子宮頸がんワクチン欠品のお知らせ

 子宮頸がんワクチンであるサーバリックスの供給が間に合わないため新規の接種予約をお受けできなくなっておりましたが、予想以上に需要が急増したために4~5月は薬剤の仕入れができない状況となりました。
 製薬会社からは、供給再開は5月末~6月の予定との連絡を頂いています。
 
 なぜいきなり欠品になったのか疑問に思われる方も多いと思いますが、今年1月~今までの接種数が昨年1年間の数を超えているそうです。
 これは政府が公費助成を推進したため、各自治体がいっせいに助成事業を開始したからです。
 無料でワクチンが接種でき、それが期限付きだったために、1月~3月の接種希望者が急増したものと考えられます。
 
 現時点では新たに薬剤が仕入れられないため、供給が再開されるまで新規の方も2回目以降の接種の方もワクチンを受けていただけない状態です。
 当院で2回目まで接種なさった方で、5月に3回目を接種予定の方には接種時期の延期をお願いしております。(4月に接種予定の方は予定通りの接種が可能です)
 文献的に、3回目の接種時期が本来の時期より半年遅れてもワクチンの予防効果には影響がありませんので、薬剤の供給が再開される時期までお待ちいただいても効果に問題はありませんのでご安心下さい。
 
 薬剤の供給が再開される事になりましたら、HP上でご案内させていただきますので、今しばらくお待ち下さいませ。
 また、公費助成対象のご年齢の方は、今年の9月までに接種を開始すれば3回とも助成を受けることができますので、供給の再開を待っていただいても大丈夫です。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ