PMS外来

母校で講義をして参りました

健康コンシェルジュ・カウンセラーの伊藤です。

昨年12月に、母校の大学へ行って参りました。

コミュニティ心理学という授業の中で、女性外来における
 カウンセリングについてお話させて頂きました。

学生さんは、女性が6-7割で男性もいらっしゃいました。

女性の話で、昼食後の授業ということもあり、眠くなって
 皆さん大変かなと思いましたが、PMS(月経前症候群)を
 中心に話すので男性も聞いてほしいと実情をお話しました。

PMSに悩む患者さんには、彼氏や旦那さんから相談を頂く
 ということもあります。

また、ご自身で受診された方でも、彼氏や旦那さんが
 PMSでの変化に困っているという声が多く聞かれます。

そんなお話を聞いた男子学生さんは、興味を持って真剣に
 聞いてくださった方が多くいらっしゃいました。

感想文でも、関係ないと思っていたけれど、男性もちゃんと
 学ばないと...など嬉しいことがたくさん書かれていました。

カウンセラーは、クリニックなどで患者さんを待っている
 という印象だと思いますが、本来は予防や啓発活動に
 外に出ていくことも必要だと思っています。

PMSを多くの方が知って頂き、セルフケアをできるようになり
 少しでも月経やPMSの時期が心地よく過ごせるようにと考えて
 おります。

PMS外来も、そのために大いに活用して下さい。

母校で講義を聞いて下さった学生さん、呼んで下さった
 教授に感謝しつつ、またPMSについてお話できる機会が
 あることを願っております。

ページの上部へ