子宮頸がんワクチンの公費助成について - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

11.09.05 子宮頸がんワクチンの公費助成について

子宮頸がんワクチンの公費助成について

 横浜市からの回答待ちになっておりました、子宮頸がんワクチン「ガーダシル」の公費助成について、横浜市から正式な通達がありました。
 HPV4価ワクチンである「ガーダシル」は、9月15日から横浜市でも公費助成の対象となるとのことです。

 したがって、公費助成対象のご年齢の方には、2価ワクチンの「サーバリックス」と4価ワクチンの「ガーダシル」を選んでいただくことになります。
 いずれも今年度いっぱいの助成ですので、3回の接種全てを無料で受けるためには、9月中に1回目の接種を行う必要があります。
 ガーダシルを公費で接種したいという方は、9月15日以降お早めにご予約をおとり下さい。

 また、9月15日以降はガーダシルも公費助成対象年齢の方へ優先接種する事となりますので、自費での接種ご希望の方は9月14日までにご予約いただくか、10月1日以降までお待ちいただきますようお願いします。

<< 子宮頸がん4価ワクチン「ガーダシル」の公費助成について   |   休診日のお知らせ >>

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー