリメントのご紹介は健康サロンで行っております。いずれも予約制となっておりますのでまずはお電話かメールでお問い合わせくださいませ。

    お問い合わせ先 045-440-5577  info@vivalita.com

ページの上部へ

 

16.03.28 腸内環境を整えると元気になれるワケ

  昨日は女性医療ネットワークのシンポジウムに参加してきました。今回のテーマは「腸内環境と健康」・・・皮膚科の先生やアンチエイジング専門の先生から、いかに腸内環境を整えることが大切かをレクチャーしていただきました。

 皮膚科の先生からは「いい加減なものを食べていてお肌がきれいになるはずがありません!」とのアドバイス。本当に、そう思います。レクチャーの中でも言われていましたが、やはり「体を冷やす食べ物」「砂糖」「体に合っていない食べ物」はとらない方がいいのです。その上で、よく噛んで食べることと「食べ過ぎない&飲みすぎない」ことが大事だとおっしゃっていました。
 言われれば当たり前のことなんですが、実践できている方は少ないと思います。

 アンチエイジング専門の先生からは、腸内環境についてのかなり詳しいレクチャーがあったのですが、その中で興味深い内容があったのでご紹介させてください。
 遅延型アレルギーも含めて、腸内の環境が悪いと原因不明のだるさ・頭痛・下痢などの体調不良が出やすいのですが、そもそも腸内環境が悪くなる原因を「薬」が作り出している可能性があるということでした。

 抗生物質を常用していると、腸内の善玉菌が薬によっていなくなってしまうために、腸内環境が悪くなります。また、細菌がいなくなった影響で真菌(カビ)が増えやすくなり、炎症を引き起こしたり過剰に甘い物がほしくなったり、リーキーガット症候群の原因になったりするのです。
 また、胃薬の中で胃酸を抑えるタイプのものを常用していると、本来の胃での殺菌作用が働かなくなり、増えてはいけない細菌が小腸で増えてしまったり、カビが増えてしまったりするのだそうです。

 腸の壁にある免疫システムは、実は全身にある免疫系等の約7割を占めます。つまり、腸内環境が悪くなって、腸内免疫の機能が正常に働かなくなると様々な体調不良や病気を引き起こす可能性があるのです。
 私自身も、食事改善やサプリメントを色々試してみて、腸内環境を整えることがいかに重要かは自分自身が実感しています。

 なんだかよく分からない体調不良が続いている人は、一度腸内環境を確認してみるといいかもしれません。
 クリニックでも、遅延型フードアレルギーの検査を承っております。気になる方は、お電話でお問い合わせくださいませ。

ページの上部へ

 

16.02.25 「病気」という表現をやめるワークショップを開催します

 先日予告しましたが、「病気」という表現をやめるためのワークショップを開催します。
 今回自分がインフルエンザになってみて、改めて「人は自ら病気を作り出しているのだな」と実感しました。
 自分で始めたことは、自分で終わらせることができます。もしお子様の病気を「やめさせたい」と思っている方がいらっしゃいましたら、お子様が自然に病気をやめていくように導くことも可能なのです。
 

「病気」という表現をやめる3つのステップ
~あなたが「病気」という表現を選んだワケを明らかにし違う表現を選ぶためのワークショップ~

 「病気」もしくは「心身の不調」はなぜ起きるのでしょうか?
 毎日50人近い患者様と接していると、「病気」になる方にはある共通した点があることに気付きます。
 それは「本来の自分の姿からずれている」「真の意味で『自分の人生』を生きていない」という点です。
 簡単に言うと、自分の人生のハンドル操作を「自分以外の人またはモノ」に譲ってしまって日々を過ごしているのです。
 「病気」は、そのことに気付いてくださいよという体や心からのメッセージです。
 もちろん、症状が出ている臓器や病気の種類によって、メッセージの詳細は異なってきます。
 でも、大きなくくりとしての「心身の不調」という形で現れた場合のメッセージは共通しているのです。
 そのメッセージをうまく受け取れる人はすぐに調子がよくなりますし、いつまでもメッセージを無視し続けていると不調が続いたり、どんどん不調の「種類」が重くなっていったりします。

 今回のワークショップでは、あなたが「病気」という表現を選んでまで受け取りたかったメッセージは何なのかを明らかにしていきます。
 また「病気」をやめられる人とやめられない人の違いは何なのか、「病気」をやめられる人に共通している3つのポイントをご説明し、それらのポイントをクリアするためのエクササイズを行っていきます。

 あなたご自身又はお子様や親などご家族の何らかの心身の不調でお困りでしたら、きっとこのワークショップがお役に立てるでしょう。不調の種類や重度は問ません。
 どのような「病気」なのかを扱うのではなく、その「病気という表現を選んでいる」という状態に対して、様々なワークを組み合わせてアプローチしていきます。

  *今の不調を根本から改善していきたい
  *ずっと薬を飲むことに抵抗がある
  *長年付き合っている「持病」を何とかしたい
  *「体質だから」とあきらめかけていた
  *医者からは「治らない」と言われてどうしたらいいのか分からない

 そんな方々に受けていただきたいワークショップです。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  日時:3月12日(土)19時~20時半
  講師:清水なほみ(産婦人科医)
  主催:医療法人ビバリータ
  会場:ポートサイド女性総合クリニック待合室
  対象:ご自身の病気をやめたい方/ご家族の病気をやめさせたい方
  定員:10名(先着順)
  参加費:3,000円(当日現金でお支払いください)
  お申込み・お問い合わせ先:info@vivalita.com

ページの上部へ

 

16.02.14 メールセッションを始めました

 

クリニック付属の健康サロンでは、医師による各種カウンセリングやセッションを承っております。
薬を使わずに健康を取り戻したい方や、お子様の心身のトラブルに関してのご相談など、お気軽にご相談ください。
カウンセリングメニューの詳細はこちらをご参照下さい。
http://www.vivalita.com/salon/healthcare.html


また、いきなり対面でのカウンセリングに抵抗があるという方のために、お試しメールセッションを開始しました。
メールセッションは1セット5,000円で承ります。

 まずメールでご相談内容をお送りください(タイトルに「メールセッション希望」とお書きください)
   ↓
 セッション料金のお振込先をご連絡いたします
   ↓
 振り込みが確認され次第メールで1回目の回答をお送りします
   ↓
 ご質問や追加のご相談をお送りください
   ↓
 追加の回答をお送りします

また、メールセッションだけで解決しない場合、対面セッションを引き続き承ることも可能です。
メールセッション後の対面セッションをご予約の場合は、初回120分セッション料金を3,000円割引とさせていただきます。
メールセッションをご希望の方は、info@vivalita.comまでご連絡ください。

ページの上部へ

 

16.01.28 なぜ親の「意識」が変わると子どもの不調が改善するのか?

 クリニックには、10代半ばの方が月経痛や月経不順のご相談にいらっしゃることもあります。そのご年齢だと、たいていは当たり前のようにお母様が一緒に診察についてこられることが多いのですが、「どのようについてこられるか」と「問診時の受け答え」でだいたい娘さんの不調の原因が見えてきます。
 婦人科系の不調やメンタルの不調は、多くの場合母&娘関係に何らかの解決点が隠れていることが多いのです。診察室についてこられるお母様の特徴として共通しているのが、「本人の許可を得ずに当然のように一緒に入る」「こちらの質問に本人ではなく母親ばかりが答える」「『この子は小さい頃から○○なんです』といった信じ込みが多い」という点です。
 診察時にあまりにもお母様がしゃしゃり出てご本人の口からお話しが聞けない場合は、「ご本人から伺いますのでお母様は黙っていてください」とお伝えすることもあります。多くの場合、そういっても途中から割り込んで来られるのですが・・・この時点で、娘さんの不調にお母様の意識が影響していることは明白です。

 先日、「この子は西洋医学の薬が効かないんです」「昔から虚弱体質なんで」「アトピーもあって色んな代替医療を試したけれどよくならないんです」という、実に多くの信じ込みを娘さんに刷り込んでいらっしゃるお母様が娘さんと一緒に受診されました。検査のために娘さんと2人きりになった時に「自分の事を虚弱体質だと思う?」と聞いたら「全然そんなことないんです」とのこと・・・「お母さんの『呪文』は聞かないようにしようか」とアドバイスしたのですが、「次の診察からは1人でお部屋に入れる?」と伺ったらものすごく安堵の表情を浮かべていらっしゃいました。

 婦人科疾患に限らず、アトピーや自閉症など、子どもの不調の多くは親の意識が反映されていることがしばしばあります。親子関係を改善するというよりは、「まず親が変わる」ことによって子どもの不調が改善していくケースが少なくありません。親の意識が変われば、「子どもが病気でい続ける理由」がなくなるからです。
 中学生くらいになれば、子どもさん本人に親からの影響について理解してもらって、その「呪縛」から自力で抜け出していただくということも可能ですから、一概に「親が先」とは言えませんが、お子さんのことで悩んでいる方は「まず自分から」という意識を持つと流れが変わるかもしれません。

 健康サロンではお子様の不調についてのカウンセリングも承っています。親子でいらしていただいても、親だけのカウンセリングでも大丈夫です。詳細はこちらのメニューをご参照下さい。
 
 2月17日のワークショップでは、親の意識がどのように子どもに反映しているのかも解説していきます。
 子どもの不調は親が原因=あなたが悪い、という意味ではありませんから安心してくださいね。まずケアすべきはあなた自身なんですよ、ということです。
 ワークショップの詳細はこちらをご覧ください。

ページの上部へ

 

16.01.14 健康サロンのカウンセリングメニュー内容を解説します

健康サロンのカウンセリングやセッション内容について詳しく解説します。


*健康カウンセリング(30分・60分)

 何らかの心身の不調全般に関するご相談を承ります。症状や疾患の種類は問ません。「現在他の病院で治療中だけれど、薬に頼らず健康を取り戻したい」今の治療では十分な効果が得られていない。といったご相談も承ります。状態に応じて、サプリメントやアロマオイルなど、サポートツールをご紹介させていただきます。商品の販売を目的とするものではありませんので購入を促すことはありません。


ウーマンズヘルスセッション(60)

 月経関連症状や更年期症状や不妊症など女性特有の不調に関するご相談を承ります。投薬治療ではなく「女性としての本来の健康状態を取り戻す」ことを希望される方にお勧めです。不調を生み出している根本的な原因をカウンセリングによって見つけ出し、修正していきます。他院で不妊治療中の方でも、治療効果を上げるためのサポートをさせていただきます。必要に応じて、サポートツールをご紹介させていただいたり、催眠暗示によってより早く原因を取り除くようにしていきます。


*チャイルドセッション(60)


 アトピーや自閉症や引きこもりなどお子様の心身の不調に関するご相談を承ります。お子様の不調の原因の多くは「親」にあるため、お子様ご自身がセッションを受けられなくてもセッションは可能です。不調を生み出している原因が親にあるのかお子様にあるのかも含めて、カウンセリングで明らかにしていきます。現在投薬中だけれど、薬をやめていきたい、という場合も現在の治療と並行しながら改善していくことができます。お子様の年齢によっては、入眠時の読み聞かせによって、ご本人の潜在意識に働きかけて改善していく方法もお伝えします。


メンタルセッション(60)


 うつ病や不安障害など精神的な不調に関するご相談を承ります。現在投薬治療中の方で、薬をやめたいという方にお勧めです。現在の症状が出現した背景にある原因をカウンセリングで明らかにし、修正していきます。必要に応じて栄養改善のアドバイスをさせていただいたり、催眠暗示によってより早く原因を取り除くようにしていきます。



*催眠セッション(90)

 心身の不調の原因を催眠暗示を使って自然に改善させていきます。催眠状態とは、顕在意識が眠りに入って潜在意識だけに働きかけることができる状態です。セッションでは、ベットに横になった状態で催眠誘導を行っていきます。少しぼーっとした状態で話を聞いているだけで、不調を改善するために必要なことを潜在意識が学習してくれますので、自分で意識して何かを「変えよう」としなくても自然に改善していくことが可能です。

ページの上部へ

 

15.09.03 薬に頼らなくても健康になりたい方へ

 最近立て続けに嬉しいケースを経験させていただきました。更年期症状を訴えていらした患者様に、更年期という時期の意味や症状が出るのはどういう時なのかをご説明させていただき、ほんの少しだけ『メタファー』という手法を用いてカウンセリングをさせていただきました。

 一般的な更年期治療の方法は、ホルモン補充療法・漢方療法・プラセンタ療法・サプリメントなどがありますが、どの患者様もわずかに漢方を処方させていただいたり、ちょっとだけプラセンタの注射をしただけで、1か月後には別人のように明るい表情になっていらしてくださいました。お薬の効果ではなく、初診時にお話しさせていただいたことで「自力で改善する方法」をご本人が見つけてくださったのです。

 辛い症状に対して、ホルモン剤を使ったり、安定剤を使ったりして一時的に症状を軽くするということももちろん必要なことがあります。薬はすべて「悪」ではなく、必要な方に必要な量を必要な時だけ使うことは、ときにはとても重要なのです。むしろ、薬を使わないことでのデメリットが大きくなる場合もあります。なので私は積極的に「薬」をお出しすることもあります。

 でも、私が女性の健康をサポートさせていただいて、本当に「よかった~」と思えるのは、上記のような薬に頼らず自力で健康になっていただけた時なのです。

 「薬」を使わなくても健康になる方法が知りたい。今は薬を使っているけれど、それらをやめてもいい状態が保てるようにしていきたい。そんな方のご相談に応えられるように、新しくオープンしたサロン健康カウンセリングを承ります。

 健康カウンセリングの予約は、お電話かメールで承ります。金曜日の10時~・11時~・12時~の3枠のみとなりますので、ご希望の日時をお知らせください。

ページの上部へ

 

15.06.28 サロンのフェイスブックです!

サロンのフェイスブックが完成しました! 院長とスタッフで更新してますので、良かったら見にきてくださいね♡

ページの上部へ

 

15.06.17 6月~8月限定!!オリジナルアロマジェル販売!

いつもビバリータをご利用頂きましてありがとうございます。

梅雨はなんとなく苦手・・梅雨の次は日差しの強い暑い夏・・
梅雨の時期は、浮腫む、頭が痛む、身体が重たい、髪の毛がまとまらない、ジメジメして気持ち悪い、外出したくない・・と不調を感じる方も多いかと思います。

また、梅雨から夏になると皮膚に塗布するクリームやオイルなどはベタベタして快適さがなくなりますよね。

そこで、サロンではジメジメして梅雨と夏を快適に過ごすジェルを販売してます。
冷蔵庫で冷やしてお肌に塗布するとひんやりしてとっても気持ちいいです♪

私のおススメは、冷涼効果抜群のペパーミントジェルです!

本格的な夏が来る前にお子さんに虫除けジェルと虫刺されケアんのジェル、冷涼クールダウンジェル・日焼け後のケア用ジェル、そして夏風邪で咳が出たり、胸元に塗るとスッキリするジェルです。

初回は、容器+ジェル代¥2.500(税込)
2回目以降は、容器をお持ち頂ければ¥2.100(税込)でお好きな精油でジェルをお作りいたします。

妊婦さんもご使用できますのでお気軽にお問合せください。

045-620-4932


DSC08002.JPG salon de vivalita  セラピストKAYO





ページの上部へ

 

15.06.10 オープン記念キャンペーン中です

  サロンのオープンに伴いまして、オープン記念キャンペーン中です。

   アロママッサージ60分 通常7400円→6200円

   アロママッサージ80分  通常8640円→7300円

   リンパマッサージ90分   通常10800円→9180円

 この機会にぜひ新しいサロンをご利用くださいませ。

 サロンのご予約はお電話で承っております。

    サロン電話 045-620-4932

   

  

ページの上部へ

 
プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー