横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

診療メニュー紹介

16.08.21 たった一言で不眠が消えるワケ

  健康サロンおよびクリニックのカウンセリングでは、ご本人の不調やがん・アトピー・うつ病など治療が長期にわたる疾患に対しても、1~2時間のお時間を いただいてカウンセリングを行っています。また、健康サロンではご本人だけでなく、例えばお子様のぜんそくやアトピーや不登校などについてのご相談も承っ ております。
 ただ、1時間もがっつりカウンセリングしなくてもほんの一言ちょっとしたアドバイスをさせていただくだけで症状がすっかり良くなってしまうケースもあります。

 先日、月経不順用のチェックシートを用いてある「気づき」を得た患者様は、その直後の排卵で無事にご妊娠なさいました。
 なんだかよく分からない多数の不調を訴えていらした「自称更年期障害」の患者様は、更年期の方用のチェックシートをつけてみただけで「納得がいきました!」とおっしゃって、次にいらした時には不調のほとんどが消えていました。

  最近「あ、結構うまくいくようになったな」と思われるのが、不眠症の改善です。もちろん、全員がすぐに眠れるようになるわけではないんですが、多くの方 が、診療のやり取りの中であることをお伝えすると次にいらした時には「そう言えば眠れるようになりました」とおっしゃいます。「お守り代わりに一応眠剤出 しておきますけど、いらないと思ったら飲まなくていいですよ」とお伝えしているので、たいていは「あ、あの薬は全然飲まなかったのでいいです」とあっけな く終了します。
 このやり方を応用すれば、禁煙や食事制限(肥満の解消)も案外スルッといけそうです。本当に、何でもない一言なんですけれど、こ れが効くようですね。しかも、ご本人も気づかないうちに潜在意識に刷り込むので、皆さん枕詞に「そう言えば」がつくんですよ。スルッと改善するので、自分 が不眠だったことすら忘れていらっしゃるみたいです。
 
 今不眠で悩んでいる方は「そんな簡単に改善したらこんなに悩むわけないだろ!」と思われるかもしれません。でも、本当に悩む必要すらないほどすぐに消えるんです。それが、トランスフォーメーショナルコーチによるカウンセリングのすごいところです。 

 カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。
   

    お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com

ページの上部へ

 

16.07.19 なぜカウンセリングだけでがんが消えるのか?

 トランスフォーメーショナルコーチの師匠やトレーニングを受けた仲間たちから、次々に「カウンセリングでがんが消えた」という報告があがっています。もちろん、数例の症例報告がスタンダードな事例だと言うことはできないかもしれません。カウンセリングを受けた人全員が「がんが完治」しているわけでもありません。
 カウンセリングによってがんが消える人とそうでない人はいます。カウンセリングをしてもがんが消えないケースがあるのは、カウンセリングを受けた結果、本人が「がんであり続けることを選択」することもあるからです。

 カウンセリングによるがん治療のよいところは「副作用がない」ということです。そして、病気そのものの「根本原因」にアプローチするので、いったん改善したと思ったら「次の病気が出てくる」というモグラたたき状態から脱することができます。また、手術や化学療法など、一般的な治療と組み合わせて行っても、他の治療を邪魔する心配がありません。
 カウンセリングによる「治癒率」は100%ではありませんから、「絶対にカウンセリングを受けるべきだ」とは言えません。でも、手術も抗がん剤も放射線治療も、治癒率が100%という治療法は存在しないのです。
 
 どのような治療を選択するかは、患者様ご本人が決めることです。手術や化学療法を行いつつ、カウンセリングで副作用が出ないようにしていくという方法もあります。一般的な治療は終了したけれど「再発が心配」という方に、カウンセリングで再発予防をすることもできます。
 治療法を選択する上で最も重要なことは、「全部医師にお任せします」と選択権を他人にゆだねるのではなく、自分で自分のことを真剣に考えて「自分の意志で」治療法を決めるということです。

 健康サロンでは、トランスフォーメーショナルコーチの手法を使った健康カウンセリングも承っております。
 がんだけでなく、お子様のアトピーや喘息、うつ病などのメンタル疾患など、「薬で抑えるのではなく根本原因から解決していきたい」という方は、お気軽にご相談くださいませ。健康カウンセリングのご予約はメール(info@vivalita.com)で承っております。
 また、クリニックでカウンセラーによるカウンセリングも行っております。健康サロンでのカウンセリングはハードルが高いという方は、カウンセラーによるカウンセリングをご利用いただければと思います。クリニックのカウンセリングはお電話(045-440-1177)で承っております。

ページの上部へ

 

16.05.25 カウンセリングで「病気」が治るのはなぜ?

 新しいカウンセリングシステムで導入している「トランスフォーメーショナルコーチ」によるカウンセリングは、精神的な症状が気になっていらっしゃる方だけでなく、不妊症や子宮筋腫などあらゆる「病気」の改善に有効な手法です。

 乳がんや子宮がんなどの、通常は薬による治療や手術を行わなければ治らないとされている「病気」でも、カウンセリングのみで異常が消えてなくなるケースもあります。

 このカウンセリング法の特徴は、次の2点です。

 1)病気だけでなく人間関係や人生の目標などあらゆるお悩みに対して対応が可能

 2)結果が出るのが早い

 通常のカウンセリングでは、ただお話を伺って「共感」して終わりというケースもあるのですが、トランスフォーメーショナルコーチのカウンセリングは「どうすれば望んでいる変化が起こせるか」ということにフォーカスして、どんどん介入していきます。なぜ、今は「望んでいる結果が得られていないのか」を明らかにし、「どうすれば望んだ結果が得られるか」を具体的にアドバイスしていく方法です。

 なので、クライアントさんに変化が起きるスピードも早く、例えば、なかなか妊娠しないとお悩みだった方が1回のカウンセリングを受けただけでご妊娠されたりといったケースもありました。

 よく、「カウンセリングを受ける意味があるのかがわからない」という方もいらっしゃいますが、トランスフォーメーショナルコーチのカウンセリングは受けていただけばすぐに効果が実感できると思います。今の自分のままでいたい方や、心の奥底では「変化を望んでいない」方には、お勧めしません。

 もしあなたが、今の状態から「望んだ状態」に変化していきたいと強く望んでいるのであれば、カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

 いきなり本格的なカウンセリングを受けることに抵抗がある場合は、体験セッションも承っております。カウンセリングをご希望の方は、お電話でお問い合わせくださいませ。

  予約専用電話:045-440-5577

 

ページの上部へ

 

16.05.20 なぜカウンセリングは「自費」なのか?

 クリニックでは、お薬での治療には抵抗がある方や、薬よりもむしろカウンセリングが必要と思われる方に、カウンセラー又は医師によるカウンセリングやセッションをご案内させていただいております。

 よく、「カウンセリングには保険が効かないんですか?」というご質問をいただきますが、カウンセリングには現時点では保険が適応されていません。これは厚生労働省が「どんな検査や治療に何円の値段をつけるか」を決めているのですが、「お話しするだけ」に対しては値段をつけてくれていないからです。つまり、カウンセラーや医師がいくらお話ししても、厚生労働省はそれを「治療」とは認めていませんよ、ということです。

 なので、現時点ではカウンセリングを保険で受けることはできず、すべて自費になります。カウンセリングを含めた医療行為はボランティアではありませんので、カウンセリング料金は内容と効果に見合った必要な料金を頂戴しております。

 保険適応の薬をずっと飲み続けて治療を行うのも一つの選択ですし、自費のカウンセリングを受けて「薬がなくても健康を取り戻せる自分」になるのも選択の一つです。どちらが正しいとか、おすすめというものではありません。もしあなたが、一生病気に悩まなくて済む状態を目指したいのであれば、トランスフォーメーショナルコーチによるカウンセリングを受けてみるとよいと思います。

ページの上部へ

 

16.05.07 カウンセリング料金改定のお知らせ

 3月から3名のトランスフォーメーショナルコーチの方にカウンセリングを担当していただいております。

 カウンセリングの所要時間と料金が、担当カウンセラーによって異なっておりましたが、システムがわかりにくいというご意見もあり統一させていただくことになりました。

   体験セッション(30分) 5000円

   カウンセリングセッション(120分) 20000円

 トランスフォーメーショナルコーチの特徴は「結果が出るのが早い」という点です。1回のセッションでご妊娠なさった方もいらっしゃいます。

 精神的なお悩みだけでなく、妊娠希望の方や夫婦関係や職場の人間関係を変化させたいという方にもお勧めです。

 当院に通院中の方でなくても、セッションだけを承ることも可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

  お問い合わせ・ご予約はこちら 045-440-5577

ページの上部へ

 

16.05.03 子どもの病気とフードアレルギー

 クリニックでは遅延型フードアレルギーの検査を行っていますが、この検査を行う目的は「食べてはいけない食品を見つけること」ではありません。もちろん、体に「合う合わない」はありますから避けた方がいい食品を把握しておくことも重要です。

 でも、検査で陽性反応が出た食品を「一生食べないようにする」のではなく、検査の結果から現在の腸内環境を推測して、その腸内環境を改善していくための治療を行うことが、この検査の目的なのです。

 実は、私の長女も遅延型アレルギーがあります。原因不明の蕁麻疹が突然出るようになったので検査をしてみたところ、ほとんどの食品に陽性反応が出てしまいました。特に、卵・小麦・乳製品には強い反応が出ていたので、半年を目安に私と同じ除去食を心がけました。ただ、子どもの場合食べる楽しみをなくさないように工夫が必要です。また、保育園でお友達と違うメニューを食べるのは本人の心理的負担になると思われたので、保育園では普通にみんなと同じものを食べていました。

 さらに、腸内環境を整えるために必要なサプリメントを飲ませました。まだカプセルが飲めないので、色んなものに中身を混ぜてみてどれが一番の見やすいかを試行錯誤した結果・・・乳酸菌も消化酵素も「いちごジャム」ならなんとかイケることが分かり、ジャムにサプリメントを混ぜて根気よく飲ませ続けました。

 本当は、ターメリックが入った腸の壁を修復するサプリメントもとって欲しかったのですが、カボチャのペーストに混ぜてもカレーに混ぜてもどうしても食べてくれず、このサプリは断念。

 約半年間継続したところ、蕁麻疹は全くでなくなり、いつもお尻や背中をボリボリ引っ掻いていたのが、痒がることがなくなりました。さらに、風邪をひきにくくなって、ちょっと鼻や咳が出てもすぐに治るようになってきたんですね。これは、腸内免疫が正常に機能し始めたからだと思われます。

 もともと遅延型フードアレルギーの検査は、小児科の分野で注目され始めました。それは、多動や自閉症とフードアレルギーが関連していることが分かってきたからです。もし、お子さんの喘息・アトピー・多動などでお悩みでしたらお気軽にご相談ください。フードアレルギーの検査だけでなく、サプリメントやカウンセリングで「薬が必要なくなる」状態に戻ることが可能です。

 検査はクリニックで承っておりますが、健康相談やサプリメントのご紹介は健康サロンで行っております。いずれも予約制となっておりますのでまずはお電話かメールでお問い合わせくださいませ。

    お問い合わせ先 045-440-5577  info@vivalita.com

ページの上部へ

 

15.06.23 生理を早めたり遅らせたりするには? 

  毎年ゴールデンウィーク前と夏のレジャーシーズン前と年末年始の時期には、「生理の日をずらしたいんです」とおっしゃる方が増えます。せっかくの旅行やレジャーに、月経が重なったら嫌ですものね。そろそろ夏のレジャーシーズンが近づいてきたのか、最近連日で月経移動の方を拝見しています。

 月経をずらす方法はふたつあります。月経を予定より早く来させるか、予定の後に来るように遅らせるかです。

 月経を早めたい場合、ずらしたい月経の前の月経5日目から約14日間中用量ピルを服用します。例えば、7月18日~20日に予定があって、6月20日から月経が来ているのであれば、6月24日~7月7日の14日間服用します。すると、7月10日か11日くらいに月経が来て、ちょうど予定がある頃には月経が終わっていることになります。

 月経を遅らせたい場合は、ずらしたい月経の予定日1週間前から、月経が来ていい日の2日前まで中用量ピルを服用します。上記のパターンで、月経予定日が7月19日だとしたら、7月12日から7月18日まで服用することで、月経が7月21日以降にずらせるというわけです。

 元々の月経周期が短めの方は、月経を早める方法がとれない場合があります。早める方法の方が、旅行などの予定がある期間中に薬を服用しなくていいですし、月経直後のスッキリした状態で予定予定の日を迎えられるというメリットがあるのですが、十分に早めきれなくて月経の終わりごろが予定と重なってしまう危険性もあります。

 月経を早めた方がいいのか遅らせた方がいいのかは、月経周期や予定の期間によっても異なりますので、処方時に医師と相談するといいでしょう。また月経不順で次の月経がいつ来るのか全く読めないという場合は、予定がある1か月くらい前に受診しておくと、ある程度どのようなパターンにも対応できます。

 月経移動に使うのは中用量ピルですから、低用量ピルよりも吐き気やむくみなどの副作用が出る可能性があります。また、高度な肥満がある方やヘビースモーカーの方には処方できない場合もあります。月経移動を希望する場合は、せめて処方時から服用中は禁煙することをお勧めします。

 

ページの上部へ

 

13.10.13 遅延型フードアレルギー検査をご希望の方へ

  テレビ番組で紹介された影響なのかもしれませんが、ここ数日遅延型フードアレルギー検査についてのお問い合わせを多数いただいております。

 検査をご希望の場合は、お電話でご予約いただき、検査当日は採血を行って後日結果をご説明させていただく流れになります。

 検査結果はご郵送させていただくことも可能です。

 料金は、初診料3150円と検査料28000円がかかります。

 ただ、この検査は受けるだけでは意味がなく、結果に異常があった場合にどのようにそれに対して食事や日常生活を改善していくかの方が重要です。

 アレルギー反応が強く出ている食品を除去することも必要な場合がありますが、単純に特定の食品を除去するだけでなく、腸内の免疫力を高めるようなサプリメントを併用したり、食べ方や日常生活の過ごし方も改善していった方がいいケースもあります。

 どの食品をどの程度除去すればいいのか、サプリメントの活用法や生活改善のアドバイスなどをさせていただくのが「フォローアップ外来」です。

 結果に異常があった方は、ぜひフォローアップ外来をご活用くださいませ。

 フォローアップ外来についてはこちらをご参照下さい。http://www.vivalita.com/service.html

ページの上部へ

 

12.06.11 加圧とエステで人生最後のダイエット

薄着の季節が近づいてきたせいか、最近加圧ジムとエステルームのコラボメニューへのお問い合わせが増えてきています。
私自身も、1年前に産後の体形戻しのために、加圧トレーニングとアクシダームの施術を集中的に行いましたが、おかげですぐに妊娠前の服が着れるようになりました。

ダイエットに王道なしといいますが、やはり基本は食事の改善と定期的な運動です。
加圧トレーニングは、小さな負荷で短時間で効率よく筋肉が鍛えられるので、リバウンドしにくい体作りにはとても有効です。特に、週1回でも十分効果が期待できるので、忙しい私にとってはありがたいツールですね。
先日ご紹介したダイエットプログラムでは、しっかりとした食事改善もできるので、リバウンドしにくい食習慣が身につきます。

それに加えて、アクシダームで落としたい脂肪だけを狙って燃焼させることができるので、ダイエット効果が早く実感できます。
私の場合、体重は産後すぐに戻ったのですが、下腹部のたるみはなかなか戻らず・・・アクシダームで下腹部を集中的にお手入れしてもらい、さらに腹筋を中心としたトレーニングで妊娠前のウエストを取り戻しました。

加圧トレーニングとアクシダームとダイエットプログラムによる食事改善をあわせれば、きっと人生最後のダイエットに成功できると思います。
ご興味のある方はこちらをごらんいただくか、お電話でお問い合わせくださいませ。

ページの上部へ

 

12.05.27 必ずやせるダイエットプログラム

 クリニックでは、「薬に頼りたくない」「自分で体調をメンテナンスできるようになりたい」といったご要望にもお応えできるように、各種サプリメントのご紹介も行っています。
 今回、これまで扱ってきたアメリカのサプリメント会社が、新たに肥満治療のために開発したダイエットプログラムを導入することになりましたので、ご紹介させていただきますね。

 クリニックに新たなお化粧品やサプリメントなどを導入する場合、必ず私自身が数ヶ月試して、効果を確認してから導入することにしています。
 なので、今回のダイエットプログラムも、2ヶ月前から自ら「実験」してその効果をしっかり体感しました。プログラムは3ヶ月がひと単位なので正確には、まだ効果を体感している途中なのですが。

 私は、それほど体重を落とす必要はなかったのですが、それでも2ヶ月間で約3キロ減量でき、しかも筋肉量はほとんど変わらずに体脂肪率がぐんぐん下がっていきました。
 うれしいことに、ウエストやヒップなど、やせたいところからお肉が落ちていくんです。
 産後に、体重はすぐに戻っても、ウエストサイズは完全に妊娠前の状態には戻っていなかったのですが、この2ヶ月で見事妊娠前のウエストに戻ることができました。

 しかも、単純に体が軽くなるだけではなく、胃や膵臓にも負担がかからないので、とても身軽に過ごせます。
 通常カロリーを控えるダイエットをすると、代謝が落ちたり疲れやすくなったりするものですが、このプログラムですと逆に代謝があがって体力が増すんですよ。

 その秘密は、食事のコントロールの仕方と併用するサプリメントにあります。代謝が落ちやすい時期に代謝を改善させ、落としたい部分の脂肪燃焼を促すサプリメントを併用するので、本当にやせたいところからやせていくという感じです。
 このプログラムをきちんと実践すれば、確実にやせられます。
 大幅な減量が必要な方や、健康的な食習慣を身につけたい方にはとってもお勧めのダイエットプログラムです。

 ダイエットプログラムを試してみたい方はお気軽にクリニックまでお問い合わせくださいませ。

ページの上部へ

 

11.08.26 子宮頸がん4価ワクチン「ガーダシル」入荷しました

 本日発売された、子宮頸がん予防の4価ワクチン「ガーダシル」ですが、先ほど入荷しました。
 接種手続きの準備などもございますので、ガーダシル接種のご予約は、8月29日(月)から承ります。

 ガーダシル接種ご希望の方は、お手数ですが診療時間内に予約専用電話(045-440-5577)までお電話下さい。
 なお、入荷数には限りがございますので、事前予約を頂いていない患者様につきましては先着順とさせていただきます。あらかじめご了承下さいませ。

ページの上部へ

 

11.07.01 診療にかかる費用の目安

 初診時に価格についてお問い合わせいただくことも多いため、保険診療を行った場合の費用の目安を作りました。

 自費診療に関する価格表は、こちらをご覧下さい。

 費用の計算方法は、初診料又は再診料と各検査や処置の費用を合計し、ご自身の保険の負担額の割合をかければ概算が出せます。
 ただ、どの検査を行うかは症状や年齢によって異なりますので、だいたいの目安としてご参照下さい。

 初診料 2700円
  再診料 700円
  子宮頸がん検査 3400円(横浜市のがん検診の場合は自己負担額1360円)
  子宮体がん検査 6700円(横浜市のがん検診の場合は自己負担額2630円)
  超音波検査 5300円
  おりものの検査 2800円
  クラミジア検査 3600円
  クラミジア・淋菌同時検査 4500円
  ホルモン検査 6700円
  貧血検査 3250円
  コルポスコピー検査と組織診 14400円
  膣洗浄+カンジダ治療薬の投薬 870円
  膣洗浄+細菌治療薬の投薬 550円
  薬の処方 680円

 例えば、保険が3割負担の方が生理不順で初めて受診した場合、超音波検査とホルモン検査を行ってお薬の処方があれば、(2700+5300+6700+680)×0.3=約4800円になります。
 他にも検査をしたり、ピルの処方をすればその分費用はかかりますので、初診時はだいたい3000~10000円くらいの心づもりでいらしていただければ大丈夫です。

ページの上部へ

 

11.05.12 横浜市の子宮頸がん検診無料クーポン

 横浜市にお住まいで20歳以上の方は、2年に1回市の補助を使って子宮頸がん検診を受けることができますが、それ以外に5年間隔で無料クーポンが使えることになっています。

 平成22年4月の段階で、20歳・25歳・30歳・35歳・40歳だった方には、「子宮頸がん無料クーポン」が横浜市から届いているはずです。
 本来は、無料クーポンの使用期限は年度末、つまり現在お手元にあるものは「平成23年3月末」までしか使えないのですが、震災の影響で3月に受診できなかった方のために今月末まで期限が延長されています。
 お手元にクーポンがまだあるという方は、せっかくの機会ですのでお早めにご利用下さいませ。

 また、平成23年4月の段階で上記の年齢になっている方には、今年度中に無料クーポンが届くはずなのですが、クーポンが届くまでの間に検診を受けたいという方もいらっしゃいますよね。
 クーポンが発送されるまでの期間は、お手元にクーポンがなくても該当年齢の方は無料で子宮頸がん検診を受けることができます。
 詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 

ページの上部へ

 

11.04.16 治療目的でのミレーナ活用法

 子宮内避妊具であるミレーナは、ピルと同等かそれ以上の非常に高い避妊効果を得られるというのが一番の特徴ですが、それ以外にもうひとつ月経が軽くなるという「副効用」があります。
 ピルも、服用していると月経量が減って痛みも軽くなることが多いので、月経痛の治療目的でよく使われますが、ミレーナも同じように治療のために使うこともできるんですね。

 例えば、子宮腺筋症で毎月月経量がとても多い場合に、ミレーナを挿入する事で月経を軽くしたりほとんど来なくさせる事ができます。
 タバコや年齢の制限でピルが飲めない方や、ピルだと副作用がでてしまうという方で、自然分娩をされた事のある方はミレーナによる治療を検討してみてもいいかもしれません。
 
 ピルと同様に保険が使えないため自費での治療になりますが、一度挿入すれば5年間有効なので、長い目で見ると治療費はピルよりも負担が少なくて済みます。
 毎日服用するわずらわしさもなく、出血のコントロールがうまくいけば非常に快適になるため、挿入した方は皆さん「楽になった」とおっしゃいます。

 ただ、子宮筋腫などで子宮内腔の変形が強い場合などは、ミレーナの挿入そのものが難しい場合もありますので、事前に超音波で確認する必要があります。
 治療目的でミレーナを希望される場合も、避妊目的の場合と同様の手順になりますので、詳しくはお電話でご確認下さいませ。
 

ページの上部へ

 

11.04.09 コルポスコピー検査と組織診

 子宮頸がん検査で異常が出た場合、次の段階の検査として「コルポスコピー検査」と「組織診」を行うことがあります。
 これらの詳しい検査が必要になるのは次のような場合です。

  *クラスⅢaが2回以上続いている
  *クラスⅢb・クラスⅣ・クラスⅤだった
  *細胞診の結果がASC-USでHPVハイリスクタイプ陽性だった
  *細胞診の結果がASC-H・LSIL・HSIL・SCCだった

 コルポスコピー検査というのは、子宮の出口(頸部)を望遠鏡のような機械で拡大して観察する検査です。
 酢酸というお酢をしばらくつけると病気の部分が白っぽく浮き上がって見えてくるので、これをアップで観察してより病変が強い場所がどこなのかを特定します。
 観察するだけなので痛みはありません。

 組織診は、病変が強いと思われる部分をとりのくちばしのような形をした器具でかじり取る検査です。
 子宮の出口は、ちょうど穴の小さなちくわを穴側から見た感じといえばイメージしていただけますでしょうか。膣側から見ると丸い形をしています。
 コルポスコピー検査で最も病変が強い部分を特定して、怪しいと思われるところを2~3箇所採取するわけです。

 組織をかじり取るので多少の痛みを伴いますし出血もします。特に炎症が起きていたり病変が進んでいると出血が多くなる場合があります。
 たいていは検査後1週間程度で止血しますが、検査当日は運動や入浴は控える必要があります。性交渉は出血がなくなるまで行ってはいけません。

 当院でコルポスコピー検査と組織診をご希望の場合は、月経期を避けて受診していただければ当日検査が可能です。
 大体1~2週間後に結果をご説明させていただいております。
 詳しくはご予約の際にお電話でご確認下さい。

ページの上部へ

 

10.12.13 超低用量ピルヤーズについてよくある質問

 11月16日に「ヤーズ」が発売されて約1ヶ月がたちましたが、クリニックでもすでに20人近い方に処方させていただいてます。
 今のところ、吐き気などの副作用が強くて飲めないという方はいらっしゃいませんが、やはり超低用量でも多少胃がムカムカすることもあるようです。1シート目は少量の不正出血が続いたという方は何人かいらっしゃいますね。

 ヤーズについて、割とよく頂く質問についてまとめてみましたのでご参照下さい。

Q:いつから飲み始めたらいいのですか?
A:基本は月経初日からです。月経初日が過ぎている場合、月経開始から1週間以内であれば飲み始められます。低用量ピルからの移行の場合は、偽薬を飲み終わった次の日又は休薬8日目からヤーズを飲み始めます。

Q:他の薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
A:低用量ピルと同様に、一般の風邪薬や痛み止めやサプリメントなどは、一緒に飲んでも大丈夫です。

Q:避妊効果はありますか?
A:飲み忘れや飲み遅れが全くなければ、低用量ピルと同等の避妊効果が得られます。飲み忘れた場合は避妊効果が不確実になります。低用量ピルと比べて含まれているホルモン量が少ない分、飲み忘れに対してはより厳密に注意する必要があります。

Q:タバコを吸っていても飲めますか?
A:低用量ピルと同様に、1日の喫煙本数が15本以上の方は減煙又は禁煙の必要があります。また、40歳以上の喫煙者の方は、禁煙してからの服用をお勧めします。

Q:40歳以上でも飲めますか?
A:40歳以上でもタバコを吸わず、高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満などの血栓症リスクがなければ必要に応じて処方は可能です。ただし、月経痛や過多月経などの症状がある方に限られます。閉経後の方や更年期障害の治療目的で処方する事はできません。

Q:低用量ピルから変更したほうがいいですか?
A:避妊目的の方や低用量ピルで特に副作用を感じていない方は、ヤーズに変更する必要はありません。低用量ではむくみ・吐き気などの副作用が強くて服用が難しかった方や、月経困難症の治療目的の方はヤーズに変更してみるといいでしょう。

Q:低用量ピルより安くなりますか?
A:ヤーズ1シートの薬価が約6900円なので、保険が3割負担の方の場合、薬そのものの代金と薬局での調剤料を合わせると1シート約2400~2500円になります。なので、3割負担の方は低用量ピルの方が安い場合もあります。保険が0割や1割負担の方は、ヤーズの方が自己負担額は低くなります。

Q:まとめて処方してもらえますか?
A:新しく発売された薬なので、発売後1年間は1か月分(1シート)ずつしか処方する事ができません。

ページの上部へ

 

10.12.10 メディカルアロマで冷え性対策

 クリニックでは、エステルームでのアロママッサージやアロマオイルの「マイボトル」の販売など、アロマセラピーも積極的に取り入れています。
 「更年期の肩こりが辛くて・・・」という患者様や、「元々アロマが好きで使っていたけれど妊娠したのでどのオイルを使ったらいいのか相談したい」という患者様にも御好評頂いてます。
 
 先日も、生理痛がひどくて冷え性もあるけれど、ピルなどの薬はできるだけ使いたくないという患者様がいらっしゃったので、漢方で体質改善をすると同時に、アロマオイルでのセルフケアをお勧めさせて頂きました。
 その日のうちに、早速マイボトルをご購入いただいたようです。
 アロマセラピストである関本さんが、患者様のご要望を伺いながらオリジナルブレンドを調合してくれるので安心してご紹介できるんですよ。

 アロマセラピーは、更年期の自律神経症状やPMSの精神症状や冷え性・皮膚の乾燥など、女性特有の症状に結構広く活用できます。
 アロマと聞くと「いい香りを楽しむ」というイメージが強いと思いますが、香りは嗅覚神経を通って直接脳に働きかけるので、案外侮れないんですよ。
 香りだけでなく、オイルでマッサージをすれば皮膚から吸収された成分が血液の流れをよくしたり体を温めたりしてくれます。

 寒いこの時期は、足湯や入浴の時に冷えに効くアロマオイルを使ったり、寝る前に血行をよくするオイルで足元をマッサージしたり、セルフメンテナンスにも色々活用できます。
 ご興味のある方は、お気軽にご相談くださいね。

ページの上部へ

 

10.12.06 毛髪ミネラル検査でセルフケア

 今日は、検査会社「ら・べるびぃ」さんにクリニックで取り扱っている「毛髪ミネラル検査」の勉強会をしていただきました。
 毛髪ミネラル検査は、髪の毛に蓄積されたミネラル成分を分析する事によって、有害なミネラルが体にたまっていないか、必要なミネラルが不足していないかを調べる検査です。

 有害なミネラルとは、鉛・水銀・カドミウム・砒素・アルミニウム・ベリリウムの6種類です。
 水銀による水俣病やカドミウムによるイタイイタイ病は有名なのでご存知の方も多いと思います。それ以外にも、アルミニウムとアルツハイマー病との関連や、有害金属の蓄積と疲労感やイライラ・うつといった精神症状が関係あるのではないかという指摘もあります。

 日本人は海外の方に比べて水銀の蓄積が多いのは有名ですが、これは魚の摂取量が多いためや歯の詰め物に水銀が含まれているせいだと言われています。
 最近は厚生労働省が妊娠中の女性に向けて、水銀の摂取量が多くなってしまう大型の魚を食べ過ぎないように注意を促したりしていますよね。魚に含まれるよい栄養素もあるので、妊娠中に全く魚を摂らないというのもお勧めできませんが、マグロやキンメダイなどの魚は食べ過ぎないようにした方がベターです。

 私も以前、妊娠を目指す前にチェックしておこうと思って毛髪ミネラル検査をしたところ、水銀と砒素のレベルが「やや高め」という結果でした。
 非常に交通量の多い大きな道路に面したお部屋に住んでいたことや、歯の詰め物を全て水銀が含まれていないものに変えてもらうために昔に詰めた金属製の詰め物を削って外してもらった事などが影響したのではないかと思われます。
 1ヶ月間しっかりデトックスサプリを飲んで、有害金属を追い出す働きを持っているミネラルを補ったところ、2回目の検査では水銀も砒素も数値がしっかり上がっていました。

 デトックスしたのに数値が上がるの?と疑問に思われるかもしれませんが、実は髪の毛は排泄器官のひとつなんです。なのでデトックス直後に再検査をすると、排泄された有害ミネラルが髪の毛にも出て行くので一時的に数値が上がるんですよ。
 これはきちんとデトックスできているという証拠なので心配ありません。

 クリニックでは、毛髪ミネラル検査を受けられるだけでなく、デトックスサプリやミネラル補充のサプリの販売も行っています。
 「普段サプリメントは飲んでるけど、必要なミネラルは足りてるんだろうか・・・」「有害ミネラルが蓄積していたら何だか怖いな」といったご心配がある方は、お気軽にご相談くださいね。

ページの上部へ

 

10.11.29 メディカルエステで冬の乾燥肌対策を

 段々冬らしい風が吹いてくるようになりましたね。
 この季節は、空気が乾燥しているのに加えて暖房による乾燥も加わるので、お肌はどうしてもカサカサしがちです。
 しかも、冷えた体を温めるのについつい熱めのお風呂につかりたくなってしまいます。

 お肌の油分がたっぷりある10代の頃なら、熱めのお湯に肩までつかったり、お風呂の中で洗顔しても大丈夫なのですが、潤い不足になりやすい30歳以上のお肌にはちょっと危険なことも・・・
 できればお湯の温度は湯冷めしない程度のややぬるめにして、デコルテや首はお湯につからないようにした方がベターです。洗顔は入浴前にクレンジング+お水で済ませて、入浴中もできるだけ顔にはお湯をかけないのが乾燥からお肌を守るポイント。
 乾燥がかなり強いという人は、入浴前に保湿用のクリームやワセリンなどでしっかりお肌を保護してから入ると、入浴中にどんどん水分が失われるのを防ぐ事ができます。

 ちょっとしたお手入れの工夫だけでもお肌の調子は随分よくなることが多いのですが、日頃のお手入れでリカバリーしきれなくなったら、メディカルエステでスペシャルケアをお勧めします。
 先日、むくみ対策にアロマオイルを調合してもらったのですが、お風呂上りに足だけでなくボディにも一緒に塗ってマッサージしていたら、全身がとってもしっとりしてきました。
 クリニックでは、アクシダームという医療機器で美容成分を浸透させた後、アロママッサージを行っています。木枯らしに負けない潤い肌を作りに、よかったらエステルームにいらしてくださいね。

ページの上部へ

 

10.11.01 子宮頸がんとHPV感染

 子宮頸がんの検診で異常が出た方の中には、HPV検査を希望される方もいらっしゃいます。
 検診の結果が「ASC-US」だった方は、HPVハイリスクタイプの検査が保険でできますが、それ以外の結果の方は自費での検査になります。

 また、HPVのどのタイプに感染しているかを調べることで、今後持続感染するリスクや子宮頸がんに進んでいくリスクをある程度予想することができるので、タイピング検査を希望なさることもあります。
 HPVタイピング検査は、約15種類あるHPVハイリスクタイプの感染の有無を調べる検査です。自費の検査になるので、12600円のご負担が必要になりますが、16型と18型に感染しているかどうかも確認できるため、今後ワクチンを打って明らかに効果が期待できない方を判別することが可能です。

 子宮頸がん検診で異常が出ていても、治療が必要な段階までは進んでおらず、HPV16型か18型に感染さえしていなければワクチンを打つ意味はゼロではありません。
 検診で異常が出てしまったからワクチン接種をどうしようか・・・と迷っていらっしゃる方は、まずタイピング検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 HPVは一度感染しても多くは持続感染せず自然に活動が抑えられていきます。HPVのタイプによって持続感染しやすいものと活動がおとなしくなりやすいものがありますが、ウイルスの活動が制御されればHPV検査は「陰性」になりますし、子宮頸がん検査の結果も正常化していくことが多いですね。
 いったん感染したHPVを治療する薬はありませんので、自分自身の免疫力を高めて、持続感染・再感染を防ぐしかありません。

 HPVは、性交渉の経験がある女性の8割が一生に1度は感染するといわれているくらい非常にありふれたウイルスです。10代や20代前半の感染率はほぼ50%というデータもあるくらいです。
 性交渉の開始年齢をできるだけ遅くしたり、コンドームで予防を心がけることはとても大切ですが、100%予防する方法は感染前のワクチン接種以外にないのが現状です。

 子宮頸がんの検査で異常が出てHPV感染が心配・・・という方は、お気軽にご相談下さいね。

ページの上部へ

 

10.10.26 超低用量ピル「ヤーズ」の発売日

 今日はメーカーさんにお願いして来月発売される超低用量ピル「ヤーズ」について、クリニック内の勉強会を行いました。
 調剤薬局の薬剤師さんにも参加していただいて、スタッフみんなでヤーズの特徴について勉強です。

 メーカーさんから発売日は11月16日と伺っていたので、調剤薬局さんに納入のタイミングを確認したところ、発売日の午後には入荷できる見込みとのことでした。
 なので、クリニックで「ヤーズ」を処方させていただくのは、11月17日以降になる予定です。

 新しく発売されるお薬なので、最初の1年間は1ヶ月分ずつの処方になります。
 ヤーズを処方するために特別な検査は必要ありませんが、内膜症などの月経痛の原因となる病気がないかどうかは確認する必要があります。

 ヤーズの処方をご希望の方は、11月17日以降の予約をおとり下さいね。

ページの上部へ

 

10.10.19 不妊が心配な時はまずご相談下さい

 「不妊の相談」にいらっしゃる患者様には、すでに妊娠を目指してから2年以上たっている本当の「不妊症」の方と、まだ妊娠を目指し始めて間もないあるいはこれから妊娠を目指したいのだけど「何となく不妊症じゃないか心配」という方がいらっしゃいます。
 どちらの場合も、まずは不妊症の基本的な検査を行ってその後の治療方針を決めていきます。

 「不妊症」の定義に当てはまらなくても、より効率よく妊娠を目指したいと思ったら、早い段階で婦人科に行くのは選択の一つとしてありなんですよ。
 もちろん、30歳以下でまだ年齢的にそれ程あせる必要がない方の場合、月経が順調で特に婦人科の病気をしたことがなければ、まずは基礎体温をつけながら1年くらい自然に任せても全然問題ありません。
 人によっては、病院で検査を受けたり、排卵の時期のタイミング指導を受けたりすること自体がプレッシャーになってしまうという方もいらっしゃいますからね。

 ただ、一度も婦人科検診を受けたことがない方や、月経不順の方は、妊娠したいなと思ったら一度はきちんと検査を受けておいた方が安心です。
 また、35歳以上の方は、「自然」にこだわりすぎるあまり1年や2年を無駄に過ごしてしまうということはできれば避けた方がいいでしょう。

 不妊の相談をしたからといってすぐにあれこれ治療をしなければいけないわけではありません。
 検査で大きな異常がないかを確認し、タイミング法だけで様子を見れそうなのか、排卵誘発剤を使った方がいいのかなどの「見通し」を立てていくことが大事なんです。

 いきなり検査をしたり、治療の選択をするのはちょっと・・・でも、不妊症について気になる、という方には「不妊カウンセリング」も行っています。
 不妊カウンセリングは、不妊症の検査や治療にはどのようなものがあって、どういったタイミングで何を行っていったらいいのかをお話しする特殊外来です。
 お話しのみの場合自費診療になりますが、まずは話だけ聞きたいという場合もお気軽にご相談くださいね。

ページの上部へ

 

10.10.15 妊婦健診でマタニティアロマはいかが?

 来週からクリニックでも妊婦健診を承ります。
 けいゆう病院で分娩予約をとっていらっしゃる、合併症のない方に限らせていただいておりますが、連携の取れる他の病院で分娩予約をおとりの方についても順次検討させていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 妊婦健診開始に伴って、エステルームでのマタニティアロママッサージを開始しました。
 妊婦さんにも使える精油のみを用いて、お腹に負担のかからない姿勢でマッサージさせていただきます。
 妊娠中の肩こり・腰痛・むくみなどの解消にぜひご利用下さい。
 当院で妊婦健診を受けていらっしゃらない妊婦さんでもOKです。

  マタニティアロママッサージ20分 2730円
  マタニティアロママッサージ40分 5250円
 
 エステルームの営業時間は11時~19時になります。
 ご予約・お問い合わせは予約専用電話におかけ下さい。
  045-440-5577

ページの上部へ

 

10.10.08 20代のPMS(月経前症候群)の方へ

 PMS(月経前症候群)は、排卵後から月経までの期間に、頭痛・めまい・むくみ・イライラ・集中力の低下・気分の落ち込みなど様々な症状が出る病気です。
 最近はお仕事でストレスが多くなっているせいか、20代の方でもPMSで悩まれる方が増えているようです。

 PMSの方は、単純に体調が悪くなるだけというより、何らかの精神症状も伴うことが多く、カウンセリングが有効なことが多いため、クリニックでは「PMS外来」として心理カウンセラーと連携した診療をご提供しています。
 医師によるPMSの診断やピル・漢方などによる治療のご提案の後、心理カウンセラーがゆっくりお話を伺って、根本的な原因を探っていきます。

 PMSの原因はまだはっきり解明されていませんが、ストレスや栄養の偏りなど、生活習慣によって症状を悪化させていることも多いんですね。
 まずは、今困っていらっしゃる症状についてゆっくりお話を伺い、ストレスの軽減方法や日常生活の改善方法をアドバイスさせていただきます。

 通常のPMS外来は、1時間ゆっくりお話を伺うため、1万円の料金がかかりますが、患者様の中には金銭的ご負担の関係でPMS外来を受けたいのに二の足を踏んでしまうという方もいらっしゃいました。
 そこで、20代の方にもっと気軽にカウンセリングをご利用いただけるよう、「プレPMS外来 5000円(税別)」を新設させていただきました。
 通常のPMS外来と同様、まずは医師が診断させていただき、その後心理カウンセラーによるカウンセリングを30分受けていただくことができます。

 生理前のイライラをどうにかしたいのに抑えきれない、集中力が極端に落ちて仕事にならない、などでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいませ。

ページの上部へ

 

10.10.04 子宮内避妊具・ミレーナの挿入価格

 子宮内避妊具(IUD) の挿入にかかる費用のお問い合わせが増えてきましたので、価格表をアップします。

 子宮内避妊具は、ミレーナとそれ以外で費用が異なります。
 ミレーナの方が1回にかかる費用は高くなりますが、入れ替えまでの期間が5年間と、ほかの子宮内避妊具に比べて長く入れておけるため、年間の費用に換算するとご負担は少なくなります。

 挿入及び入れ替えの費用には、確認のための超音波検査及び感染予防の内服薬の代金が含まれます。
 この他に、初診料または再診料がかかりますので、詳しくはお電話でお問い合わせ下さいませ。

<ミレーナ以外の子宮内避妊具>
   挿入のみ   31,500円
   取り外しのみ 10,500円
   入れ替え   39,900円

<ミレーナ>
   挿入のみ   71,400円
   取り外しのみ 10,500円
   入れ替え   79,800円 

ページの上部へ

 

10.10.02 妊婦健診を始めます

 近隣にお住まいの方から、妊婦健診についてのお問い合わせ及びリクエストを多数頂きましたため、10月18日より当院でも妊婦健診を開始することになりました。

 ただ、クリニックでは夜間・休日の対応ができませんので、当面は連携先であるけいゆう病院で分娩予約をおとりになった合併症のない方のみを対象とさせていただきます。
 けいゆう病院以外で分娩予約をおとりの方に関しましては、順次受け入れを検討していきたいと思います。

 妊婦健診の予約枠は、月曜日の11時~12時です。健診受診をご希望の方はお電話でご予約下さい。
 「妊婦健診」の枠でご予約いただくのは、妊娠14週以降の方になります。妊娠4週~13週の方は、通常の婦人科診察枠でご予約を承りますので、詳しくはお電話でご確認下さい。

 妊婦健診の料金は全て自費になります。
 下記は週数に応じた料金の目安ですのでご参照下さい。

  4~9週  初診の方8400円・再診の方6300円
  10~11週 クラミジア検査を行った場合10500円
  12~13週 妊娠初期の採血を行った場合18900円
  14~31週 妊婦健診のみ(尿検査・血圧体重測定・ドップラー・超音波検査)5880円
  28~29週 妊娠中期の採血を行った場合9030円
  

ページの上部へ

 

10.09.30 クリニックのアロマを気軽に試したい方へ

ワンコインアロマボトルブレンド始めました

 メディカルアロマの資格を持つナースとアロマセラピストでもあるエステティシャンが、あなたのためだけのオリジナルブレンドを調合いたします。

 アロマセラピーに興味はあるけれど、日常生活にどう取り入れていいのか分からないという方も結構いらっしゃいますよね。アロマポットや精油を買い揃えようと思ったらそれなりにコストもかかりますし、もっと気軽に試したいと思っている方も多いのではないかと思います。

 そこで、1~2週間お使いいただけるアロマオイルを、体調や香りのお好みに合せて調合し、マイブレンドとしてお渡しするワンコインアロマボトルを始めます。
 初回のみボトル1本300円をご購入いただくことになりますが、2回目以降はオイル代500円のみでその時の気分に合せたブレンドをお楽しみいただけます。

 色んな種類のアロマオイルを一通りそろえるのは大変だし、でも色んな香りも試したいし・・・
 そんな方は、ぜひお試し下さい。

 まずはサンプルで試してみたいという方には、お試しボトルもお渡ししておりますのでお気軽にスタッフにお声をかけてみて下さいませ。

ページの上部へ

 

10.09.27 禁煙外来でご相談下さい

 クリニックでは、禁煙外来も行っています。
 問診によってニコチン依存度を客観的に評価し、ニコチンを含まない禁煙補助薬を使って禁煙をサポートしていきます。
 禁煙補助薬は保険がききますので、治療開始から12週間という期間の制限はありますが保険で治療が可能なんですよ。

 1人では頑張りきることができなくても、医師や看護師のカウンセリングと補助薬のサポートによって、より確実に禁煙を行っていくことができます。
 治療効果を判定するために、呼気中の一酸化炭素濃度を測定しますので、努力の成果を数値で見られるのもモチベーションアップにつながります。

 とは言え、必ず必要になってくるのは「絶対に禁煙するぞ!」という患者様ご自身の決意です。
 女性の場合、将来の妊娠に備えて・これ以上お肌を老化させないために・卵巣が早く閉経を迎えないために・・・禁煙した方がいい理由はたくさんあります。
 はじめるのに遅すぎるということはありませんから、タバコ値上がりを機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

 禁煙外来受診をご希望の方は、ご予約の際に「禁煙外来希望」とお伝えくださいませ。
 

ページの上部へ

 

10.09.26 子宮頸がんワクチン

 昨年の12月から発売になった子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)ですが、当院でも結構お問い合わせを頂いています。
 接種される方の年齢層は20~30代の方が中心ですが、できれば10代の方にもっと広まって欲しいところですね。

 子宮頸がんワクチンについては、別ページでも詳しくご説明していますが、HPV16型と18型の2種類をブロックするワクチンです。この2種類が子宮頸がんの原因の6割を占めるため、ワクチンによって子宮頸がんのリスクを半分以下に減らすことができます。
 全てのHPVを予防できるわけではないので、例えワクチンを打っても、性交経験のある方は年に1回の子宮頸がん検診は必要です。

 ワクチンは「予防」のために接種するものなので、保険はききません。自治体によっては「公費負担」と言って、対象年齢を限定して自治体がワクチンの費用を負担してくれるところもありますが、対象年齢は12~13歳が中心のためそれ以外の年齢の方はいずれにしても自費での接種になります。
 接種費用は病院によって異なりますが、当院では1回17,000円で承っております。全部で3回の接種が必要なので、3回分を一括でお支払いいただく場合は、3回分で50,000円になります。
 詳しくはご予約の際にお電話でご確認くださいね。

ページの上部へ

 

10.09.25 針もメスも使わず痩身・美顔

 クリニックに導入している「アクシダーム」は針もメスも使わずに、脂肪を分解したり美白やリフトアップができるので、別名ノンニードルセラピーと言われています。
 弱い電流を皮膚の表面から流すことで、一時的に美容成分が皮膚の奥へ浸透していきやすくする美容機器です。

 例えば、美白成分の代表であるビタミンCは、ただ塗るだけよりもイオン導入の方がより浸透しやすくなると言われています。
 ところが、このイオン導入よりさらに多くの有効成分をより深い部分まで届かせることができるのがアクシダームなんですね。皮膚の2cmの深さまで届く割合がイオン導入で浸透させた場合5%なのに対し、アクシダームだと94%も浸透します。

 浸透させる成分を脂肪融解や血行促進効果のある溶液に変えれば、ウエストやヒップなどの部分痩せにも活用できる優れもの。
 クリニックでも、美顔と痩身の両方のコースをご用意させていただいています。

 アクシダームによる効果を実感するには1~2週間に1回コンスタントに施術を受けていただいた方がいいのですが、通常アクシダームの施術を受けるには3万円前後かかってしまうため、どうしても頻度よく受けていただく事が難しくなってしまいがちです。
 当院では、より効果を実感していただけるよう、1回の施術を2万円以下でご提供できるようにいたしました。
 ベーシックコースは、フェイシャル16800円・ボディ18900円です。

 夏のダメージを持ち越さないためにも、この時期にしっかりお手入れしておくことをお勧めします。
 アロマトリートメントのオプションメニューもご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

ページの上部へ

 

10.09.21 プラセンタ注射

 クリニックでは、プラセンタ療法を行っています。

 ヒト胎盤ホルモン=プラセンタは、肝炎や更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されているお薬です。定期的に注射することでこれらの病気に対して治療効果を期待することができます。

 また、病気の治療以外にも、疲労の回復や自己免疫疾患・アレルギー疾患の改善、美肌・アンチエイジングなどの美容効果が認められているため、広く活用されています。

 病気の治療の場合、保険適応になりますので、費用は普通の治療と同じように保険の範囲内で行います。ただ、プラセンタに保険が使える病名は限られていますので、厚生労働省が認可した病名の方以外は保険でプラセンタ療法を受けることができません。

 当院でも、保険適応以外の方には、自費でプラセンタ療法をご提供しています。

詳しくは、ご予約の際にお電話でご相談下さい。

ページの上部へ

 
プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー