子宮内膜症の症状

 子宮内膜症の主な症状は、月経痛がひどいまたは年々ひどくなる・月経量が多い排便時や性交時に引きつるような痛みがあるなどです。

 稀なケースではありますが、腸に内膜症があると月経のたびに血便が出たり、肺に内膜症があると月経のたびに肺に穴が開いて胸が苦しくなったりする人もいますね。

 

 内膜症が見つかるきっかけとして多い症状は、やはり「月経痛」。毎月寝込むほどの痛みがある、痛み止めが効かないあるいは効きにくくなってきた、などの症状がある人は早めに婦人科で調べてもらうことをお勧めします。例え明らかな内膜症の所見がなくても、内膜症のごく初期である可能性もありますから、痛みに対してピル黄体ホルモンによる治療を開始しておいた方がいいでしょう。

 逆に、月経痛が全くない人は内膜症にはならないかというとそういうわけでもありません。月経痛はほとんどないけれど、検診を受けたらチョコレートのう腫が見つかったというケースもありますからね。

 

 内膜症は、月経がある間は基本的に進行していく病気なので、できるだけ初期の段階で発見してそれ以上進行しないように治療を始める事が重要になってきます。

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ