今のあなたにカウンセリングが必要なワケ

 以前各疾患別のチェックシートをご紹介しましたが、診療の中でも該当する方にこのチェックシートをつけていただいています。必要と思われる人ほどきちんと
つけてくださらなかったり、チェックをつけたものをお持ちいただけなかったりするので、かなり有効な質問になっているのだなと実感しています。きちんと
チェックしてしまうと、今の不調が改善してしまう可能性があるので、例えば内膜症がひどい方や更年期障害の強い方ほどつけようとなさらないんです。これ
は、「人は基本的に変化を嫌う」という傾向があるからです。何らかのメリットがあるから今の「病気」を自ら作り出しているわけですから、それをあっさり止
められてしまっては困るわけです。もちろん、ご本人の顕在意識はそんなことは思っていません。早く「治りたい」と思っていらっしゃいます。でも、潜在意識
が変化に抵抗するからこそ、チェックシートをつけようとしないのです。
 実際、きちんとチェックをつけてお持ちいただいた方に、そのチェック項目
の意味をご説明したり、少し踏み込んで「背景にある意図」を引っ張り出してみたりすると、次回いらした時にすっかり症状がよくなっているというケースが何
例も見受けられるようになってきました。中には、チェックシートの項目についてほんの5分程度のカウンセリングを行っただけで、次にいらした時には妊娠が
うまくいったというケースもあります。

 このチェックシートも含めて、クリニックで私やカウンセラーが行うカウンセリングは、トランス
フォーメーショナルコーチという手法を用いたものです。一般的な「傾聴」を中心とするカウンセリングとは全く異なり、背景にある「根本的な原因」を明らか
にして、ダイレクトに必要な変化を引き起こしていくカウンセリングです。なので、2~3回のカウンセリングでも、十分症状の改善につながります。
 
診療の中で、カウンセリングを受けた方が早く改善するだろうなと思われる方には積極的にカウンセリングをお勧めしています。ご本人が、自分にはカウンセリ
ングが必要だと自覚していらっしゃらないケースの方が多いので、必要性をご理解いただくのが難しいこともありますが、もっと気軽にカウンセリングを活用し
ていただけたら、みんなあっさり自分らしい輝きを取り戻していけるのになと日々感じています。

 カウンセリングは、病気の人だけが受ける
ものではありません。もちろん、更年期の症状がつらい、PMSを何とかしたい、妊娠したい、がんを治したいといった「病気を治したい」という方には非常に
有効です。検査をしても何も異常がないのに、様々な不調が続くという場合にも、カウンセリングの効果は大きいと言えます。
 でも、こういった何ら
かの病気や不調がなくても、「より良い未来を作りたい」「もっと自分の力を発揮したい」といった、よりプラスを目指したい時にも非常に有効なのです。実
際、私自身も定期的にカウンセリングを受けています。定期的に健康診断を受けたり、メンテナンスをしたりするのと同じように、自分の潜在意識や脳をより上
手に使えるようにするには、カウンセリングをうまく活用するのが一番早いのです。

 今のあなたにカウンセリングは必要ですか?必要だとは感じませんか?
 もし、必要かどうかはよく分からないけれど、まずはどういったものなのかカウンセリングを体験してみたいという方は、30分の体験セッションも承っています。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
     お問い合わせ・ご予約はこちら 045-440-5577     info@vivalita.com 

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ