逆子ママのためのワークショップを開催します

自分で逆子をやめられるって知っていました?

 

 あなたの赤ちゃんは、何のために「逆さま」になっているのでしょう。
 そもそも赤ちゃんは、頭が下向きつまり「普通と逆向き」で「正常」とされています。今、あなたの赤ちゃんは「普通」の向きを向いているから「逆向き」つまり「逆子ですよ」と言われているのです。何のためにわざわざ「普通の向き」になって「逆ですよ」と言われるなんてことをしているのでしょうか?

 

 このワークショップでは、逆子になっている背景つまり「根本原因」を見つけ、言葉と心理技術を使ってそれをひっくり返していきます。
 逆子体操も、でんぐり返りもしませんが、脳の動き方を「ぐるん」とひっくり返すことによって、逆子である必要性がなくなるのです。

 

 実際に、立川市にあるまんまる助産院でこの技術を活用したところ、逆子改善率は、なんと9割だったのです。

 

 今あなたが「流れに逆らわずこのまま逆子でもしょうがない」と思っているのであれば、そのまま医師の判断に委ねるのもひとつの選択です。
 「この週数になってもまだ何かできるかもしれない」「できることなら自力で逆子をやめてみたい」という思いが少しでもあれば、私たちと一緒に「脳のでんぐり返り」を試してみませんか?

 もしかしたら、明日には赤ちゃんが回っているかもしれませんし、ギリギリになってぐるんと回ってくれるかもしれません。実際、手術室で麻酔をかける直前に心音を確認したら逆子が治っていた、というケースもありました。
 いつ「ぐるんとひっくり返る」のか、赤ちゃんと相談してみてもよいかもしれません。

 

 ワークショップは、逆子が治った場合、直前のキャンセルもできますので、安心してお申し込みくださいませ。

 

 

「逆子ママのためのでんぐり返りワークショップ」

 

日時 5月29日(水)14時~16時
場所 横浜駅近辺(お申し込み後に詳細をお伝えします)
対象 逆子と診断された方(厳密な週数の指定はありませんが参加時点で32週以上がベターです)
定員 10名
参加費 5000円(当日現金でお支払い下さい)
お申し込み・お問い合わせ info@vivalita.com

 

講師紹介
梯谷 礼奈(はしがい れな)
看護師、トランスフォーメーショナルコーチ
一般社団法人 国際マタニティカウンセリング協会 理事

 看護師として、脳外科、ICU(集中治療室)に勤務。
 人の生死の現場で働きながら、心と身体の繋がりに興味を持ち、心理技術、言葉の技術を学ぶ。現在は、国内、海外で
個人セッションやワークショップを精力的に展開中。
 まんまる助産院で毎月第1水曜日に妊婦さん向け、助産師のクラスも担当している。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー