子宮筋腫の薬物治療 - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

10.04.04 子宮筋腫の薬物治療

子宮筋腫の薬物治療

 子宮筋腫の薬物療法には、ピルで出血量を減らす方法と、「偽閉経療法」という月経を止める方法があります。

 ピルは、タバコを吸わない健康な女性であれば副作用もほとんどなく長期間飲み続けることができるので、出血量のコントロールだけならとても有効なことも多いんですよ。ただ、人によってはピルを飲んでもあまり出血量が減らなかったり、ダラダラと不正出血が続いてしまうこともあるので、ピルを試したけれど結局手術が必要になるというケースもあります。

偽閉経療法は、その名の通り薬で女性ホルモンの働きを抑えて「閉経」の状態を作る方法です。月経が来なくなるので出血量で困ることもなくなりますし、閉経後に筋腫が縮むのと同じように、多少筋腫が小さくなります。

ただし、まだ閉経ではない時期にいきなり女性ホルモンが出なくなってしまうので、のぼせやほてりなどの更年期症状が出たり、骨がもろくなってしまったりといった副作用があります。長期間使うと骨粗鬆症になってしまうので、偽閉経療法の薬を半年以上は続けて使ってはいけないことになっています。

なので、通常は閉経まであと1~2年という人が、閉経まで何とか手術をせずに持ち越せるようにするために使うか、手術前に少しでも筋腫を小さくしておいて手術をしやすくする目的で使うことが多いですね。

長期間続けて使うことはできないので、20代や30代で偽閉経療法を行うのは、よほど貧血がひどくてとりあえず月経を止める必要がある場合か、手術を前提とした場合に限られますす。


また、過多月経の新しい治療法として、ホルモン付加子宮内避妊具「ミレーナ」を入れるという方法も選択できるようになりました。筋腫による不快な症状が、過多月経や月経痛ならミレーナで月経を軽くするという方法も選択肢の一つとなります。

 ただし、ミレーナは経膣分娩をしたことがある方でなければ入れにくい可能性があるのと、筋腫による子宮内の変形が大きい場合は入れられない又は入れてもすぐに出てきてしまう可能性があります。

 ミレーナが入れられる状態かどうかは医師の判断によります。ミレーナでうまく月経がコントロールできれば、コスト的にも一番負担が少ない方法になりますので、経膣分娩経験のある、今後妊娠を希望されない方は検討してみてもよいと思われます。

<< 子宮筋腫の手術療法   |   子宮筋腫の治療が必要なケース >>

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー