妊娠に関する知識が世界最低ランク?!

 毎日新聞のニュースに、こんな記事が載っていました。
 残念ながら、日本はまだまだ「安心して生み育てられる国」には程遠い印象です。
 子ども手当てがどうこうと、目先の事だけ議論していても本当は何の解決にもならないのですけれどね。
  
 http://mainichi.jp/life/edu/news/20110215k0000m040096000c.html
 確かに日本では、避妊や性感染症予防に関する教育も、妊娠に関する教育もほとんどなされていないのが現状です。
 NPOの活動の一環として大学生向けに性教育講座を行った時も、「今の段階でこういった話が聞けてよかった」「避妊について甘く考えていた」「将来の妊娠の時期をきちんと考えようと思った」といった感想をたくさんいただきました。
 確実な避妊をしている人の割合も世界最低ランクなので、当然中絶率も高くなってしまいます。
 望まない妊娠を減らす事は、中絶や虐待の問題を減らすことに直結するだけでなく、将来の不妊要因を作らないという意味でもとても重要だと感じています。
 年間30万件近い中絶が行われる一方で、30代の4人に1人が不妊治療が必要になってきているという現状をどう受け止めるべきなのでしょうか。
 クリニックやNPOとしてできる事は限られていますが、これからも草の根活動を続けていこうと思います。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ