更年期様症状 - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

10.04.05 更年期様症状

更年期様症状

 のぼせ・ほてり・めまい・疲れやすい・不眠・イライラ・耳鳴り・立ちくらみ・関節痛・・・・など、様々な症状が出てくるのが更年期障害の特徴ですが、最近これらの症状を見て「私って更年期なんじゃないかしら」と不安に思う20代・30代の方が増えています。本当は、雑誌などでよく見かける「プチ更年期」とか「若年性更年期」なんてものは、医学的には存在しません。
 更年期というのは、閉経前後約10年間の「時期」を指します。日本の女性の閉経年齢の平均は49.5歳ですから、大体45歳~55歳のことを言うんですね。実際に更年期に差し掛かっているかどうかは、血液検査でホルモンのバランスを調べればすぐに分ります。


 この時期に出てくる色んな症状のことを「更年期症状」と言い、それらの症状が強すぎて日常生活に支障をきたす事を「更年期障害」というんです。だから、20代で更年期って言うのはありえないんですよ。
 ごく稀に「早発閉経」と言って、まだ閉経の年齢ではないのに卵巣が働かなくなるケースがあります。この場合、20代や30代でも自然な月経が止まってしまい更年期症状と同じような症状が出ることがありますが、いわゆる「プチ更年期」と呼んでいるちょっとした体調不良の重なりとはホルモンの状態が全く異なりますので、血液検査をすれば簡単に判別できます。

 では、更年期ではない年代に見られる更年期と似た症状は何かと言いますと、ストレスや疲労からくる「卵巣機能低下」「自律神経失調症」によるものがほとんどなんです。もちろん、動悸やめまいなどの症状が、心臓の病気や耳鼻科系の病気や甲状腺ホルモンの異常によって起きて来ることもありますので、この場合は内科か耳鼻科でまずそういった病気が無いかどうかチェックしてもらう必要があります。
 卵巣機能低下というのは、名前の通り卵巣の働きが弱ってしまって、女性ホルモンが充分出せなくなっている状態の事です。排卵がうまくいかなくなることもあるので、月経不順になったりもします。卵巣から出る女性ホルモンの値が下がると、更年期と同じような症状が出るのは当然なんですね。更年期症状のそもそもの原因は、女性ホルモンの急激な低下なわけですから。
 もう一つの自律神経失調症は、やはりストレスや不規則な生活などによって、体温や心拍数などを勝手に調節してくれている「自律神経」の働きが低下してしまった状態です。


 これらの症状に対してどのように治療していくのかというと、卵巣機能低下の場合はホルモンを補うか漢方薬を使って治療する事がほとんどです。また、自律神経失調症の場合も漢方薬がよく使われます。そのほか、自律神経調整薬や軽い精神安定剤などを併用することもあります。
 症状がひどくて日常生活に支障があったり、体調不良の期間が長いようなら、一度受診して相談してみる事をおすすめします。もちろん自分でできる日常生活の工夫も色々ありますから、まずは生活習慣を見直してみてくださいね。

<< ピル服用前の方のためのFQA   |   更年期のその他の治療 >>

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー