ワクチンについての考え方

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

読むだけでプチ不調が改善する本、出版しました!

 

なぜ口グセを変えるだけでプチ不調が消えるのか?!

 

「読んだだけで脳の動きが変わりました」
「自分の症状のところを読んだら『ストーン』と納得がいきました」
「テンポがよくてスイスイ読めるのに、すごい効果です!」

 

多くの方からこんなご感想をいただいています。
あなたも自分の口グセチェックしてみませんか?

 

1冊1800円(税込み) 送料200円

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 コロナのワクチンに関して、「接種した方がいいですか?」というご質問をいただくことは少なからずあります。
正直、正確に回答するのが難しいのです。

 

 HPVワクチンなら、「こういった理由でこのワクチンの有効性はこのくらいだから、トータルで考えた時に接種するメリットの方が大きいですよ」といった説明は可能です。
 でも、コロナのワクチンは、そもそもコロナのリスクが十分にわかっておらず、ワクチンの有効性もリスクも、私自身が自分で検証するのに十分な情報を得られていません。
なので、あくまで「個人的な見解」しか述べられないのです。

 

 ただ、「ワクチン」というもののあり方について、知っておいた方がよいことがあります。
 それは、ワクチンの目的が大きく2つに分けられるということです。

 

 ワクチンの目的は、「自分がかからないようにする又は重症化しないようにする」という、個人の健康利益を求めて接種するケースが一つ。
 前述のHPVワクチンなどは、こちらの意味合いが強いですね。
 「自分が子宮頸がんにならないため」に接種するということです。

 

 もう一つの目的が、「自分が免疫力を持つことで周りの人に感染させないようにする」という『相手を守る』という目的です。
 妊婦さんのパートナーが風疹ワクチンを接種するのはこちらの目的ですよね。
 実は、この目的、つまり「免疫学的弱者をみんなで守ろう」という認識が充分伝わっていないために、「私が感染したって私の自由なんだからワクチン接種しなくていいでしょ」という考え方が発生してしまうのだと感じています。

 

 ワクチン陰謀論やワクチン不妊説は、個人的には「論外」だと感じていますし、逆にすべてのワクチンが必ず必要なものであるとも考えていません。
 実際、季節性のインフルエンザワクチンを小児に接種することは疑問視しているので、子どもたちには接種させていません。

 

 最終的に、ワクチンの必要性とリスクについて、個々がどのように考えるのかは自由といえば自由なのですが、前述の2つ目の目的について、一度考えてみていただきたいなと思います。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ