横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

新着情報

17.11.18 自費相談とカウンセリング

 当院では、トランスフォーメーショナルコーチという特殊なカウンセリング技術を活用することで、「お話による診療効果」も重視した診療を行っております。自費相談とカウンセリングの違いが分かりにくいというご指摘もあるため、料金も含めて改めてご説明しますね。

 「カウンセリング」は、トランスフォーメーショナルコーチを用いた心理カウンセラーによるカウンセリングです。病気のご相談だけでなく、病気ほどではないけれど体調不良が続く・妊活がうまくいかない・夫婦関係がしっくりこない・子育てに行き詰っているなど、取り扱うテーマは多岐にわたります。「よりよい未来」に近づくために何が必要なのかを分析して、変化を起こしていくためのカウンセリングです。カウンセリングのみを受けていただくことも可能ですし、医師が診療内でカウンセリングを受けた方がよいと判断した場合に、カウンセリングと併用することをお勧めする場合もあります。

 「自費相談」は、医師による「お話し外来」です。主に、検査を行わず長いお話しだけを行った場合に適応になります。医師の「お話し」には保険点数が定められていない(保険が使えない)ために、自費でご相談料をいただいております。保険診療を行うために、行う医療行為(検査や投薬)に対して厚生労働省が「保険点数」を定めています。ところが、医師の「お話し」にはこの保険点数がついていないため、ご相談やカウンセリングに保険が適応できないのです。「自費相談」の対象は、主に次のようなケースです。

 *他の病院で検査や診断は受けているが勧められた治療でよいのか相談したい(セカンドオピニオン)

 *他の病院の医師の説明がよくわからなかったので病気や治療についてもう一度説明が聞きたい(セカンドオピニオン)

 *不妊症なのかどうか心配なので検査や治療が必要なのか持含めてまず「相談」したい

 *更年期の治療を行っているが症状がよくならないので「相談」したい(更年期相談)

 *PMSの症状について生活改善の方法など「相談」したい(PMS外来)

 *医師からカウンセリングを勧められたがカウンセリングは受けずに外来時にお話しをしたい


 保険の外来診療で、再診時に確保できるお時間はおひとり5~6分になります。これ以上のお時間でゆっくりお話しをなさりたい場合は、自費相談かカウンセリングのご利用をご検討くださいませ。

 <心理カウンセラーによるカウンセリング>

   30分(体験) 5000円

   120分    20000円

 <医師による自費相談>

   セカンドオピニオン等 15分 5000円

   カウンセリング推奨後の外来でのご相談 15~20分 3000円 ・ 20分以上5000円


ページの上部へ

 

17.11.01 ピルの遠隔処方が可能になりました

 
  クリニックでは、自費のピルに限ってですが、遠隔処方が可能になりました。遠隔診療を導入した一番の目的は、「忙しくて受診できなかったのでピルの服用が途切れてしまいました」ということを防ぐことです。
 実は、こうやって「たまたま飲んでいない」時期が発生したために、望まない妊娠を経験してしまうという症例に遭遇しました。本人にピル継続の意思もあり、何の問題もなくピルを服用していたのに、ただ「受診する時間がなかった」というだけでピルの服用が途切れてしまうのはとてももったいないことだと感じたんですね。どうにかして、そのような欠薬を防ぐことはできないかと思い、今回遠隔診療のシステムを導入しました。

 当院ですでにピルの処方を受けていらっしゃる方は、下記の条件に照らし合わせて医師から遠隔受診のご案内をさせていただいています。
 他の病院でピルを処方されているけれど、当院の遠隔処方に移行したいという方は、1回は当院に受診していただく必要があります。経過や服用状況に問題がなければ、2回目以降は遠隔処方が可能です。
 
 遠隔処方についての詳細は下記をご参照ください。

*対象者

 自費のピルを当院で処方している人(服用目的は問わない)

 45歳以下

 BMI28未満

 1年以内に採血や健診を受けているか遠隔診療時に結果を添付できる

 

*遠隔処方ができない方(以下の方は必ず受診が必要です)

 喫煙者(本数問わず)

 片頭痛がある人

 46歳以上 

 BMI28以上

 1年以上採血機会がない人(1回は受診が必要になります)

 自費ピル以外の薬も一緒に処方が必要な人

 

*料金

 再診料500円+ピル1シート2600(学生の方は1900)

 遠隔診療システムの利用料(処方数が3シートまでなら864円)

 

*受診の流れ

 お渡ししたパンフレットに沿ってスマホを操作してください。

 1)curon」という遠隔診療アプリをダウンロードします

 2)アプリを立ち上げてQRコードで当院を医療機関として登録します

 3)ピルがなくなる14日前までに次回の処方を希望して遠隔受診します

 4)アプリで表示される問診内容に答えます

 5)配送先と決済方法の確認に返答します

 6)クレジットカードの情報を登録して決済を行います

 7)数日後にピルが宅急便で届きますのでお受け取り下さい

 遠隔処方についてのお問い合わせは、クリニックへお願いします。
  予約専用電話045-440-5577

ページの上部へ

 

17.05.03 健康でしかいられなくなる7つのステップ

 メルマガ「クリニック通信」でも配信しています「健康でしかいられなくなる7つのステップ」を、ファイルでダウンロードしていただけるようにしました。
 メルマガに登録していない方も是非ご活用くださいませ。

  PDFファイル「健康でしかいられなくなる7つのステップ」

ページの上部へ

 

17.04.26 ヤーズフレックス入荷しています

  以前ご紹介しました、連続服用が可能な「ヤーズフレックス」が入荷しましたのでお知らせします。現在普通のヤーズを服用している人で、ヤーズフレックスに移行したい場合は、次の処方分から変更することが可能です。飲み方は、偽薬がなく120日間まで連続服用できるという点以外はヤーズと同じですので、簡単に移行できます。
 
 ヤーズを服用していても月経痛が気になる場合や、お仕事などの都合に合わせて年3~4回の月経にコントロールしておきたい人にはお勧めです。
 私は、もともとヤーズの偽薬を飛ばして2~3シート連続で服用していたので、ヤーズフレックスに変えても服用方法は何ら変わらないのですが、実薬1錠当たりのお値段はヤーズフレックスの方が安くなります。

 ヤーズからヤーズフレックスに変更したい方は、次回の処方時に担当医におっしゃってくださいね。

ページの上部へ

 

17.01.04 明けましておめでというございます

 昨年中はクリニックをご利用いただきありがとうございました。

本年も、皆様の「本来の輝きを取り戻す」お手伝いをさせていただければ幸いです。

年明けの診療は1月5日から開始いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ページの上部へ

 

16.11.25 片頭痛の方向けチェックシート

 最近診療の中で活用することが増えてきたチェックシートですが、中にはこれでセルフチェックをするだけで隠れていた「病気を引き起こす背景」に気付かれて、次の診察の時には「何だかよく分からないけど調子よくなりました」とか「妊娠しました」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 女性に多い片頭痛ですが、その「根っこにある背景」について最新情報をいただいたので、早速その内容を含めたチェックシートにしてみました。


 <片頭痛の方向けチェックシート>

 片頭痛の方は「リラックスしている時」ほど血管が拡張して頭痛が起きやすくなるため、「休みたいのに休めない」状況を自ら作り出してしまうケースが多く見受けられます。

 以下の項目で当てはまるものがないか、セルフチェックしてみてください。

   □「休んではいけない」と思っていた

   □「楽をしてはいけない」と思っていた

   □「幸せになってはいけない」「自分には幸せになる権利がない」と思っていた

   □人がさぼっていると何となくイライラしていた

   □手を抜いたり楽をしている人を見ると責めていた

   □何もせずにボーっとすることに罪悪感を感じていた

   □「幸せになりたい」「幸せにならなければいけない」と思っていた

   □「こうあるべき」という基準に自分を従わせようとしていた

   □「こうあるべき」という基準に他人を従わせようとしていた

   □意味のない正義感を振りかざすことがよくあった

   □母親があくせく働くタイプっだった

   □母親の人生を「幸せに満ちた人生」だと思っていなかった

ページの上部へ

 

16.10.06 ノルレボによる緊急避妊のみ可能になります

 これまで、主に学生さんの金銭的負担に配慮して、プラノバールによる緊急避妊もご選択いただけるようにしておりましたが、中用量ピルを4錠服用することによる血栓症リスクを考慮して、当院でご提供できる緊急避妊は「ノルレボ」による方法のみとさせていただくことになりました。

 プラノバールによる緊急避妊は、2016年10月8日をもって終了させていただきます。10月13日以降に緊急避妊をご希望の方は、ノルレボによる緊急避妊のみとなりますのでご了承くださいませ。

 ノルレボによる緊急避妊の料金は16500円です。緊急避妊をご希望の方は事前のご予約は不要ですので、診療受付時間内に直接おいでください。

ページの上部へ

 

16.06.06 ワークショップを開催します

 『心と身体のつながりを知ると、どうして身体の症状が軽くなるの?
 プロカウンセラーたちが教える
 よりあなたらしく、より美しく生きるための心と身体の関係のヒミツとは?』
 
 
『ビバリータ』に来院される方の多くが、生理不順、不妊、更年期の不定愁訴を
訴えていらっしゃいます。
 
年齢によって女性の悩みは様々ですが、実は、根本原因となっているのはその人の
『心』に起因していることをあなたは知っていましたか?
現在の医療は、身体の症状を抑える対症療法が主流ですが、偏った考え方にとらわれず、
多面的で、*ホリスティックな視点から、対症療法以外のアプローチを取り入れている
病院も増えて来ています。(*ホリスティックとは、"全体性"を意味します。)
 
その一つとして、『ビバリータ』では、メンタルからのアプローチとして
『カウンセリング』も採用しています。
通常の診療に加え、カウンセリングによって心の大部分を占めている潜在意識を
紐解いていくことで、身体で表現してしまっている症状の原因を洗い出し、
その原因を処置し癒すことによって、その症状を緩和、解消することを行っております。

日本ではまだカウンセリングというものが一般的ではなく、
人によっては誤解したイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。
ですので、できるだけ多くの方に、カウンセリングを正しく理解して、
もっと気軽に有効利用していただきたいと思い、今回のワークショップを開催する
運びとなりました。
当クリニックでは、『梯谷メソッド』と呼ばれる最先端の心理技術を習得した3名の
カウンセラーを採用しております。
今回はこの3名によって、カウンセリングとはどのようなものか?どのように
あなたの症状に有効活用できるのか?などということをお話しさせていただき、
ワークによって実際に体感していただきたいと思っております。
  
 
【こんな方にオススメです。】
 
・何となく体調がすぐれない方
・症状を根本から緩和させたい方
・あまりお薬に頼りたくない方
・妊娠出産をご希望されている方
・生理不順の方
・心と身体のつながりを詳しく知りたい方
・より自分らしくより美しく生きることに興味のある方
 
 
【ワークショップに参加すると・・・】
 
・心身の症状を手放しやすくなります
・根本原因がわかるので、気分の落ち込みがなくなり楽になります
・妊娠しやすい心と身体づくりが出来ます
・お薬に頼ることが少なくなります
・自分自身に優しくなれます
・自分らしさや美しさを取り戻すことが出来ます
 
 
【カウンセラー紹介】
 
☆猪爪 房代(いのづめ ふさよ):火曜日担当
 
◎資格
トランスフォーメーショナルコーチ
メンタルケアカウンセラー
看護師
 
◎プロフィール
看護師として患者様と接する中で回復の経過の違いに疑問を持ち、心理学を学ぶ。
「こころ」に焦点を当て、こころと身体を健康に導くためのアプローチを得意とする。
看護師的な視点(変化の早期発見・予測・観察)を活かしつつ、安心とホッとした空間を
提供することを目指している。
「話を聞いてくれる看護師」として女性特有の疾患や、更年期障害など、
さまざまな疾患に対応している。
 
------------------ 
 
 
☆後藤 あづさ(ごとう あづさ):木曜日担当
 
◎資格
一般社団法人 国際マタニティカウンセリング協会認定コーチ
トランスフォーメーショナル・コーチ
SI-Vインタビュアー
 
◎プロフィール
2005年よりコーチングを始める。コーチ科学的手法に基づいて潜在意識を調整する
『梯谷メソッド』を使い、言葉と心理技術のみで、未妊、アトピー、PMS、
婦人科系疾患、更年期障害、うつ、ガンなどに終止符を打たせるなど、
その人本来の状態を最大限に引き出すカウンセリングを行う。
また、夫婦関係、セックスレス、モラハラ、親子関係など、コミュニケーションに
関する問題も得意とする。
 
------------------ 
  
 
☆加藤 昇(かとう のり):金曜日担当
 
◎資格
日本応用カウンセリング審議会認定心理カウンセラー
日本医療催眠学会会員
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
トランスフォーメーショナルコーチ
IKC TFHレベル1・2・3
 
◎プロフィール
女性が自分らしさを取り戻すためのカウンセリングを得意とする。
専門分野は、仕事と家庭を両立させる女性の生き方と家族関係・ADHDなどの発達障害の
家族問題・モラルハラスメントの結婚生活と離婚など。
カウンセリング(傾聴、認知行動療法、プロセス指向心理学)、ヒプノセラピー、
コーチングを必要に応じて組み合わせて行う。
 
 
 
【ワークショップ 詳細】
 
主催:女性総合クリニック『ビバリータ』
 
開催日時:※両日とも同じ内容になります。
6月25日(土)18:30&#12316;20:30
6月27日(月)18:30&#12316;20:30
 
定員:両日ともに12名
 
開催場所:女性総合クリニック『ビバリータ』
      横浜市神奈川区大野町1-25 ヨコハマポートサイドプレイス3F
 
参加費:3,000円(当日、現金にてお支払い下さい。)

お申込み方法:メールかお電話でお申し込みください
            info@vivalita.com 045-440-5577


ページの上部へ

 

16.05.20 看護師さんを募集中です!

現在ご勤務いただいている看護師さんのご退職予定に合わせて、新しくご勤務いただける看護師さんを募集しております。

7月または8月からご勤務開始が可能な看護師さんで、女性医療にご興味がある方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいませ。


2010年9月に開業してもうすぐ丸6年になります。

開業当初から描いている「女性をトータルにサポートする」という私の「想い」に共感してくださる方と一緒にお仕事をしていきたいな~と考えています。

婦人科のご勤務経験はなくても大丈夫です。

同じ女性という立場から、ご自身の持っているスキルを活かしてどのように患者様をサポートできるかを考えてくださる方にいらしていただきたいと思います。

あなたも一緒に患者様を「ビバリータ」にしてみませんか?


ページの上部へ

 

16.05.20 カウンセラーによるPMS外来は終了しました

 PMSに特化したカウンセリングは、担当カウンセラーの退職に伴いまして終了させていただきます。

 今後PMS外来は医師の診療時間内に承ります。

 PMS外来をご希望の方は、担当医:清水の診療予約をお取りください。

 PMS外来は、投薬料などに加えて医師による自費カウンセリング料金5400円が別途かかりますのでご了承くださいませ。

ページの上部へ

 

16.05.07 カウンセリング料金改定のお知らせ

 3月から3名のトランスフォーメーショナルコーチの方にカウンセリングを担当していただいております。

 カウンセリングの所要時間と料金が、担当カウンセラーによって異なっておりましたが、システムがわかりにくいというご意見もあり統一させていただくことになりました。

   体験セッション(30分) 5000円

   カウンセリングセッション(120分) 20000円

 トランスフォーメーショナルコーチの特徴は「結果が出るのが早い」という点です。1回のセッションでご妊娠なさった方もいらっしゃいます。

 精神的なお悩みだけでなく、妊娠希望の方や夫婦関係や職場の人間関係を変化させたいという方にもお勧めです。

 当院に通院中の方でなくても、セッションだけを承ることも可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

  お問い合わせ・ご予約はこちら 045-440-5577

ページの上部へ

 

16.03.31 看護師さんを募集します!

クリニックでは一緒にお仕事をしていただける看護師さんを募集しております。

常勤・非常勤のご要望はご相談ください。

土曜日を含めて週3~4回ご勤務いただける、看護師経験5年以上の方を希望です。

婦人科経験の有無は問ません。

女性医療に興味がある方、女性のサポートをしてみたいと考えている方、私たちと一緒に患者様の輝きを取り戻すお手伝いをしていただけませんか?

勤務条件の詳細は、お電話またはメールでお問い合わせくださいませ。

 お問い合わせ先 info@vivalita.com

ページの上部へ

 

16.03.02 カウンセリングシステム変更のお知らせ

 これまでカウンセリングは、心理カウンセラーである伊藤弘野が担当させていただいておりましたが、3月からは3名の外部カウンセラーに入っていただき、より幅広いご相談に対応させていただけるようになりました。3名のカウンセラーのプロフィールはこちらをご参照ください。

 外部カウンセラーの3名は、いずれも「トランスフォーメーショナルコーチ」の資格をお持ちです。トランスフォーメーショナルコーチは、私も学んだカウンセリングテクニックですが、ただお話を伺うだけではなくセッションによって確実に「変化を起こしていく」カウンセリング技法になります。
 なので、ただ話を聞いて欲しい・共感して欲しい、という方にはあまり向かないかもしれません。セッションを受けると、すぐに変化が現れますので、今の状況から「変わりたくない」と思っている方にはお勧めしません。
 今ある状況を「変化させていきたい」、より良い自分になりたい、本来の自分を取り戻したい、といったことを強く希望されている方にお勧めです。もちろん、何らかの体調不良でお悩みの方にも、その不調を引き起こしている背景にあるものを探して、根本から解決していくお手伝いをさせていただきます。

 3名のカウンセラーにそれぞれ得意分野がございますので、プロフィールをご参照の上、ご自身の「欲しい変化」にあったカウンセラーをお選びいただければと思います。セッション時間や料金も異なっておりますので、こちらの一覧をご参照くださいませ。

ページの上部へ

 

16.02.25 「病気」という表現をやめるワークショップを開催します

 先日予告しましたが、「病気」という表現をやめるためのワークショップを開催します。
 今回自分がインフルエンザになってみて、改めて「人は自ら病気を作り出しているのだな」と実感しました。
 自分で始めたことは、自分で終わらせることができます。もしお子様の病気を「やめさせたい」と思っている方がいらっしゃいましたら、お子様が自然に病気をやめていくように導くことも可能なのです。
 

「病気」という表現をやめる3つのステップ
~あなたが「病気」という表現を選んだワケを明らかにし違う表現を選ぶためのワークショップ~

 「病気」もしくは「心身の不調」はなぜ起きるのでしょうか?
 毎日50人近い患者様と接していると、「病気」になる方にはある共通した点があることに気付きます。
 それは「本来の自分の姿からずれている」「真の意味で『自分の人生』を生きていない」という点です。
 簡単に言うと、自分の人生のハンドル操作を「自分以外の人またはモノ」に譲ってしまって日々を過ごしているのです。
 「病気」は、そのことに気付いてくださいよという体や心からのメッセージです。
 もちろん、症状が出ている臓器や病気の種類によって、メッセージの詳細は異なってきます。
 でも、大きなくくりとしての「心身の不調」という形で現れた場合のメッセージは共通しているのです。
 そのメッセージをうまく受け取れる人はすぐに調子がよくなりますし、いつまでもメッセージを無視し続けていると不調が続いたり、どんどん不調の「種類」が重くなっていったりします。

 今回のワークショップでは、あなたが「病気」という表現を選んでまで受け取りたかったメッセージは何なのかを明らかにしていきます。
 また「病気」をやめられる人とやめられない人の違いは何なのか、「病気」をやめられる人に共通している3つのポイントをご説明し、それらのポイントをクリアするためのエクササイズを行っていきます。

 あなたご自身又はお子様や親などご家族の何らかの心身の不調でお困りでしたら、きっとこのワークショップがお役に立てるでしょう。不調の種類や重度は問ません。
 どのような「病気」なのかを扱うのではなく、その「病気という表現を選んでいる」という状態に対して、様々なワークを組み合わせてアプローチしていきます。

  *今の不調を根本から改善していきたい
  *ずっと薬を飲むことに抵抗がある
  *長年付き合っている「持病」を何とかしたい
  *「体質だから」とあきらめかけていた
  *医者からは「治らない」と言われてどうしたらいいのか分からない

 そんな方々に受けていただきたいワークショップです。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  日時:3月12日(土)19時~20時半
  講師:清水なほみ(産婦人科医)
  主催:医療法人ビバリータ
  会場:ポートサイド女性総合クリニック待合室
  対象:ご自身の病気をやめたい方/ご家族の病気をやめさせたい方
  定員:10名(先着順)
  参加費:3,000円(当日現金でお支払いください)
  お申込み・お問い合わせ先:info@vivalita.com

ページの上部へ

 

16.01.19 子育て応援ワークショップを開催します

 昨年からのマイテーマである「母親よ!胸をハレ!」。
 子育て中のお母さんを応援したくて企画した、子育て応援ワークショップを開催します。


 ~そうか!ただ「自分を幸せに」してあげればいいのか!~
  「親の幸せで子どもの心身の健康を取り戻すワークショップ」


 子育てが楽しめない
 子どもを愛してあげられている自信がない
 子どもの病気で悩んでいる・・・
 
 そんなあなたが「幸せな親」になるだけですべてがうまくいき始めるのです
 さあ、胸を張って幸せになってみましょう!

 私自身、2人の娘の子育ててとても悩んでいた時期がありました。
 日曜日に丸一日子どもたちと過ごしているとグッタリと疲れてしまい、まるで自分が「奴隷のようだ」と感じていたりしたのです。
 毎日の食事も、イライラしながら味も分からず食べ物をただ口に押し込んで丸呑みする状態・・・
 そんな毎日を「自分の力ではどうしようもない」と思って、うんざりしていました。
 そして何より辛かったのは、かわいいはずの子どもたちと一緒にいるのにそんな風に感じてしまうなんて、自分は子どもたちを愛せないのではないか、無条件に子どもを受け入れられないなんて「母親失格だ」と思い込んでいたことです。
 子どもを愛していないと勘違いしていた私が、自分の中にある愛情に気付けたのはあるワークを行ってからでした。
 
 今回のワークショップでは、私が目からウロコ体験をしたそのワークも行っていきます。
 まずは自分の中にある「愛」に気付いて、今の状況を見つめ直してみましょう。
 また、今の子どもの姿が、あなたのどのような意識の「鏡」となっているのか、そのカギとなる自分の中にある「隠れた意図」を探し出していきます。
 あなた自身が「幸せ」を感じられるようになることで、子どもとの関係や状況をよりよいものにしていきませんか?

  日時:2月17日(水) 11:00~12:30

  講師:清水なほみ(産婦人科医)
  主催:医療法人ビバリータ
  会場:ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ待合室
  対象:子育てに関して何らかの悩みがある方
  定員:10名(先着順)
  参加費:3000円(当日現金でお支払いください)
  お申込み・お問い合わせ先:info@vivalita.com

ページの上部へ

 

15.12.22 「赤ちゃんを迎えに行くワークショップ」を開催します

  3か月間かけて学んできた「シークレット・スライト・オブ・ランゲージ」の講座を、昨日無事卒業しました。
 この手法は、普通のカウンセリングとは異なり、クライアントさんに「変化を起こす」方法です。ビジネスでも日常的な人間関係でも、自己実現でも、体調不良の改善でも、テーマを問わず活用できる魔法のツールなのです。


 早速この手法を応用して、赤ちゃんがほしいと思っている方向けのワークショップを開催することにしました。
 このワークショップに参加すると、一般的には下記のような結果や効果が得られます。
   
   妊娠する方法について具体的に知ることができて今後の選択がしやすくなる
   妊娠する目的が本来の方向とずれていないかをチェックし正しい方向に修正できる
   出産後の姿を明確にすることで目標に到達しやすくなる
   妊娠・出産に対するネガティブなイメージを受け入れやすいイメージに一瞬で書き換えられる
   妊娠までの過程に感じているデメリットを明確にして妊娠を妨げている要因をなくす
   妊娠すると起こりうる困ったことを明確にして妊娠を妨げている要因をなくす
   出産すると起こりうる困ったことを明確にして妊娠を妨げている要因をなくす
   妊娠しないことによるメリットを明確にして妊娠を妨げている要因をなくす
   出産しないことによるメリットを明確にして妊娠を妨げている要因をなくす
   パートナーシップの背景にある問題を明確にして夫婦間のコミュニケーションがとりやすくなる
   夫に自分の気持ちを上手に伝えられるようになり夫の協力が得やすくなる
   「自分は妊娠しにくい」という根拠のない信じ込みをなくしスムーズに妊娠することができる
   なぜ今までは妊娠しなかったのかが明らかになり今後はスムーズに妊娠することができる
   周囲からのプレッシャーや意見が気にならなくなり自分らしさを保つことができる

 これから妊娠を考えている方から、すでに長期間通院している方まで、幅広く有効な内容です。
 パートナーの方とのご参加や、男性のみのご参加も大歓迎です。
 詳細は下記をご参照下さい。
 
 ~そうか!こうすれば簡単に赤ちゃんを迎えにいける!!~
  赤ちゃんを迎えに行くワークショップ


  講師:清水なほみ
  日時:1月31日(日) 14:00~15:30
  場所:ポートサイド女性総合クリニック(http://www.vivalita.com)
  参加費:3000円(当日お支払いください)
  お問い合わせ・お申し込み:info@vivalita.com

ページの上部へ

 

15.12.13 ルナベルLD錠の後発薬品(ジェネリック)が発売されました

月経困難症治療薬として発売されている「ルナベルLD錠」の後発薬品(ジェネリック)が12月11日に発売されました。

後発薬品(ジェネリック)は、ピル以外にも胃薬や痛み止めなどよく使われる薬にたくさん発売されていますが、簡単に言うと「成分は同じだけれど薬価(価格)が安い薬」です。元々ある薬の成分を真似て作っているので、その分薬を作るまでにかかる費用が抑えられ、価格も安く提供できるというものです。

今回発売された「ルナベルLD錠」の後発薬品(ジェネリック)は、保険証が3割負担の方ですと1シートの値段がルナベルLDと比べると約1000円安くなります。ピル代をできるだけ抑えたい方にとっては朗報だと思います。

後発薬品は、医師の処方箋に「ルナベルLD錠」と書いてあっても、薬局で「ジェネリック希望」と伝えれば医師が後発薬品を指定していなくても変更できるため、患者様が自分でより安い薬を選択できるというメリットがあります。

ルナベルLD錠は「月経困難症治療薬」ですので、避妊目的でピルを服用している方は、この後発薬品も使用することはできません。また、保険で処方するお薬なので、まとめて処方できる最大限が3か月分(3シート)までになります。
今現在自費のピル(同成分のものはオーソM21)を処方してもらっている人が、この後発薬品に変更してピル代をおさえたいという場合は、「服用目的に『避妊』が含まれていないこと」「まとめて処方できる枚数が3シートまででもOK」という条件をクリアしているかチェックが必要です。

ページの上部へ

 

15.09.03 薬に頼らなくても健康になりたい方へ

 最近立て続けに嬉しいケースを経験させていただきました。更年期症状を訴えていらした患者様に、更年期という時期の意味や症状が出るのはどういう時なのかをご説明させていただき、ほんの少しだけ『メタファー』という手法を用いてカウンセリングをさせていただきました。

 一般的な更年期治療の方法は、ホルモン補充療法・漢方療法・プラセンタ療法・サプリメントなどがありますが、どの患者様もわずかに漢方を処方させていただいたり、ちょっとだけプラセンタの注射をしただけで、1か月後には別人のように明るい表情になっていらしてくださいました。お薬の効果ではなく、初診時にお話しさせていただいたことで「自力で改善する方法」をご本人が見つけてくださったのです。

 辛い症状に対して、ホルモン剤を使ったり、安定剤を使ったりして一時的に症状を軽くするということももちろん必要なことがあります。薬はすべて「悪」ではなく、必要な方に必要な量を必要な時だけ使うことは、ときにはとても重要なのです。むしろ、薬を使わないことでのデメリットが大きくなる場合もあります。なので私は積極的に「薬」をお出しすることもあります。

 でも、私が女性の健康をサポートさせていただいて、本当に「よかった~」と思えるのは、上記のような薬に頼らず自力で健康になっていただけた時なのです。

 「薬」を使わなくても健康になる方法が知りたい。今は薬を使っているけれど、それらをやめてもいい状態が保てるようにしていきたい。そんな方のご相談に応えられるように、新しくオープンしたサロン健康カウンセリングを承ります。

 健康カウンセリングの予約は、お電話かメールで承ります。金曜日の10時~・11時~・12時~の3枠のみとなりますので、ご希望の日時をお知らせください。

ページの上部へ

 

15.07.03 妊活セミナーについてのアンケートにご協力ください

8月または9月に、妊活WOMANさんとコラボで妊活初心者向けセミナーを開催したいと考えています。

開催日程を検討中なのですが、できるだけ参加ご希望の方がいらっしゃりやすい日程に設定できたらと思いまして、開催日時についての簡単なアンケートを行うことにしました。

現在妊活中の方、これから妊活を始めようと考えている方、ぜひご協力くださいませ。

http://sns-real.com/ninkatsu/289.aspx

ページの上部へ

 

15.06.10 カウンセリングルームが新しくなりました

エステルームが新しいサロンに移転したため、あいたお部屋をリニューアルしてカウンセリングルームを増設しました。

新しいカウンセリングルームは、診察室よりもゆったりお話ししていただけると思います。

カウンセリングのみのご予約も承っておりますので、お気軽にご利用くださいませ。

  予約専用電話045-440-5577


ページの上部へ

 

15.06.10 オープン記念キャンペーン中です

  サロンのオープンに伴いまして、オープン記念キャンペーン中です。

   アロママッサージ60分 通常7400円→6200円

   アロママッサージ80分  通常8640円→7300円

   リンパマッサージ90分   通常10800円→9180円

 この機会にぜひ新しいサロンをご利用くださいませ。

 サロンのご予約はお電話で承っております。

    サロン電話 045-620-4932

   

  

ページの上部へ

 

15.06.03 一足早くスッキリボディを目指したい方へ

  院内にあったエステルームは、5月30日に「サロン・ド・ビバリータ」として拡大オープンしました。

 サロンのホームページができ次第詳しくご案内させていただきますね。

 今日はお昼休みに、新しく入ってくださったエステティシャンの方の練習台になってきました。アクシダームの施術もリンパマッサージも、ばっちり習得して下さっていて、力強いマッサージのおかげでダルダルだった足もスッキリ。アクシダーム効果で、ヒップラインも持ち上がって、パンツがゆるく感じられるほどでした。

 これから薄着の季節になりますから、二の腕や下腹など、引き締めておきたいところがある方は、ぜひアクシダームとリンパマッサージのメニューをお試しくださいませ。

 サロンのご予約はお電話で承っております。

   サロン・ド・ビバリータ 045-620-4932

ページの上部へ

 

15.05.07 エステルームが移転&拡大します

いつもビバリータをご利用いただきありがとうございます。

現在クリニック内に併設しておりますエステルームが、クリニックから徒歩3分の場所に移転します。

より広いスペースで、皆様に美と健康をお届けできるようになります。

現在はまだサロンの内装工事中なので、どんなサロンになるのかはお楽しみに。

オープンは5月30日を予定しております。

詳細はサロンのホームページができましたら、随時情報をお伝えしていきますので、もう少々お待ちくださいませ。

オープンするサロンは、エステサロンの機能に加えて、統合医療による健康を目指したい方をサポートさせていただく「健康サロン」の機能も備える予定です。

単なるエステサロンではなく、真の健康を目指すためのサロンとしてご活用ください。


ページの上部へ

 

15.03.26 風疹抗体検査とMRワクチンの助成について

 横浜市では、4月から風疹対策事業として、風疹抗体価検査と予防接種に対する助成事業が開始されます。

 風疹抗体価検査は無料になります。

 予防接種はMRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)が3300円の自己負担で受けることができます。

 これから妊娠を目指そうと考えている方で、風疹に罹ったことがあるかどうかわからない又は予防接種を受けているかどうかわからないという方は、まず抗体検査を受けてワクチン接種の必要があるかどうかを確認することをお勧めします。

 また、ワクチン接種をする前に抗体価検査を必ず受けなければいけないというものではありませんので、明らかに風疹に罹ったこともないし予防接種も受けていないという方は、検査はせずワクチン接種のみを受けても問題ありません。

 検査やワクチン接種をご希望の方は、お電話でご予約をお願いします。

  予約専用電話045-440-5577

ページの上部へ

 

15.03.10 携帯からお問い合わせいただく方へお願い

 お問い合わせフォームからメールを頂く際に、携帯をご利用の場合はメールフィルターの解除または、ドメイン登録をお願いします。 

 お返事は、「info@vivalita.com」のアドレスからお送りします。

 休診日を除く2日以内にお返事をお送りしておりますので、お問い合わせいただいてから2~3日たっても返事が届かない場合は、フィルター設定をご確認ください。

 また、メールマガジンの登録を携帯からされる場合も同様にドメイン登録をお願いします。

 携帯でご登録いただいている場合に、メールが届かないケースがかなりあります。

ページの上部へ

 

15.01.09 ピル・ルナベル・ヤーズ処方をご希望で転院される方へ

いつもクリニックをご利用いただきありがとうございます。

最近、「他の病院でピルを処方されているので継続処方を希望」とのことで転院なさる方の中に、問診上ピルを処方できない条件に当てはまっているために当院ではピルをお出しできないというケースが時々見受けられます。

初診のご予約を頂く段階でお電話でも喫煙の有無と片頭痛の有無については確認させていただいておりますが、例え前の病院では「タバコを吸っていてもピルを飲んでよい」と言われていたとしても、当院では血栓症リスクを考慮してリスクが高いと判断された場合には処方をお断りしております。

これまで処方をお断りしなければいけなかったケースには以下のような場合があります。

 *40代でタバコを吸っている(本数に関わらず当院ではお出しできません)

 *初診時の血圧測定で何度測っても血圧が高い

 *体重が多すぎる(BMIが28を超えているとお出しできないケールが多いです)

 *明らかに前駆症状を伴う片頭痛がある

 *50歳を超えている

ピルは非常に安全で便利なお薬ですが、血栓症リスクが高い方が服用すれば「危険な薬」になりかねません。

例え今まで他の病院で処方されていたとしても、医師の判断によっては当院では処方できない場合があることをご了承いただければ幸いです。

ページの上部へ

 

14.12.31 今年もありがとうございました

 今年もクリニックをご利用いただきありがとうございました。

 おかげさまで、この1年間も楽しく診療させていただくことができました。

 年明けは、1月5日から診療を開始します。

 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ページの上部へ

 

14.09.27 避妊目的のミレーナ挿入料金が下がります

ミレーナが保険適応になった関係で、自費でミレーナを挿入する場合の料金も下げることができるようになりました。

10月以降は、避妊目的でミレーナを挿入する場合は下記の料金となります。

  新規で挿入(挿入のみの場合):43200円

  入れ替え:54000円

ミレーナを試したいけれど料金的に躊躇してしまっていたという方は、この機会にご検討くださいませ。

ページの上部へ

 

14.09.05 ミレーナが保険適応になりました

 ホルモン付加子宮内避妊具「ミレーナ」が過多月経の治療として保険で使用できるようになりました。

 子宮筋腫や内膜症などで月経量が多い、または機能性過多月経の方が適応になります。

 挿入にかかる費用ですが、初診料+超音波検査料+挿入の手技料+ミレーナ代+処方料で、10割負担だと約37000円です。つまり、3割負担の方でしたら約11000円でミレーナを挿入することが可能です。

 あくまで「過多月経」の治療目的の場合のみですので、避妊目的でミレーナを挿入する場合は保険はききません。「本当は避妊目的だけど過多月経ということにしておこう」ということはできませんのでご了承くださいませ。

  ★ミレーナについて動画で説明しています

    https://youtu.be/5HMnGrPaKBY

ページの上部へ

 

14.06.24 ミレーナの効果効能に過多月経が追加になりました

子宮内避妊具である「ミレーナ」の効果効能に「過多月経」が追加されました。

ただし保険点数がついたわけではないので、まだ保険でミレーナを入れることはできません。

避妊目的だけではなく、過多月経の治療目的でミレーナを使うことが承認されたというだけです。

将来的には保険でミレーナが入れられるようになるはずですので、過多月経の治療選択の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

ページの上部へ

 

14.03.23 子宮頸がん検診の無料クーポンを待っている方へ

  子宮頸がん検診は、性交経験がある生殖年齢の女性に最も受けていただきたい検診なんですが、日本の検診受診率はまだまだ低くて30%に届きません。各自治体が行っている検診の補助は、多くの地域が、20歳以上の人が2年に1回割安又は無料で検診が受けられるというものです。
 横浜市では、20歳以上の人が2年に1回自己負担額1360円で検診が受けられる以外に、20歳から40歳までの方に、5年に1回無料で検診が受けられるクーポンが配布されています。このクーポンの有効期限は、毎年3月31日なので、今年度のクーポンをお持ちの方は1週間以内に受診なさってくださいね。

 実は、この「5年に1回無料になる」という制度が来年度から廃止されます。5年に1回だった無料クーポンの配布は、「20歳になった時の1回限り」に変更になります。なので、今後25歳になっても30歳になっても、無料クーポンは届きません。ただし、今までクーポンが届いているのに1度も検診を受けたことがない方に限って、1度だけ再度クーポンが配布されるそうです。

 検診を受けていない方の中には、「無料クーポンが届いたら検診を受けます」とおっしゃって、検診を保留にしたり先延ばしにしている方もいらっしゃいます。でも、制度が変わったために、20歳の方以外はいくら待っていてもクーポンは届きません。クーポンが届くのを待つのではなく、「1年に1回」は必ず子宮頸がん検診を受けましょう。

ページの上部へ

 

14.01.22 横浜市の無料クーポンをお持ちの方へ

 横浜市から6月末に配布されている「子宮頸がん検診無料クーポン」の使用期限は、3月末までです。

 

 無料クーポンは4月2日の時点で20歳・25歳・30歳・35歳・40歳になっている人に配布されています。もし対象年齢なのに手元にクーポンがない、またはクーポンを紛失してしまったという方は再発行の手続きもとれますので、お早目にお住まいの区役所に問い合わせてみることをお勧めします。

 クリニックでも無料クーポンでの検診を承っております。毎年、使用期限ギリギリに駈け込んで来られる方が多くいらっしゃいますので、3月中旬以降は大変混み合います。まだクーポンを使用なさっていない方は、今のうちに受けておいた方がいいでしょう。ギリギリに受けようと思っていたら月経が来てしまって受けられなかったというケースも多々見受けられますので、余裕をもってクーポンをご利用なさってくださいね。

 実は、クリニックではクーポン利用で検診を受けた方のほうが異常が発見される割合が多いのです。これは、普段検診を受けていない方が「せっかく無料で受けられるのだから受けておこう」と受けてみる、というパターンが多いからだと推察されます。クーポンがなくても毎年受けていただきたい検診ですが、クーポンを良いきっかけとして上手に活用していただけるといいなと思います。

ページの上部へ

 

14.01.19 ヤーズによる血栓症が心配な方へ

 ヤーズ配合錠による死亡例の報道を受けて、「このまま服用し続けていいのか不安」というお問い合わせが相次いでいます。昨日の診療でも、いったん服用を中止なさりたいという方が何人かいらっしゃいました。いずれも、ヤーズ以外の治療法に変更することが可能な状態だったので、ヤーズを中止して他のお薬を処方させていただきましたが、血栓症のリスクが高い方でなければ必ずしもヤーズをやめる必要はありません。

 下記の条件に当てはまる方は、服用を中止して他の治療法への変更を検討してもいいでしょう。

   *40歳以上 

   *喫煙している→禁煙すれば安心して服用できます

   *BMIが25以上→減量すれば安心して服用できます

   *片頭痛がある

 

 逆に、次の条件に当てはまる人は、血栓症リスクが高くなければ服用を継続する方がメリットが高いでしょう。

   *確実な避妊も兼ねて服用している  

   *鎮痛剤が効かないほどの月経痛がヤーズで改善している

   *内膜症があってヤーズで症状や病変の改善が得られておりディナゲストは服用が困難

 

 今回の死亡例では、血栓症リスクが全くないケースも含まれているので、問診上血栓症リスクがないからと言って絶対に血栓症にならないというわけではありません。なので、「血栓症リスクはないけれど服用の継続には不安があるという」場合は、もちろん服用を中止するという選択はあります。ただ、過剰に血栓症を心配するあまり、ヤーズによるメリットを手放してしまうことは必ずしもお勧めはできません。

 ヤーズは「超低用量」なので、含まれているエストロゲンの量はとても少なく、低用量ピルよりも動脈血栓のリスクは低いと言えます。ただ、ヤーズの特性として利尿効果があるため、血液が濃縮しやすくなるせいで静脈血栓のリスクは他のピルより若干高いということが言われています。なので、ヤーズによる血栓症リスクをできるだけ下げるためには、水分摂取をこまめに行って血液がドロドロにならないようにすることが大切です。1日2リットルを目安に、こまめに水分摂取をして、長時間座りっぱなしになるなどの血液の流れが悪くなる状態を作らないようにしましょう。

 また、万が一血栓症が起きても必ずしも重篤な状態になったり命に係わるというわけではありません。早期に発見して適切な処置を行えば、健康に大きな害を及ぼさなくてすみます。ヤーズも含めてピルを服用中に次のような症状が出たら、処方医又は循環器内科にただちに受診しましょう。

   *激しい頭痛やめまい・吐き気

   *目の見えにくさや視野の異常

   *強い腹痛

   *胸の痛みや息苦しさ

   *手足のしびれやろれつが回らない感じ

   *ふくらはぎの痛みや片側の足のむくみ

ページの上部へ

 

13.09.13 超低用量のルナベルが9月26日に発売されます

 

 以前ご案内させていただいた、ルナベルの超低用量バージョン「ルナベル配合錠ULD」が9月26日に発売されます。

 薬価は従来のルナベルと同じなので、3割負担の方ですと1シート(1か月分)が2400~2500円になります。

 新しいお薬ですので、発売から1年間は1シートずつしか処方できません。

 ルナベルでは吐き気や頭痛が辛くて服用ができなかった方や、血栓症のリスクが気になるという方は、こちらの「ルナベル配合錠ULD」を試してみてはいかがでしょうか。

 通常の低用量ピルで特に副作用がないという方や、ルナベルやヤーズを問題なく服用されている方は、あえて薬を変える必要性はないかと思われます。

 それぞれのお薬で、メリット・デメリットがありますので、ちょっと試してみたいなと思われた方はお気軽にご相談くださいませ。

ページの上部へ

 

13.03.24 ピルの価格変更のお知らせ

 いつもクリニックをご利用いただきありがとうございます。
 最近は「ピル希望」とおっしゃって受診して下さる方も増えてきましたが、ピルを服用される患者様が増えてきたため、少しでもご負担を軽くできないかと考えて、1月よりトリキュラーとマーベロンの後発薬品(ラベルフィーユとファボワール)を導入させていただいております。

 後発薬品は、開発や研究にお金がかかっていない分、薬の価格が低く抑えられているお薬です。
 後発薬品の効果や安全性について、不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 後発薬品の効果については、服用後の体内の薬の濃度を先発品と比較して、「先発品と同じ効果がある」という確認がなされています。
 先発品と同じ効果なので、副作用の出方も同様と考えられます。つまり、安全性も先発品と同じということになります。

 後発薬品に変更してから、実際の副作用の出方などが変わらないか患者様のご様子を伺ってきましたが、先発品と変わらず問題なく服用していただいております。
 なので、今後もトリキュラーとマーベロンについては後発薬品を導入することとなりました。
 それに伴い、この2種類以外のピルも合わせて、全種類のピルの価格を下げさせていただきます。
 ピルの種類の選択は、ご本人のご希望の場合もありますが、治療的な側面からトリキュラーやマーベロン以外のピルを服用なさっている方も多くいらっしゃいますので、種類によって価格が異なってしまうことのないように、一律値下げすることにしました。
 新しい価格は以下の通りです。

   一般の方:現在1シート2300円→4月から1シート2200円
   学生の方:現在1シート1800円→4月から1シート1750円
 

ページの上部へ

 

13.03.19 新刊発売のお知らせ

4月に新刊が発売されることになりました。
 「今なら間に合う!妊活生活のススメ」
ネット販売は現在予約受付中ですが、クリニック内ではすでに販売しております。
ご購入ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページの上部へ

 

13.01.28 診療時間変更のご案内

 いつもビバリータをご利用いただきありがとうございます。
 2月9日(土)は学会参加のため、診療時間がいつもより短くなります。
 土曜日をご希望の患者様は大変多く、混み合っている時に大変申し訳ないのですが、学会での情報を皆様に還元させていただきたいと思っております。

 最終受付時間を過ぎてのご来院は、「注射のみ」「薬のみ」の方も含めてお受けできませんのでご了承くださいませ。
 ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  2月9日の最終受付時間:16時半(緊急避妊は16時まで)
  

ページの上部へ

 

12.03.24 子宮頸がんワクチンの助成について

子宮頸がんの予防ワクチン「ガーダシル」と「サーバリックス」の公費助成について、横浜市から来年度も継続するとの通知が来ました。
4月以降も引き続き、対象年齢の方は無料接種が可能になります。

昨年10月以降に接種を開始した方は、3回目の接種が自費になるかもしれないとご説明させていただいておりましたが、4月以降に接種しても無料になりますのでご安心ください。
また、公費助成が終了するかもしれないとのことで接種を控えていた方は、今年度中に接種すれば無料となりますのでこの機会に再度ご検討頂ければと思います。

詳しくはご予約の際にお電話でご確認くださいませ。

ページの上部へ

 

12.01.01 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はさらに皆様に寄り添って、「輝くような魅力的な女性」になるお手伝いをしていきたいと思います。

ページの上部へ

 

11.09.15 休診日のお知らせ

いつもクリニックをご利用いただきありがとうございます。

真に勝手ながら、9月20日(火)は夏期休暇とさせていただきます。
従いまして、9月18日(日)~9月21日(水)はクリニックは休診となります。
この期間はお電話でのご対応もいたしかねますのでご了承下さいませ。
お薬の継続処方などでおいでの方は、休診期間中に不足しないようお気をつけ下さい。

最近はご予約が大変混み合ってまいりまして、当日のご予約はほとんど承れなくなっております。
お早目のご予約を頂きますようよろしくお願いいたします。

ページの上部へ

 

11.08.20 子宮頸がん4価ワクチン「ガーダシル」の発売が決まりました

 7月1日に承認された、4価の子宮頸がんワクチン「ガーダシル」が8月26日に発売される事が決まりました。
 ただし、発売されてもすぐに納入されるわけではないため、接種が可能になるのは発売日よりもう少し後になる可能性が高いと思われます。

 薬剤の価格は、2価ワクチンの「サーバリックス」と同じなので、ワクチンの接種にかかる費用は2価ワクチンでの4価ワクチンでも同様となります。
 当院のワクチン接種料金は、1回が17000円です。3回分を一括でお支払いの場合は50000円となります。

 今のところ、ガーダシルを公費助成の対象とするかどうかは国の指針が出ていないため未定とのことです。
 今年度の公費助成対象の方は、9月中に接種を開始しなければいけませんので、ガーダシルが助成対象になるのを待っていては接種開始が間に合わない可能性があります。
 自費で接種をご希望の方はガーダシルの納入を待っていただいた方がいいかと思われますが、公費助成で接種をご希望の方はお早めにサーバリックスでの接種を開始する事をお勧めします。

 当院でガーダシルの接種が可能になりましたら、ホームページでも再度お知らせしますので、納入を今しばらくお待ち下さいませ。
 また、ガーダシル接種をご希望で事前予約をおとりの方には、薬剤が納入され次第個別にご連絡させていただきます。
 ガーダシルの事前予約をおとりになりたい方は、予約専用電話までお問い合わせ下さいませ。

ページの上部へ

 

11.06.17 子宮頸がんワクチン接種を再開します

 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)「サーバリックス」が薬剤の供給不足のために、新規で接種希望の方をお受けできなくなっておりましたが、ようやく接種を再開できることになりました。 
 ただし、まだ薬剤の供給が安定していないため、公費助成対象の方を優先して先着順に対応させていただきます。

 公費助成対象になるのは次の方です。
 
   平成6年4月2日~平成11年4月1日生まれの女性

 助成期間が今年度中のため、3回の接種を3月までに終わらせるためには、遅くとも9月には最初の接種を行っておく必要があります。
 特に、平成6年4月2日~平成7年4月1日生まれの方は、来年は助成がなくなってしまいますので、お早めに接種なさる事をお勧めします。

 子宮頸がんワクチンのご予約・ご質問は予約専用電話(045-440-5577)までお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの上部へ

 

11.06.11 予約に関するお願い

 いつもクリニックをご利用いただきありがとうございます。
 当院は予約制となっておりますので、御来院の際は事前にお電話かネット(再診の診)でご予約頂きますようお願いいたします。
 また、ご予約日にご都合が悪くなった場合は、お手数ですが予約時間までにお電話でキャンセルのご連絡を下さいませ。

 最近は土曜日のご予約が大変混んでまいりました。
 予約人数の関係で、お1人ずつの診療時間が限られてしまいます。
 ゆっくりとお話しやご相談をご希望の場合は、平日にご予約頂いた方がお時間を確保しやすいかと思われます。
 ご予約日の調整の参考になさって下さいませ。

ページの上部へ

 

11.05.29 緊急避妊薬ノルレボの処方を開始します

 5月24日に発売された緊急避妊薬「ノルレボ」を当院でも入荷しました。6月2日から処方を開始します。
 プラノバールを使ったヤッペ法による緊急避妊も引き続き扱っておりましたが、2016年10月13日からはノルレボによる緊急避妊のみを取り扱うこととなりました。

 プラノバールによる緊急避妊と「ノルレボ」による緊急避妊の大きな違いは、副作用の出かたとノルレボが「緊急避妊を目的とした薬」であるという点です。
 プラノバールは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が混ざった中用量ピルですので、服用した方の半数は吐き気や嘔吐という副作用が出てしまっていました。
 「ノルレボ」は「黄体ホルモン」のみが含まれているため、吐き気をはじめとした副作用が非常に少なくてすみます。

 プラノバールによる緊急避妊は、本来緊急避妊用の薬として認可されているわけではない薬を緊急避妊薬として「代用」しています。
 ノルレボはきちんと「緊急避妊薬」として認可された薬です。

 「ノルレボ」による避妊効果は、プラノバールを用いた時と同じで約81%です。緊急避妊を行ったけれど妊娠する確率が1~2%あります。
 緊急避妊の避妊効果は100%ではありませんので、あくまで最終手段の避妊法ということになります。
 
  

ページの上部へ

 

11.04.02 子宮頸がんワクチン欠品のお知らせ

 子宮頸がんワクチンであるサーバリックスの供給が間に合わないため新規の接種予約をお受けできなくなっておりましたが、予想以上に需要が急増したために4~5月は薬剤の仕入れができない状況となりました。
 製薬会社からは、供給再開は5月末~6月の予定との連絡を頂いています。
 
 なぜいきなり欠品になったのか疑問に思われる方も多いと思いますが、今年1月~今までの接種数が昨年1年間の数を超えているそうです。
 これは政府が公費助成を推進したため、各自治体がいっせいに助成事業を開始したからです。
 無料でワクチンが接種でき、それが期限付きだったために、1月~3月の接種希望者が急増したものと考えられます。
 
 現時点では新たに薬剤が仕入れられないため、供給が再開されるまで新規の方も2回目以降の接種の方もワクチンを受けていただけない状態です。
 当院で2回目まで接種なさった方で、5月に3回目を接種予定の方には接種時期の延期をお願いしております。(4月に接種予定の方は予定通りの接種が可能です)
 文献的に、3回目の接種時期が本来の時期より半年遅れてもワクチンの予防効果には影響がありませんので、薬剤の供給が再開される時期までお待ちいただいても効果に問題はありませんのでご安心下さい。
 
 薬剤の供給が再開される事になりましたら、HP上でご案内させていただきますので、今しばらくお待ち下さいませ。

 また、公費助成対象のご年齢の方は、今年の9月までに接種を開始すれば3回とも助成を受けることができますので、供給の再開を待っていただいても大丈夫です。

ページの上部へ

 

11.01.26 加圧ジムとコラボ「エゴスキュー体験会」のお知らせ

 クリニックの内覧会でも開催させていただいた、痛みスッキリの魔法エクササイズ「エゴスキュー」が、再度横浜で体験できることになりました。
 待合室ではちょっとスペースが足りないな~と思っていたら、なんとクリニックが入っているビルの1階に加圧トレーニングジムがテナントとして入ることになったんですよ。ジムのオーナーと知り合いなのをいいことに、さっそくクリニックとジムのコラボを色々企画中です。
 
 今回は、ジムの中にあるスタジオをお借りしてのエゴスキュー体験会のお知らせです。
 慢性的な肩こりが治らない・腰痛で悩んでいる・妊娠中の骨盤のゆがみが気になる・産後太りから抜け出したい・・・そんな方はこの機会にぜひ体験してみてください。


<肩・腰・首・膝の痛みや歪みでお悩みのあなたへ>  
  
 エゴスキュー体操体験会
  日程:2月6 日(日)
  会場:横浜ポートサイドプレイス1階 PML 横浜内スタジオ
     〒221-0055神奈川県横浜市神奈川区大野町1-25
  ◆体験会:午前の部⇒10:30~12:30(受付:10:15~)
       午後の部⇒14:30~16:30(受付:14:15~)
        ※どちらの回も終了後、ご希望の方に個別相談を行う予定です。
  ◆定員 : 各20名
  ◆持ち物:ヨガマット、もしくは大きめのバスタオル・動きやすい服装・お水
   ※当日は運動を行いますのでできるだけ空腹状態を避けてお越し下さい。
   ※貴重品の管理は各自でお願い致します。
  ◆参加費:一般参加の方           5,000円
       個人セラピーを体験された方    無料
       個人セラピー経験者の紹介     3,000円
       「驚異のエゴスキュー」を持参   4,000円
       「驚異のエゴスキュー」を当日購入 4,000円

□ マッサージにいってもその時は気持ちいいのに、すぐ肩が凝ってしまう
 □ 腰痛でサポーターが手放せない
 □ 膝の痛みで痛み止めを飲んでいる
 □ 靴底のへりが左右で違って、体が歪んでいる気がするけど、治し方がわからない
 □ 片方の肩に荷物をかけるときだけずり落ちてくる
 □ O脚でいつもガニ股で歩いてしまう

どれかひとつでも当てはまるあなたにお知らせです!
 それらを根本的に改善するのが、アメリカから上陸した痛み解消メソッド『エゴスキュー』!
 筋肉を再教育して歪みの根本から解決!

エゴスキューとは 
日常生活の中で使われなかったために正しい動きを忘れてしまった筋肉に、
"動き"という適切な刺激を与えて、本来の正しい動きを思い出させる
 ≪筋肉の再教育≫によって、骨格を正しい位置に戻し、体全体の歪みを取り、
 痛みを解消できる、体が最も健全で機能的に働くようにする運動療法です!

体験者の声
◇足の裏全体で立っているように感じて、とてもスッキリしました!(S.N. 事務50 代)
◇一般には完治が難しいと言われている症状や病気が改善されることに大変魅力を感じます。 
 これからもやっていこうと思います!(M.K. 主婦50 代)
◇E‐サイズ後重心が体の中心に。
 左側の顎が鳴っていたのが、パキッとならなくなった。(若林明彦会社員40 代)
◇大腿筋の外旋が改善された。
 今後自分の仕事に役立てたいと思います。(小野富雄整体師50 代)
◇会場に着いた時に痛かった右肩が楽になって痛みがなくなりました。(Y.S. 講師50 代)
◇視力がよくなった感じがする。背筋が伸びて、歩きやすくなった!(I.K. 教員50 代)

この、いつでもどこでも簡単に『自分で自分の健康を創れる』新しい時代の健康法を体験してみませんか?

◆お申し込みはホームページ、お電話でもどうぞ◆ 
 エゴスキュージャパン渋谷セラピースタジオ
  http://www.egoscuejapan.com  
  TEL:03-6419-3055
  FAX:03-6419-3066

ページの上部へ

 

11.01.10 非常勤医師による診療日のお知らせ

下記日程の診療は、非常勤医師による診療になりますのでご了承下さい。
 
 1月17日(月)
 1月24日(月)
 1月31日(月)

 ご担当いただく先生は、賀来玲玲(かくりんりん)先生です。
 婦人科・内科をご専門とされ、海外で最新のアンチエイジング医療も学ばれたとっても素敵なドクターです。

ページの上部へ

 

10.12.01 女医さんが勤務する病院ガイド

リンク紹介です。

 女医さんが勤務する病院ガイド

  女医さんが勤務する病院や医院・診療所・クリニックを紹介しています。

ページの上部へ

 

10.11.04 よくある婦人科の病気について講演します

戸塚の男女共同参画センター横浜で行う講演のお知らせです。
ご都合のつく方は、ぜひ参加してみてくださいませ。

あなたは大丈夫?これだけは知っておきたい婦人科疾患!

~女性に多い病気にならない5つの法則~


 自分のことがつい後回しになっているあなたへ・・・
 自分のココロトカラダにちょっと目を向けてみませんか?

 生理痛がひどいけど薬は飲みたくない
 おりものが増えたけど大丈夫?
 もしかして不妊症かも・・・
 漢方ってよさそうだけど効果があるの?
 
 そんな方はぜひ聞きにいらしてください。
 
 女性としての健康管理が必要になってくるアラサー・アラフォー世代は、仕事や家族のことで忙しくて自分のことはつい後回しになってしまいがちです。
 病気にならないための生活習慣や受けておくべき女性検診、自分でできる予防法などご紹介していきます。
 質問用紙を使って、匿名で相談もできるので、「気になることはあるけど病院に行くのはちょっと・・・」という方にもお勧めです。
 保育つきなので、小さいお子さんがいらっしゃる方でも気軽に参加していただけます。

 この機会に、女性として知っておくべきカラダのこと、ちょっと目を向けてみませんか?  
 

日時:11月28日(日)14:00~16:00
 場所:男女共同参画センター横浜 セミナールーム3
     横浜市戸塚区上倉田435-1 
     TEL:045-862-5050   
    http://www.women.city.yokohama.jp/
 講師:清水なほみ(NPO法人ティーンズサポート代表 産婦人科医)
 定員:25名
 参加費:1,000円
 申込方法:メール又はFAXでお申し込みください
 申込み・問合せ先  NPO法人ティーンズサポート・市民企画講座事務局  
              メール:info@vivalita.com 
              FAX:045-440-5568
 保育あり:1歳6カ月~未就学児
        予約制(先着順のためお早めにお申し込みください)
        有料   
 保育申込み先:男女共同参画センター横浜 子どもの部屋(電話045-862-4750)
 主催:NPO法人ティーンズサポート
     http://www.teens-support.org/index.html

ページの上部へ

 

10.10.26 超低用量ピル「ヤーズ」の発売日

 今日はメーカーさんにお願いして来月発売される超低用量ピル「ヤーズ」について、クリニック内の勉強会を行いました。
 調剤薬局の薬剤師さんにも参加していただいて、スタッフみんなでヤーズの特徴について勉強です。

 メーカーさんから発売日は11月16日と伺っていたので、調剤薬局さんに納入のタイミングを確認したところ、発売日の午後には入荷できる見込みとのことでした。
 なので、クリニックで「ヤーズ」を処方させていただくのは、11月17日以降になる予定です。

 新しく発売されるお薬なので、最初の1年間は1ヶ月分ずつの処方になります。
 ヤーズを処方するために特別な検査は必要ありませんが、内膜症などの月経痛の原因となる病気がないかどうかは確認する必要があります。

 ヤーズの処方をご希望の方は、11月17日以降の予約をおとり下さいね。

ページの上部へ

 

10.10.21 子宮頸がんワクチンと検診について講演します

 10月24日(日)に男女共同参画センター横浜で開催される「フォーラムまつり」で子宮頸がんワクチンと子宮がん検診に関する講演をさせていただきます。
  講演の主催は、大学生啓発団体の「リボンムーブメント」さんです。

 ワクチンは打った方がいいの? 
  娘にワクチンを接種させようか迷っているのだけど・・・ 
  子宮がん検診って何をするの?  

 そんな、皆様の疑問にお答えします。ご都合のつく方はぜひいらしてみてくださいね。  

 詳細は下記ページをご参照下さい。  
   http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-seminar/search/detail/?id=1986

ページの上部へ

 

10.10.08 20代のPMS(月経前症候群)の方へ

 PMS(月経前症候群)は、排卵後から月経までの期間に、頭痛・めまい・むくみ・イライラ・集中力の低下・気分の落ち込みなど様々な症状が出る病気です。
 最近はお仕事でストレスが多くなっているせいか、20代の方でもPMSで悩まれる方が増えているようです。

 PMSの方は、単純に体調が悪くなるだけというより、何らかの精神症状も伴うことが多く、カウンセリングが有効なことが多いため、クリニックでは「PMS外来」として心理カウンセラーと連携した診療をご提供しています。
 医師によるPMSの診断やピル・漢方などによる治療のご提案の後、心理カウンセラーがゆっくりお話を伺って、根本的な原因を探っていきます。

 PMSの原因はまだはっきり解明されていませんが、ストレスや栄養の偏りなど、生活習慣によって症状を悪化させていることも多いんですね。
 まずは、今困っていらっしゃる症状についてゆっくりお話を伺い、ストレスの軽減方法や日常生活の改善方法をアドバイスさせていただきます。

 通常のPMS外来は、1時間ゆっくりお話を伺うため、1万円の料金がかかりますが、患者様の中には金銭的ご負担の関係でPMS外来を受けたいのに二の足を踏んでしまうという方もいらっしゃいました。
 そこで、20代の方にもっと気軽にカウンセリングをご利用いただけるよう、「プレPMS外来 5000円(税別)」を新設させていただきました。
 通常のPMS外来と同様、まずは医師が診断させていただき、その後心理カウンセラーによるカウンセリングを30分受けていただくことができます。

 生理前のイライラをどうにかしたいのに抑えきれない、集中力が極端に落ちて仕事にならない、などでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいませ。

ページの上部へ

 

10.10.02 妊婦健診を始めます

 近隣にお住まいの方から、妊婦健診についてのお問い合わせ及びリクエストを多数頂きましたため、10月18日より当院でも妊婦健診を開始することになりました。

 ただ、クリニックでは夜間・休日の対応ができませんので、当面は連携先であるけいゆう病院で分娩予約をおとりになった合併症のない方のみを対象とさせていただきます。
 けいゆう病院以外で分娩予約をおとりの方に関しましては、順次受け入れを検討していきたいと思います。

 妊婦健診の予約枠は、月曜日の11時~12時です。健診受診をご希望の方はお電話でご予約下さい。
 「妊婦健診」の枠でご予約いただくのは、妊娠14週以降の方になります。妊娠4週~13週の方は、通常の婦人科診察枠でご予約を承りますので、詳しくはお電話でご確認下さい。

 妊婦健診の料金は全て自費になります。
 下記は週数に応じた料金の目安ですのでご参照下さい。

  4~9週  初診の方8400円・再診の方6300円
  10~11週 クラミジア検査を行った場合10500円
  12~13週 妊娠初期の採血を行った場合18900円
  14~31週 妊婦健診のみ(尿検査・血圧体重測定・ドップラー・超音波検査)5880円
  28~29週 妊娠中期の採血を行った場合9030円
  

ページの上部へ

 

10.09.25 針もメスも使わず痩身・美顔

 クリニックに導入している「アクシダーム」は針もメスも使わずに、脂肪を分解したり美白やリフトアップができるので、別名ノンニードルセラピーと言われています。
 弱い電流を皮膚の表面から流すことで、一時的に美容成分が皮膚の奥へ浸透していきやすくする美容機器です。

 例えば、美白成分の代表であるビタミンCは、ただ塗るだけよりもイオン導入の方がより浸透しやすくなると言われています。
 ところが、このイオン導入よりさらに多くの有効成分をより深い部分まで届かせることができるのがアクシダームなんですね。皮膚の2cmの深さまで届く割合がイオン導入で浸透させた場合5%なのに対し、アクシダームだと94%も浸透します。

 浸透させる成分を脂肪融解や血行促進効果のある溶液に変えれば、ウエストやヒップなどの部分痩せにも活用できる優れもの。
 クリニックでも、美顔と痩身の両方のコースをご用意させていただいています。

 アクシダームによる効果を実感するには1~2週間に1回コンスタントに施術を受けていただいた方がいいのですが、通常アクシダームの施術を受けるには3万円前後かかってしまうため、どうしても頻度よく受けていただく事が難しくなってしまいがちです。
 当院では、より効果を実感していただけるよう、1回の施術を2万円以下でご提供できるようにいたしました。
 ベーシックコースは、フェイシャル16800円・ボディ18900円です。

 夏のダメージを持ち越さないためにも、この時期にしっかりお手入れしておくことをお勧めします。
 アロマトリートメントのオプションメニューもご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

ページの上部へ

 

10.09.21 クリニック通信配信中です

クリニックの新着情報や、病気に関する情報をメルマガで配信しています。

バックナンバーも見れますので、よかったら登録してみてくださいませ。

 http://www.mag2.com/m/0001037424.html

ページの上部へ

 

10.09.19 横浜市の子宮がん検診承ります

 10月1日から横浜市の子宮がん検診実施医療機関として登録されますので、検診の予約もスタートしました。

 下記条件に当てはまる方は、横浜市の補助を利用して検診を受けることができますので、この機会にぜひセルフメンテナンスにいらしてください。

 

 *横浜市在住

 *20歳以上

 *2年以内に横浜市の子宮がん検診を受けていない

 

 自己負担額は、子宮頚がん検診のみ1,360子宮頚がんと子宮体がん検診2,620となっております。

 

 また、検診時にご一緒に超音波検査(3150円)やHPV検査(5250円)なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 超音波検査は、内診だけでは発見しにくい子宮筋腫・子宮腺筋症・卵巣のう腫などの病気の発見に有効です。

 

 HPV検査は、子宮頸がんの原因となるウイルスに感染していないかどうかを確認する検査です。通常の子宮頸がん検診に併せて行うことで、より正確に子宮頸がんのリスクをチェックすることができます。

 普通の子宮頸がん検診のみの場合、異常がなければ年に1回の検診が必要となりますが、HPV検査と併用すると、両方に異常がなかった場合3年に1回の検診でよくなります。

 

 詳しくは予約時にご相談くださいませ。

  予約専用電話 045-440-5577

ページの上部へ

 

10.09.18 オープニングキャンペーンのお知らせ

オープニングキャンペーン

 アロママッサージ30分コース  ¥3,570円(税込み) 

 クリニックオープンを記念して、エステルームでのアロママッサージコースをキャンペーン価格でご提供させていただきます。

 クリニックでのエステを気軽に試してみたい方・アロママッサージでリフレッシュしたい方にお勧めです。

 マッサージは上半身(肩・首・背中)と、下半身(足裏・ひざ下)のいずれかになります。

 アロマオイルは、下記の組み合わせからお好みのオイルをお選びいただけます。

  *むくみスッキリブレンド:グレープフルーツ&ジェニパー

  *リフレッシュブレンド:ユーカリ&レモン

  *ウーマンズハーモニー:ラベンダー&ゼラニウム

 

詳しくはクリニックまでお問い合わせください

  045-440-5567(代表電話)

  045-440-5577(予約専用電話)

ページの上部へ

 

10.09.17 HPをオープンしました

ホームページをオープンしました。こちらからビバリータの新着情報を発信したいと思います。

ページの上部へ

 
プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー