日々の雑記

 

災害時の心のケア~子ども編~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PTSD (保護者用)2011
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
被災した子どもさんの保護者の方へ
災害後、お子さんに次のような症状はありませんか?
・表情が少なく、ぼーっとしていることが多い。
・話をしなくなったり、必要以上におびえている。
・突然興奮したり、パニック状態になる。
・突然人が変わったようになり、現実にないことを言い出す。
・そわそわして落ち着きがなくなり、少しの刺激でも過敏に強く反応する。
・いらいらいしていて暴れたりする。
・吐き気や腹痛、めまい、息苦しさ、頭痛、頻尿、おねしょ、眠れない、
 からだの一部が動かないなどの症状を強く訴える。
・今まで、言うことを聞いていたのに反抗をする。
 または、逆に、急に素直になってしまった。
 これらの症状がある場合は、非常に強い恐怖の体験をしたときにおこる、心が混乱した状態です。これを「急性ストレス障害」長期化すれば、「心的外傷後ストレス障害」といいます。
 
 こういう場合には、子どもたちに次のように接してください。
◎ 恐かったことや、悲しかったことをゆっくり聞いてあげてください。
 「もう、大丈夫」
 「お父さんや、お母さんがしっかり守ってあげるからね」
 「心配なことがあったらなんでも言ってね」
 「あなたはちっとも悪くないんだから」
 「○○ができなくなっても恥ずかしくないんだよ」
 これらのことばは、何度繰り返してもかまいません。
◎痛いところがあったらさすってあげましょう。
◎できるだけお子さんを一人にしないであげてください。
 こういった対応は、少なくとも2・3カ月間から半年間、また必要に応じて、それ以降も絶えず繰り返し続けて下さい。なお、ふつうの時でもこのような大人の態度は子育てに必要な望ましい態度です。
 このリーフレットは、中国四国小児心身症学会(現日本小児心身医学会中国四国地方会)により平成13年3月の芸予地震の際に配布されたものです。 
 今回の災害にともなう心のケアのために学会の許可を得て配布しています。
 このリーフレットについてのお問い合せ先:日本小児心身医学会中国四国地方会副会長
 
 広島県立障害者療育支援センターわかば療育園 河 野 政 樹
  〒739-0113 広島県東広島市八本松町米満198-1
  メールアドレス dr.kono@nlpmedics.com
参考文献 日本小児精神医学研究会 編 「災害時のメンタルヘルス」

日付:2011年3月17日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

災害時の心のケア ~赤ちゃん編~

災害時の子どもの心のケアについて情報を頂きましたのでアップします。
ご参照下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PTSD (赤ちゃん養育者用)2011
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤ちゃんがいらっしゃる方へ
赤ちゃんをあずかっておられる保育士の方へ
災害後、お子さんにこんな症状はありませんか?
・ なかなか寝つかない、小さい物音にもびっくりする。
・ 見知らぬ場所(はじめての所)を極端にこわがる、心配そうにする。
・ 特定のものや場所(暗い所や狭い所)を極端にこわがる。
・ 特定の状況で機嫌がわるくなる。
・ 泣く元気もない(ミルクをのまない。なかなか食べようとしない)
・ しがみついて離れない、後追いが激しくなる。
・ これまで話せたことばが話せない。
・ 今までできていたことも出来なくなる。
 (一人で食べていたのに食べさせてほしがる。トイレへ一人で行けなくなった)
・ 甘えが強くなり、ぐずりやすい。わがままになる。
・ 悪夢を見ているようだ。うなされる。夜中に目を覚ましてぐずる。
 これらの症状がある場合は、非常に強い恐怖の体験をしたときにおこる、心が混乱した状態です。
 これを「急性ストレス障害」長期化すれば、「心的外傷後ストレス障害」といいます。
 症状が非常に強い場合は専門の医療機関にご相談ください。(特に食べない、飲まない状態が強い場合には、脱水症状が生じ、点滴などの補液が必要となります。)
 このリーフレットは、中国四国小児心身症学会(現日本小児心身医学会中国四国地方会)により平成13年3月の芸予地震の際に配布されたものです。 
 今回の災害にともなう心のケアのために学会の許可を得て配布しています。
 このリーフレットについてのお問い合せ先:日本小児心身医学会中国四国地方会副会長
 
   広島県立障害者療育支援センターわかば療育園 河 野 政 樹
   〒739-0113 広島県東広島市八本松町米満198-1
   メールアドレス dr.kono@nlpmedics.com
参考文献 日本小児精神医学研究会 編 「災害時のメンタルヘルス」

日付:2011年3月16日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

災害時の心のケア 大震災支援情報サイト

 日本トラウマティック・ストレス学会が震災時の心のケアについて支援情報サイトを立ち上げたとのことです。
 ご参照下さいませ。
  http://jstss.blogspot.com/

日付:2011年3月16日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

放射能障害を出にくくする食事

 11日・12日は急な診療時間の短縮でご迷惑をおかけしました。
 まだ余震が続いてはおりますが、本日から通常通りの時間で診療しております。今後は、電力供給の状況に応じて急な休診や時間短縮診療の可能性もございますので、こちらのHPをご確認いただくかお電話でご確認頂ければ幸いです。
 また、事務長からすでにお願いさせて頂いておりますが、すでにおかかりの患者様はメール登録及びクリニックからのお知らせを受診できるようなメール設定をお願いいたします。
 原発事故の被害は、日に日に拡大していっているようですが、風向きの関係もあって現時点では関東方面に大きな影響は出ていないとの見解が有力です。
 万が一の場合に、放射能の影響が出にくい食事のポイントをご紹介しておきますね。
 *玄米に粗塩をかける
 *味噌汁を1日1杯以上摂る
 *甘い物(糖質・特に砂糖)を摂らない
 詳しくはこちらのページをご参照下さい。
   http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html

日付:2011年3月14日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

原子力災害時における安定ヨウ素予防服用について

 3月11日の地震では各地に多くの損害が発生していますが、原発からの放射能汚染も懸念事項の一つかと思われます。
 原子炉施設等において原子力災害が発生した場合、放射性物質として放出される希ガスは外部被ばく、放射性ヨウ素は内部被ばくにより、人体に影響を与えることが想定されます。
 内部被爆というのは、いったん体に取り込んだ放射性物質が近くの臓器に影響を与える事です。
 放射性ヨウ素は甲状腺に選択的に蓄積されるために、甲状腺がんなどを発生させる可能性があります。
 この内部被ばくに対しては、安定ヨウ素剤を予防的に服用すれば、放射性ヨウ素の甲状腺への集積を防ぐことができるために、甲状腺への放射線被ばくを低減する効果があることが報告されています。
 詳しくはこちらのページをご参照下さい。
   http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html

日付:2011年3月13日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

出産のご報告

 いつもポートサイド女性総合クリニック・ビバリータをご利用頂きありがとうございます。
 スタッフから第一報をお知らせさせていただいておりますが、2月26日の2時32分に元気な女の子を出産致しました。
 前日の診療を終えてから、8時間半後には出産という超安産に、私自身が一番ビックリしております。
 産後の経過もよく、娘も毎日ぐいぐいお乳を飲んでくれています。
 本日名前も決まりまして、「彩叶(あやか)」と命名しました。開業しつつ母になるという私の夢を叶えてくれたように、多くの人の願いを彩り鮮やかに叶えていける子になって欲しいという願いをこめて・・・
 皆様には、出産に伴う臨時休診及び代診で大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 どうか、ご理解とご協力を頂ければ幸いです。

日付:2011年3月1日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

虐待と「望まない妊娠」との関係

 児童虐待の報告件数が過去最高と報道されていますね。
 虐待の問題は「これをすれば予防できる」という一元的なことで解決できるほど単純ではありませんが、虐待の予防に「望まない妊娠の予防」は不可欠です。
 それを裏付けるデータはたくさんありますが、次の報告でも無計画な妊娠が虐待のリスクである事が示されています。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000g6nl-att/2r9852000000g7mx.pdf
 虐待のリスクになるのは、「望まない妊娠」「若年妊娠」「シングルマザー」などであり、10代~20代前半の「できちゃった婚」の離婚率が高い事からも、若い層への避妊教育がいかに重要なのかがわかります。
 もちろん、ひとり親でも若いお母さんでも立派に子育てしている方もいらっしゃいますから、これらの条件が「イコール虐待」というわけではありません。逆に、望んで授かったはずなのに虐待してしまうというケースもあります。
 でも、トータルの虐待リスクを下げるという意味では、「妊娠を心から希望するまでは女性が自分の手で避妊すべき」ということを、できれば中学生や高校生のうちに知識として知っておく必要があるのではないかと感じています。
 日本では、まだ避妊と言えばコンドームや膣外射精という方が多く、どの年齢層でも確実な避妊ができていないのが現状です。
 クリニックでの緊急避妊は、すでに50件を超えました。緊急避妊を行っても妊娠に至るケースもありますから、できればそういった状況になる前にピルや子宮内避妊具で確実な避妊を行って欲しいなと願わずにはいられません。
 自分にとってどのような避妊法が一番適しているのか相談したいという方は、お気軽に避妊相談にいらしてくださいね。

日付:2011年2月24日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

横浜男女共同参画センターとの協同企画

 2010年度から、横浜男女共同参画センターとの協同企画として、市民企画講座や地域出前企画の活動に参加させていただいております。
 2011年度は、地域出前企画に絞って応募させていただいたのですが、無事継続採用していただく事ができました。
 地域出前企画の内容は、横浜市内の学校や団体に出張講演させていただくというものです。
 高校生や大学生向けの性教育講座、中学生や高校生の保護者向けのHPVワクチンセミナー、各学校の養護教員向けの性教育・避妊教育指導セミナーなど、各対象者に合わせた内容で1~2時間の講演をさせていただきます。
 ちなみに、2010年度は地域出前企画として次のようなテーマで講演させていただきました。
  「輝く女性の生き方講座~ライフプラントセルフメンテナンス~」(対象:大学生)
  「『生』と『性』の健康講座~自分で守るセクシャルヘルス~」(対象:大学生)
  「HPVワクチンと子宮頸がん検診」(対象:高校養護教員)
 2011年度も引き続き、各学校や保護者の皆様のリクエストにお応えできるように、HPVワクチンや緊急避妊薬「ノルレボ」などの最新情報も織り込んだ情報提供をさせていただきたいと思います。
 男女共同参画センターから助成していただけることになりましたので、講師料はかかりません。講演のご依頼方法について詳細をご希望の方は、「お問い合わせフォーム」からご連絡頂ければ幸いです。

日付:2011年2月20日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

マタニティアロママッサージの効果

 最近、エステルームのマタニティアロママッサージがひそかに人気です。
 私自身が、妊娠してからまず悩まされたのがつわり同時に出現した首から肩のひどい凝りでした。妊娠するとホルモンの状態が一気に変わるので、特に妊娠初期に肩こりや頭痛に悩まされる妊婦さんは結構多いんです。
 でも、マッサージや整体のお店はどこも「妊娠中の方はお断り」・・・
 思わず「医者が大丈夫って言ってるんだからしてください」と言いたくなりましたが、意外と妊娠中に受け入れてもらえる所って少ないんですよね。
 後期になると、今度はお腹が重くなってきて足の付け根や恥骨の痛みが出たり、腰痛や背中の張りが強くなったりすることもあります。
 骨盤のずれや整形外科的な要因での痛みはマッサージが必ずしも有効でない場合もありますが、多くの場合筋肉のコリをほぐすだけでも症状は和らぎます。
 アロマオイルを使ったマッサージでは、筋肉をほぐすだけでなく、リラックス効果やむくみ・冷え・血行不良の改善にも役立ちますので、実は妊娠中にこそ活用したい効果がいっぱいなんです。
 妊婦さんでも安心して受けていただけるよう、オイルの種類やマッサージ中の体位なども工夫していますので、お気軽に利用してみてくださいね。
 ちなみに、産後のダイエットには、アクシダームやリンパマッサージがお勧めです。

日付:2011年2月19日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

妊娠に関する知識が世界最低ランク?!

 毎日新聞のニュースに、こんな記事が載っていました。
 残念ながら、日本はまだまだ「安心して生み育てられる国」には程遠い印象です。
 子ども手当てがどうこうと、目先の事だけ議論していても本当は何の解決にもならないのですけれどね。
  
 http://mainichi.jp/life/edu/news/20110215k0000m040096000c.html
 確かに日本では、避妊や性感染症予防に関する教育も、妊娠に関する教育もほとんどなされていないのが現状です。
 NPOの活動の一環として大学生向けに性教育講座を行った時も、「今の段階でこういった話が聞けてよかった」「避妊について甘く考えていた」「将来の妊娠の時期をきちんと考えようと思った」といった感想をたくさんいただきました。
 確実な避妊をしている人の割合も世界最低ランクなので、当然中絶率も高くなってしまいます。
 望まない妊娠を減らす事は、中絶や虐待の問題を減らすことに直結するだけでなく、将来の不妊要因を作らないという意味でもとても重要だと感じています。
 年間30万件近い中絶が行われる一方で、30代の4人に1人が不妊治療が必要になってきているという現状をどう受け止めるべきなのでしょうか。
 クリニックやNPOとしてできる事は限られていますが、これからも草の根活動を続けていこうと思います。

日付:2011年2月17日  カテゴリー:日々の雑記

ページの上部へ

 

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ