将来妊娠できるかどうかが心配?

 妊活ブームだったり、不妊症に関する情報が色々出ているせいか、「今妊娠を目指しているわけではないのだけど、将来妊娠できる体なのかどうか検査したい」というお問い合わせをいただくことがしばしばあります。自分は将来ちゃんと妊娠できるだろうか、という不安を何とか払拭したいというお気持ちは分かるのですが、残念ながら「将来妊娠できることを保証する検査」はないんですよね。 
 もちろん、妊娠を目指せば誰でもすぐに妊娠できるものだと安易に考えて何もケアをしないよりは、そうやって早い段階でご相談いただいた方が色々アドバイスさせていただくこともできますので、「妊娠できるかどうかのご相談」は大歓迎です。

 「妊娠できる体かどうか」を調べることはできませんが、「妊娠しにくくなる明らかな異常がないか」はある程度調べることができます。
 例えば超音波検査で子宮筋腫や子宮内膜症などの異常がないかを確認したり、クラミジアをはじめとした性感染症に感染していないかを確認したりといった検査です。特に月経不順がある場合は、ホルモンバランスに異常がないかを調べておいた方がいいでしょう。
 AMH(抗ミュラー管ホルモン)の検査は、結果が正常だからと言って安心材料にはなりませんが、結果に異常があった場合にはライフプランの立て直しに有効と言えます。

 将来安心して妊娠を目指すためには、以下のことに注意して、「卵子の妊娠適齢期」の間に妊娠を目指せるような環境を整え、きちんとライフプランニングしていくことが大事なんだと思います。
  *妊娠を希望するまではピルで確実な避妊をする
  *妊娠を希望するまではどんな時も必ずコンドームを使用する
  *年に1回子宮頸がん検診と超音波検診を受ける
  *パートナーが変わったら性感染症検査を受ける
  *ファストフードやジャンクフードを食べない
  *バランスの良い食事と適度な運動の習慣を身に着ける
  *適切な体重を保つ
  *冷え性やお血がある場合は生活改善や漢方で体質改善する
  *日々の生活の中で妊娠「できない」ことにフォーカスしない

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー