緊急事態宣言発令後の当院の対応

本日予定通り緊急事態宣言が発令された場合、当院では以下の対応をとらせていただきます。

*クリニックは診療します
どうしても受診が必要な患者様や、総合病院へ行きづらくなった方の受け皿としてクリニックの診療は続けます。

*平日の予約の枠を減らします
現在クリニックに勤務しているスタッフのうち、小学生以下のお子様がいるスタッフが優先的に外出を控えられるよう、勤務する人数を減らします。
したがって、診療できる医師が私一人となり、予約の枠も半分になります。
それに伴って、事務や看護師も通勤者を減らすことができます。
同時刻にいらっしゃる患者様の数を減らすことによって、感染リスクを下げます。

*できるだけ遠隔受診に移行していただきます
継続処方の方は、できるだけ「家から出ないで」お薬を受け取っていただきたいので(薬局に行く必要性はありますが)、当院に「薬のみ」で受け取りにいらしていただくのではなく、自宅に薬剤または処方箋を郵送させていただく、遠隔診療への移行をお願いします。

*初診の方の遠隔受診も承ります
他の病院でピルやホルモン補充療法の処方を受けており、遠隔診療を利用したい方のために、初診から遠隔で承れるようにします。(こちらに関しては遠隔診療のシステム調整中なのであと1~2日お待ちください)

*プラセンタ注射(特に美容目的)の方の注射の回数を減らしていただくようにお願いします
医学的に緊急性のない方の受診は、極力控えていただくようにお願いしていきます。

*症状のない検診目的の初診は5月7日以降に承ります
プラセンタと同様に、医学的緊急性のない方の受診は4月いっぱいはお控えいただくことにします。

色々ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ