妊娠前に必要なメンテナンス - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

10.06.09 妊娠前に必要なメンテナンス

妊娠前に必要なメンテナンス

 将来の妊娠のために、今しておくべきこと、実はいろいろあります。今のうちにしておいた方がいいメンテナンスと、そろそろ妊娠を考えたいと思ったときにしておくべきことを挙げてみました。

1)本当に妊娠を望むまできちんと避妊をする
 当たり前の事ですが、自分で「妊娠したい」と思うまではピルか子宮内避妊具でしっかり避妊しましょう。避妊は女性が自分の手で確実に行うべきものです。最近の中絶手術は、ちゃんとした病院で受けさえすれば非常に安全に受けられるようにはなってきていますが、リスクを負わないにこした事はありません。

2)妊娠を目指すまではコンドームを必ず使う
 コンドームは確実な避妊にはなりませんが、性感染症予防のためには不可欠です。コンドームを外していいのは妊娠を目指す時だけと考えておきましょう。逆に、いざ妊娠を目指すようになったら、コンドームを外す前に「妊娠前検診」の1つとして、ご夫婦で性感染症を一通り調べておく事をお勧めします。

3)毎年婦人科検診を受ける
 20歳を過ぎたら子宮頚がん検診は必須です。それに加えて、1年に1回は超音波の検査を受けて、内膜症や子宮筋腫や卵巣腫瘍がないかどうかチェックしておくといいでしょう。普通の癌検診だけではこれらの病気は発見しにくいんです。超音波検査は非常に多くの情報を得られるので、少々お金がかかってもぜひ毎年受けてくださいね。何もなければ毎年安心できますし、万が一何か病気が見つかっても、早期に対処したり予防的治療を早く開始する事によって、将来の不妊のリスクを下げる事ができます。

4)生活習慣病対策をしておく
 妊娠前からコレステロールが高かったり糖尿病予備軍だったりすると、妊娠をきっかけにそれらが悪化して母子ともに危険な状態になることもあります。また、糖尿病に気付かずにコントロールが悪い状態で妊娠すると、約2割と言う高い確率で奇形が発生するとのデータもあります。特に、血縁の方に糖尿病・高脂血症・高血圧、の方がいる場合は、毎年一般の健康診断を受けて、日々の食事や生活習慣にも気をつけておきましょう。

5)適正体重を維持する
 生活習慣病予防にも通じますが、体重は少なすぎても多すぎてもよくありません。適正体重を維持する事で、ホルモンバランスが悪くなるのも防ぐ事ができますし、妊娠してからの体重管理もしやすくなります。いざ妊娠したいと思ったときに焦らなくてすむように、自分でうまくコントロールできなければお早めに専門家に相談してみてくださいね。

6)風疹抗体価を確認しておく
 妊娠中に風疹に罹ると、「先天性風疹症候群」といって胎児に重篤な奇形が出てしまうことがあります。風疹に罹った事のある方や予防接種をしたことのある方は、妊娠中に風疹にかかる心配がありません。自分が風疹に罹った事があるかどうかはっきりしない方は、一度抗体価を測っておくことをお勧めします。もし抗体がなければ、妊娠を目指す前に予防接種を受けておけば安心ですよ。

7)レントゲン検査と薬の服用は注意しておく
 すでに妊娠を目指している方の場合ですが、後からいらない不安を抱えなくてすむように、妊娠を目指している間はやたらとレントゲン検査を受けたりを飲んだりしないようにしておきましょう。と言っても注意が必要な時期は決まっていますから、そこを外せばいいわけです。レントゲン検査の場合、受けるなら月経周期の10日までが原則です。月経が始まって10日までなら、まだ排卵前ですから、その後妊娠しても放射線の影響は全く心配ありません。ちなみに、例え妊娠に気付かずに、歯や胸のレントゲンをとっても胎児には影響ないといわれています。お薬は、次の月経の予定日を過ぎても月経がこなかったら、そこから飲むのをやめれば問題ありません。次の月経予定日より前、つまり妊娠3週までのお薬は、胎児に影響があれば妊娠は成立しないので心配ありません。

<< 不妊症とは   |   妊娠したいと思ったらすべきこと >>

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー