横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

子宮体がん

17.03.05 「子宮なんていらない」と思ったことはありますか?

 

 クリニックでは子宮頸がんの「治療」はできませんので、治療が必要な方は連携先の病院にご紹介させていただいています。精密検査であるコルポスコピー検査と組織診は可能なので、異常はあるけれどまだ治療するほどではないレベルの方たちは、定期的な検査でフォローさせていただいています。
 通常、子宮頸がんの手前の「異形成」という状態は、軽度であれば9割近い方が自然に正常化していくのです。中等度異形成でも、数か月で全く正常に戻る方もいらっしゃいます。でも、中には、ずっと異常が続いたり、徐々に進行して手術が必要になる方もいらっしゃいます。正常化する人と、異常が続く人の違いは何だと思いますか?
 
 子宮頸がんも含めて、婦人科の病気になる場合、何らかの形で自分の「女性性」を抑えたい理由があるケースが多いのですが、患者様に「女性性を否定していたことはありませんか?」と伺っても、なかなか皆さんピンとこないようです。
 なので質問を変えて、「子宮なんかいらないと思ったことはありませんか?」「女は損だと思ったことはありませんか?」「男はずるい、男の方が得だと思ったことはりませんか?」と伺うと、ぽろぽろと出てくるのです。わざわざ自ら、「子宮」に異常を引き起こした理由が・・・

 ある方は、妊娠を希望して治療をしていたけれどうまくいかず、「妊娠できないなら子宮なんてなければいいのに」と思ったとたんに検診で異常を指摘されたとおっしゃっていました。脳は忠実に本人の「潜在意識」やその奥底にある希望を叶えようとします。「子宮なんかない方がいい」と思っていたら、子宮をとらなければいけないような病気を発生させたりするのです。
 特に妊娠が絡んでいる時は複雑になることもあります。本人が心の奥底では妊娠を望んでいなかったり、不妊治療に終止符を打ちたいと思っていても、「自分で終わらせることができない」状態になっている時があります。「妊活やーめた」と自分で言えればいいのですが、なかなか言い出せなかったり「自分で決めることを拒んでいたり」すると、子宮が代わりに終止符を打とうとする場合もあるのです。

 子宮の病気は、「あなたは女性としてどう生きたいのですか?」という問いかけです。普段意識しない子宮のことを考えたり、将来の妊娠について考えたりするきっかけをもらっているのです。
 あなたはなぜ女性として生まれてきたのですか?女性であるということにどのような意味を持たせたいですか?そして、「女性として」どう生きたいですか?



★薬を使わず病気をやめる方法ご相談も承っております。
 カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。
   お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com

ページの上部へ

 

10.04.14 子宮体がんの症状

 「子宮がん」は、癌ができる場所によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられています。ただできる場所が違うだけでなく、それぞれ発症しやすい年齢や原因や予防法が大きく異なってくるので、別々の病気として考える必要があるんですね。

 

子宮体がんは子宮のお部屋の中にできる癌で、「子宮内膜」という部分の細胞が癌になっていきます。子宮内膜は、妊娠時に着床のためのベッドとなる部分で、月経がある間は毎月ホルモンの影響を受けて分厚くなって月経として剥がれ落ちていきます。

毎月きちんと出血しない人や、閉経が近づいて月経が不規則になってきている人は、内膜がきちんと剥がれ落ちないで分厚いままになる事があります。これが、子宮体がんのリスクになることもあるので要注意です。

 

以前は子宮頸がんが主流で子宮体がんは少なかったのですが、食生活の欧米化や晩産化・未産率の上昇などのせいで、最近では子宮体がんが子宮がん全体のほぼ半分を占めるようになってきているんですよ。

好発年齢は40~50代の閉経前後。原因として一番大きく関係しているのは、女性ホルモンのバランスの変化です。卵巣から出ている2種類の女性ホルモンのうち「エストロゲン」は子宮内膜を分厚くする作用を持っていて、もう1つの「プロゲステロン」は内膜をはがして子宮の中をお掃除する作用を持っています。この「エストロゲン」が「プロゲステロン」よりも過剰に働いてしまうと、内膜の細胞が増えすぎて癌になりやすくなるんですよ。

 

子宮体癌のリスクが高い人は、

 「妊娠・出産をしたことがない人」

 「多嚢胞性卵巣症候群で月経不順の人」

 「閉経が遅い人」

 「乳がんのホルモン治療を受けている人」

 「更年期の治療でホルモンを1種類のみ補っている人」

 「肥満の人」などです。

 

子宮体がんの症状で最も多いのが「不正出血」です。特に閉経後の方で不正出血が続く場合は注意が必要ですね。他にも、おりものが増えるという症状で見つかる方もいらっしゃいます。

子宮体がんも、発見するには子宮体がん検診を受けるしかありません。子宮頸癌の検査と違って、子宮の奥の方まで細胞を擦り取る細い器具を入れなければいけないので、多少痛みを伴うのが難点なんですが、40歳以上でリスクが高い方や不正出血がある方はきちんと検査を受けておいた方がいいでしょう。

ページの上部へ

 

10.04.14 子宮体がんの予防と治療

子宮体がんの予防法は、「適切な体重を保つ」「月経不順を放置しない」「脂肪の多い食事を摂らない」「低用量ピルを飲む」などです。

脂肪の取りすぎや肥満はすぐにでも改善できるはずですから、心当たりのある方は生活改善を心がけてください。

低用量ピルは、元々避妊のために開発された合成ホルモン剤ですが、子宮内膜を非常に薄く保つ働きがあるので、子宮体がんのリスクをかなり下げてくれるんですよ。低用量ピルを10年間飲むと子宮体がんのリスクは2割程度まで低くなるというデータもあります。特に、月経不順の人は子宮体がん予防のためにもピルで月経サイクルを整えておくことをお勧めします。

 

 子宮体がん検診で「疑陽性」や「陽性」の結果が出た場合、さらに詳しく調べるために「内膜組織診」という検査を行います。

 組織診の結果が「単純子宮内膜増殖症」であった場合は、そのまま定期検査で様子をみたり、それ以上病気が進まないようにピルで治療したりします。少し病変が進んで「複雑型異型内膜増殖症」という結果だった場合は、より詳しく調べるために、麻酔をかけて「子宮内膜全面掻爬」という手術を行います。子宮内膜を全部掻き出してわずかでも「がん細胞」が含まれていないかくまなく調べるわけです。

 

 詳しい検査の結果が「複雑型異型内膜増殖症」だった場合、いわゆる「前癌状態」なので、お腹をあける手術をして子宮を摘出します。まだ「癌」にはなっていないので基本的に周りに広がったり転移したりはしていません。子宮を取るだけでほぼ完治が期待できます。稀に30代でもこの状態になることがありますが、ご本人が将来妊娠を希望している場合は子宮をとらずホルモン治療を行っていきます。

 

 いずれかの検査で「子宮体がん」という結果が出た場合は、MRIなどで病気の広がり具合を確認してから、子宮や卵巣やリンパ節を取る手術を行います。子宮頸がんと同じく、病気の広がり具合によっては術後に放射線治療や抗癌剤による治療を追加することもあります。

ページの上部へ

 
プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー