性病 – 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

おりものの色や臭いが気になる時は

おりものの色や臭いが気になる時は

 おりものの臭いや色がいつもと違うな~と思った時に、一番気になるのはそれが受診せず放置しても問題ないものなのかどうかでしょう。おりものの異常のうち、カンジダや細菌による膣炎であれば、自然に治ることもあります。一 … “おりものの色や臭いが気になる時は” の続きを読む

日付:2018年9月1日  カテゴリー:性病

ページの上部へ

妊娠前に性感染症検査が必要なワケ

  今日は子どもたちを夫に託して、女性医療ネットワークの理事会と学会に参加してきました。学会は、主に不妊治療に関する内容のものですが、私が受講してきたセクションは最近の感染症の動向についてです。 2013年ごろ … “妊娠前に性感染症検査が必要なワケ” の続きを読む

日付:2017年3月27日  カテゴリー:性病

ページの上部へ

子宮頸がんとHPV感染

 子宮頸がんの検診で異常が出た方の中には、HPV検査を希望される方もいらっしゃいます。  検診の結果が「ASC-US」だった方は、HPVハイリスクタイプの検査が保険でできますが、それ以外の結果の方は自費での検査になります … “子宮頸がんとHPV感染” の続きを読む

日付:2010年11月1日  カテゴリー:診療メニュー紹介,性病

ページの上部へ

主な性病

 性病=性感染症は、性交渉でうつる感染症全ての総称です。10代から20代前半を中心に広がっており、特に自覚症状が出にくいタイプの病気が蔓延しつつあります。  予防はコンドームを初めから正しく使うこと!これしかありません。 … “主な性病” の続きを読む

日付:2010年5月20日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

クラミジア

 妊娠初期の検査では、必ずクラミジア感染の有無を調べることになっています。クラミジアはセックスによって感染する性病=STDの一種なんですが、自覚症状がほとんどないために知らないうちに感染していることがあります。  感染に … “クラミジア” の続きを読む

日付:2010年5月20日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

性器ヘルペス

 性器ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルス」というウイルスが外陰部に感染することで起こる性感染症の1つです。このウイルスは、「水疱瘡」の原因ウイルスの親戚みたいなもので、症状や感染後の潜伏の仕方など色々共通点も多いんですよ … “性器ヘルペス” の続きを読む

日付:2010年5月2日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

HPV感染

 いまや、1日3人の新規HIV感染者が出ているという現実。  20~24歳の女性の15人に1人はクラミジアに感染しているのではないかと予測されています。20代で不妊症になっている女性の約3割からクラミジア抗体が検出されて … “HPV感染” の続きを読む

日付:2010年5月2日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

尖圭コンジローマ

 クラミジアほど多くはないのですが、時々見かけるのが尖圭コンジローマ。これは、ヒト乳頭腫ウイルス(ヒューマンパピローマウイルス=HPV)というウイルス感染によって、外陰部や子宮頚部などにイボができる性感染症です。専門家が … “尖圭コンジローマ” の続きを読む

日付:2010年5月2日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

トリコモナス腟炎

 トリコモナスは、正確には「原虫」と言って、とっても小さな寄生虫の仲間です。ウイルスや細菌ほど小さくはないので、おりものを採って顕微鏡で見てみると、チョコチョコと泳ぎ回っているのを見ることができます。ほとんどが性交渉によ … “トリコモナス腟炎” の続きを読む

日付:2010年5月2日  カテゴリー:婦人科の病気,性病

ページの上部へ

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー