子宮筋腫の診断方法

筋腫の診断は、主に超音波検査で行います。腟から超音波の機械を入れて子宮や卵巣を直接写し出していくので、1cm未満の小さな筋腫まで発見することができるんですよ。

粘膜下筋腫といって筋腫が子宮のお部屋の中に飛び出しているように見える場合、正確な位置や飛び出し具合を確認するために「子宮鏡検査」を行うこともあります。子宮鏡は、細いカメラを子宮の出入り口から挿入して、子宮のお部屋の中を観察することのできる検査です。粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープが疑われる時に、外来で行います。

 

また、筋腫が大きい場合やたくさんある場合、サイズや位置関係をより正確に把握するためにMRIの検査を追加することもあります。MRIの検査は、主に手術をすることを前提に詳しい情報を得る目的で行うことの方が多いですね。

 

これらの検査結果や症状の有無などを合わせて、治療法を相談していきます。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ