放射性物質の吸着剤・ゼオライトでデトックス

 福島の原発事故がなかなか収束せず、食品や飲料水の心配までしなくてはいけなくなっては、不安は膨らむばかりですが・・・
 私自身も、小さな赤ちゃんを抱える一人の母親として色々情報を集めています。風評被害を作り出すことは避けるべきですが、一方で自分の身は自分で守る、特に小さな子どもは親が守る事が必要だと感じています。
 事故からしばらくは、東京や横浜の大気中の放射能濃度も高くなっていたため、換気をとめたり洗濯物を外に干す事を控えていました。
 降水などの影響もあり、徐々に大気中の放射能濃度は自然界レベルに下がってきたので、今度はしっかり換気するとともに、できるだけこまめに床や棚を拭き掃除するようにしています。
 時間とともに放射性物質は、大気中から地面に降り積もってくるため、花粉やほこりを取るのと同じように考えると対処方法が分かりやすくなるとのことです。
 水道水をそのまま飲むことはせず、料理や飲み水は活性炭入りの浄水器を通すようにしたり、産地の分からない魚介類は最低限の摂取にとどめたりしていますが、食品からの影響を完全にシャットアウトするのは難しいのではないかと思います。
 なので、放射性物質をデトックスできるものはないのかと探していたところ、吸着剤であるゼオライトを経口摂取できるようにした商品を紹介していただきました。
 自分がどのくらい放射性物質を取り込んでいるのか測定できないため、一般のサプリメントやお化粧品と違って、私自身が使ってみて「効果を実感」してから皆様にご紹介することができませんが、ご興味のある方は参考になさってみて下さい。
 ちなみに、妊婦さんも小さなお子様も飲むことができるそうです。
  http://www.shinsuke68.com/

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー