治療目的でのミレーナ活用法

 子宮内避妊具であるミレーナは、ピルと同等かそれ以上の非常に高い避妊効果を得られるというのが一番の特徴ですが、それ以外にもうひとつ月経が軽くなるという「副効用」があります。
 ピルも、服用していると月経量が減って痛みも軽くなることが多いので、月経痛の治療目的でよく使われますが、ミレーナも同じように治療のために使うこともできるんですね。
 例えば、子宮腺筋症で毎月月経量がとても多い場合に、ミレーナを挿入する事で月経を軽くしたりほとんど来なくさせる事ができます。
 タバコや年齢の制限でピルが飲めない方や、ピルだと副作用がでてしまうという方で、自然分娩をされた事のある方はミレーナによる治療を検討してみてもいいかもしれません。
 
 ピルと同様に保険が使えないため自費での治療になりますが、一度挿入すれば5年間有効なので、長い目で見ると治療費はピルよりも負担が少なくて済みます。
 毎日服用するわずらわしさもなく、出血のコントロールがうまくいけば非常に快適になるため、挿入した方は皆さん「楽になった」とおっしゃいます。
 ただ、子宮筋腫などで子宮内腔の変形が強い場合などは、ミレーナの挿入そのものが難しい場合もありますので、事前に超音波で確認する必要があります。
 治療目的でミレーナを希望される場合も、避妊目的の場合と同様の手順になりますので、詳しくはお電話でご確認下さいませ。
 

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ