ホルモン付加子宮内避妊具(ミレーナ)の特徴

 今まで日本で認可されていた、普通のIUDや銅付加IUDと比べて、ホルモン付加型にどんなメリットがあるのかと言うと、子宮内膜に対するホルモンの効果が期待できるという点なんですね。

 しかも、薬を飲むのと違って、局所つまり子宮内膜だけにホルモンが作用し血液中のホルモンの濃度はほとんど上がらないので、例えば血圧の問題や肝機能の問題でホルモンを飲むことが出来ない方にも使うことができます。ピルで体重増加が見られた人も、ホルモン付加IUDなら体重に変化は見られなかったそうです。

 
 黄体ホルモンが子宮内膜に作用すると、内膜があまり分厚くならないので月経時の出血量が減ります。それにともなって、月経痛も減ります。挿入してから1年間で、約3割の方が無月経になっていくそうです。つまり、出血が減りすぎて生理が来ない状態にまで持っていくことが出来るんですね。
 卵巣は正常に働いていますから、ホルモンが足りなくて無月経になるわけではありません。卵巣機能は正常なのに月経が来ないってちょっと不思議かもしれませんが、ピルを飲み続けている方の中にも自然に無月経になっていく方がいらっしゃるんですよ。これは病的な無月経とは異なりますから心配ありません。
 避妊具の使用をやめれば、またすぐに正常な月経に戻りますので、例えば出産後3年くらいは避妊しておきたいという方の場合も、避妊したい間だけミレーナを入れておき、そろそろ2人目・3人目をと思った時点で取り除けばいいので、便利なんですよ。

 ちなみに、分娩後の方の避妊法として、授乳しているとピルは6ヶ月間は飲めませんが、ミレーナの場合ホルモンが血液中にほとんど入らないので授乳にも問題なく使うことが出来ます。ただ、子宮内に異物を入れる事になるので、分娩後の子宮がちゃんと元の大きさに戻ってから使う必要があります。
 WHOの基準では、分娩後6週間以降と書いてありました。1ヶ月健診までは夫婦生活は禁止されていますから、ちょっと遅めの1ヶ月健診を受けて、子宮の戻りが問題なければその場でミレーナを挿入するのが一番スムーズかもしれませんね。