婦人科の病気

 

生理不順の原因

 月経不順や無月経の原因は、かなり多岐に渡ります。病気ではありませんが、「月経が来ない」という時にまず確認しておかなければいけないのは「妊娠していないかどうか」です。

 不規則な月経がちょこちょこあって何だか変だな、と思って婦人科を受診したらすでに妊娠5ヶ月だったなんてケースもそんなに珍しくなかったりするんですよ。全く性交渉をしていないという人以外は、月経が予定通りにきちんと来なかったらまず妊娠反応を調べてくださいね。

 

 月経不順の原因として割とよくあるのが、卵巣機能の低下による女性ホルモン不足です。月経がきちんと来るためには、脳から卵巣へ「女性ホルモンを出しなさい」という命令が出て、その命令を受けた卵巣が卵を育てて女性ホルモンをきちんと出す必要があります。ところが、卵巣が疲れてしまったり、「多嚢胞性卵巣」のような体質的な異常で卵巣が上手く働けなくなると、この女性ホルモンが足りなくなってしまうんですね。ホルモンが充分に出ていないと、月経も正しく来なくなります。

 卵巣が疲れてしまう原因としては、ストレスや冷え・不規則な食事・卵巣のう腫などの病気・加齢などが挙げられます。

 

 また、卵巣は正しく働けるのだけれど、脳が卵巣に向かってきちんと命令を出していないために、結果として女性ホルモンが充分に出ていないという場合もあります。これを「視床下部性」とか「下垂体性」とか「中枢性」といったりしますが、ようは「脳」に原因があるということです。

 卵巣に命令を出している「視床下部・下垂体」という場所はストレスに非常に弱い場所なんです。なので、強いストレスを感じたり、いきなり環境が変わったりすると、すぐにダメージを受けて充分な命令が出せなくなってしまうことがあるんですね。

 

脳が受けるダメージの中で一番大きいのは、実は「体重の減少」によるストレスです。つまり、ダイエットのし過ぎで急激に体重を落としたり、例えゆっくりでも大幅に体重を減らしてしまうと、脳はとても大きなストレスを感じで卵巣への命令をストップさせてしまいます。

こういった、ダイエットによる無月経を「体重減少性無月経」といいますが、ひどくなると無月経の中でも一番治療が難しく時間がかかってしまいます。

 

他にも、女性ホルモン以外のホルモンが脳の働きを邪魔して月経不順を引き起こすこともあります。「プロラクチン」というホルモンはお乳を作るホルモンなんですが、これがたくさん出過ぎるとちょうど授乳中と同じ状態になってしまい、排卵が止まります。胃薬や精神安定剤の中には、副作用の1つとしてこの「プロラクチン」を異常に高くしてしまうものがあるので、薬を飲み始めたら月経不順になったという人は、薬のせいではないか、医師に確認した方がいいですね。

また、甲状腺で作られる「甲状腺ホルモン」は出過ぎても足りなくなっても卵巣の働きを妨げてしまうことがあります。甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症が元々ある人は、きちんとホルモンがコントロールできているか確認した方がいいでしょう。

 

 これらの原因を見分けるためには、まず血液検査で女性ホルモンや脳から出ている様々なホルモンの値を調べます。また、超音波検査で子宮や卵巣そのものに異常が無いかどうかを確認します。

 さらに、最近環境が変わったりしていないか、急激に体重が減っていないか、生活がハードになり過ぎていないかなどを詳しく伺うことによって、何が原因なのか見当をつけていくわけです。

日付:2010年4月22日  カテゴリー:婦人科の病気,生理不順

ページの上部へ

生理不順の治療

 無月経や月経不順の治療は基本的に「薬物治療」つまり薬によるものが中心になります。ただし、他のホルモンが悪さして二次的に月経不順になっている場合は、まず大元の病気を治療します。

 例えば、月経不順の原因が、高プロラクチン血症だった場合はプロラクチンを抑える薬を飲んで治療します。高プロラクチン血症の原因が薬による副作用の場合は、その薬をまずやめますし、脳腫瘍の場合は腫瘍の手術を行うこともあります。

 

3ヶ月以上月経が全くない無月経の場合は、とにかくまず1度は出血を来させる必要があるので、ホルモン剤を1~2週間飲んだり筋肉注射でホルモンを補ったりして月経を起こすのが一般的ですね。

ただし、極端なダイエットによって月経が止まってしまった「体重減少性無月経」の場合は、出血がくること自体が体に大きな負担になってしまうので、例え3ヶ月以上月経が来ていなくても体重がある程度元に戻るまでは無理に月経をこさせないこともあります。体重減少性無月経の治療の基本は、まず体重を元に戻すこと。ある程度体重が戻れば、月経も自然に回復してくることがありますからね。

 

 無月経の原因が一時的なストレスや環境の変化だったり、ホルモンバランスがまだ保たれている場合は、薬で1回月経を来させた後はしばらく基礎体温をつけるだけで様子を見てもいいでしょう。いったん出血を来させたら、その後はまた規則的に月経が来るようになることもあります。

 逆に、元々月経不順だった人がとうとう全く月経が来なくなったというパターンや、血液検査で女性ホルモンが極端に少なくなっている場合は、少なくとも3ヶ月間は薬を続けてその後もきちんと月1回の出血が来るようにした方がいいでしょう。

 

 月に1回のペースで定期的に出血を起こすことにはちゃんと意味があるんですよ。月経は子宮のお部屋の中で厚くなっていった「子宮内膜」が月に1回はがれて体の外に出てくる現象です。つまり毎月子宮の中を大掃除しているようなものなんです。

 月経不順や無月経で、この子宮の大掃除が定期的にできなくなると、子宮の中では古くなった「子宮内膜」がたまってしまうことがあるんですね。そうすると、子宮内膜に変化が起きやすくなって「子宮体癌」のリスクになってしまいます。

 

 薬で月経を起こす方法は、低用量ピルを使うことが増えてきました。ピルは1錠の中に必要な女性ホルモン2種類が含まれている合成のホルモン剤です。確実な避妊にもなりますし、飲み方も簡単で月経も楽になるのでとても使いやすいんですね。他

 にも、2種類のホルモン剤を組み合わせてホルモンを補う「カウフマン療法」という方法があります。いずれにしても、本来卵巣から出るべき女性ホルモンを飲み薬で体の外から補うことによって、月経と同じ出血を起こすわけです。

 

 月経不順で無排卵になっていても、すぐの妊娠を希望していなければ基本的には排卵誘発剤は使いません。卵巣が疲れているから月経不順になっているのに、その卵巣に鞭打って無理やり排卵させるのは卵巣にとってはかなりの負担になってしまいますからね。

 ただ、妊娠を目指してる方の場合は、何とかして排卵するようにしなければ妊娠は望めませんから、初めから排卵誘発剤を使ってとにかくきちんと排卵するように治療を進めていきます。

 

 月経は不規則だけれど60日以上は間があかないとか、ホルモンが少なめだけどある程度保たれているという場合は、ホルモン剤を使うのではなく、体を温めたり血液の流れをよくする漢方薬を飲んで様子を見ることもあります。

 漢方薬を飲むだけでなく、生活習慣の改善も一緒にしていくことで、卵巣の働きが戻りやすくなるんですね。生活改善のポイントは、適切な体重を保つ・体を冷やす食べ物を摂らない・湯船に毎晩30分以上つかる・ストレスをためない・禁煙する、など。

 月経不順は体からのSOSですから、無視せず今の生活を見直すきっかけにしてみてくださいね。

日付:2010年4月22日  カテゴリー:婦人科の病気,生理不順

ページの上部へ

おりものの異常の見分け方

おりものとは?

おりものは、腟や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったものです。腟内に潤いを保ち、雑菌が入ってきたり増えたりするのを防ぐ働きを持っています。口の中の唾液や目にとっての涙と同じようなものです。

おりものの中には、デーテルライン桿菌という「善玉菌」がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。この善玉菌が少なくなったりいなくなったりすると、腟内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなってしまいます。

 

よく、抗生物質を飲むとカンジダ腟炎になる方がいらっしゃいますが、これは、抗生物質によって一時的に善玉菌まで除菌されてしまうためです。カンジダはカビの一種で抗生物質は効きませんから、善玉菌によるバリアがなくなると増えやすくなるのです。

 また、おりものを気にしすぎるあまり、トイレに行くたびにビデで洗ってしまう方がいらっしゃるようですが、これは善玉菌まで洗い流してしまうので返って感染を起こしやすくしてしまいます。ビデを使うのは月経の時期だけにして、洗いすぎないように気をつけましょう。

 

 

健康なときもおりものは多少出ます

 婦人科を受診なさるきっかけで「月経不順」や「不正出血」と並んで多いのが「おりものが気になる」という訴えです。でも、実際拝見すると、本当に異常なおりものが出ている方はそれほど多くなく、ほとんどのケースが「気にしすぎ」です。

正常なおりものは、半透明~白っぽい色で卵白のように少し粘り気があります。乾くと、少しポソポソしたクリーム色の状態になることがありますが、これは異常ではありません。月経直後は臭いが強めのこともありますが、それ以外の時期はあまり臭いがないのが普通です。おりものシートをつけっぱなしたり、タンポンを入れっぱなしたりすると雑菌が増えるため臭いが強くなることがあります。

 

 

おりものの量は個人差があり

 おりものはホルモンの影響を受けて状態や量が変わるので、排卵期や月経直前はおりものが増えた感じになります。おりものの量も汗と同じように個人差があるので、ちょっと多めだなと思っても多少下着につく程度の量はあまり気にする必要はありません。

 たまに「ずっとおりものシートをつけていないと染み出てきてしまうんです」という人がいますが、感染がないことを確認できていれば無理に治療をする必要はありません。ただ、おりものシートを常用していることがおりものを増やす原因になっていることはあるので、シートをつけっぱなしにするのはやめましょう。

 

 排卵期や月経前は、病気でなくてもおりものの量が一時的に増えます。それ以外に、感染があったり、腟内に異物があったりすると量が増えます。おりものがずっと多いなと思ったら一度はきちんと検査を受けた方がいいでしょう。

 ただし、「おりものが増えていない=病気ではない」とは言い切れませんから、おりものの「量」だけで異常の有無を判断することはできません。

日付:2010年4月21日  カテゴリー:おりものの異常,婦人科の病気

ページの上部へ

病気が疑われるおりものの異常

病気が疑われるおりものは?

 おりものの状態だけで病気の有無を判断することはできませんから、気になったらまずは病院で検査を受けることが大事です。腟の中から直接おりものを取って調べるので、下着を取って内診台に上がる必要があります。検査自体は、綿棒でおりものをとるだけなので痛みもなく数秒で終わります。

 ただ、結果が出るまでには数日~1週間程度かかることがほとんどですから、たいていはまず検査だけをして1~2週間後に結果を聞きに行き、異常があれば薬を処方してもらうといった流れが一般的です。ただし、おりものを見ただけで明らかに病気が疑わしい時は、検査結果を待たずに薬が出されることもあります。

 

検査代金は何の検査をするかによって異なりますが、クラミジア・淋菌・一般の雑菌をひと通り調べると初診料を含めて8000~10000円くらいになります。症状があれば保険がききますから、保険証を使えば実際支払うのは2500~3000円ですむはずです。

一緒に子宮癌の検査をしたりすることもありますから、余裕を持って5000円~8000円くらい持っていれば安心でしょう。

 

 

 病気が疑われるおりものの状態は次のようなものがあります。

 

*おりものの中に血液が混ざる(ピンク色や茶色のおりもの)

 不正出血のサインです。子宮癌やクラミジア頚管炎・子宮頚管ポリープなどの可能性があります。

 いったん治まっても必ず婦人科で検査を受けましょう。

 

*水っぽいおりものが流れ出るくらい多い

 クラミジア頚管炎の可能性があります。性交渉は控えて早めに検査を受けましょう。クラミジアはひどくなると熱が出たり下腹全体が痛くなったりすることがあります。

 抗生物質を1~2週間飲めば治療は可能ですが、卵管にまで炎症が広がると不妊症の原因になります。

 

*くすんだ黄緑色の鼻水のようなおりものが出る

 淋菌感染症や、大腸菌などの雑菌による細菌性腟炎の可能性があります。雑菌なら自然に治ることもありますが淋菌の場合は抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。

 雑菌でも腟内に抗生物質のタブレットを入れることで殺菌できます。

 

*ヨーグルト状のポソポソしたおりものが多くて痒みがある

 カンジダ腟炎が疑われます。自然に治ることもありますが、何度も繰り返したり痒みがひどい場合は受診しましょう。

 

*魚の腐ったようなツンとした臭いが強い

 雑菌が増えていたり腟内に異物が入っている可能性があります。2~3日様子を見て改善しないようなら早めに受診した方がいいでしょう。

 雑菌の場合、1週間ほど腟内に抗生物質のタブレットを入れることで改善が期待できます。

 

*クリーム色の泡立ったようなおりものが出て強い痒みがある

 トリコモナス腟炎が疑われます。性交渉を控えて早めに検査を受ける必要があります。

 飲み薬と膣内に入れるタブレットを10日ほど使えば治療できます。

 

これらの症状がある時は、基本的に病院で検査してもらいましょう。特に、血液が混ざっている場合は、癌の可能性もありますから注意が必要です。

病気の種類によっては、おりものの異常だけでなく、痒みや下腹部の痛みをともなうこともあります。おりもの以外の症状がある場合は、自己判断で様子を見たりせずに受診した方がいいと思ってください。

日付:2010年4月21日  カテゴリー:おりものの異常,婦人科の病気

ページの上部へ

おりもの異常の予防法

おりもの異常を起こさないための予防策は?

 最も大事なことは、妊娠を望んでいる時以外は必ずコンドームを正しく使うことです。たとえ夫婦間であってもパートナーが1人でも、そして妊娠中でも、コンドームは必須だと思ってください。それが、自分と相手の健康を守るための最低限のマナーです。

 おりものを気にしすぎる方の中には、コンドームを使っていないためにちょっとしたことですぐに「性病ではないか」と不安になってしまうという方がいます。自分でよけいな不安を作り出さないように、日頃から安全なセックスを心がけてください。もちろん、セックスの前にシャワーを浴びてお互い清潔になっておくことは言うまでもありません。

 

また、特に妊娠中は抵抗力が落ちているので、ちょっとした雑菌にも感染しやすくなっています。おりものの中の雑菌が増えると、早産や破水の原因になってしまいますから絶対にコンドームは手放さないことが大事です。

コンドームを「避妊具」と思っている人は、「なぜ妊娠中にわざわざコンドームを使うの?」と思うかもしれませんが、そもそもコンドームは感染を予防するものなのです。

 

 妊娠中でなくても、体力や抵抗力が落ちたり、腟内が蒸れた状態になると雑菌が増えやすくなってしまいます。湿気の多い場所は細菌にとっては「居心地のいい場所」ですから、綿100%の通気性のいい下着を着ける・厚手のデニムやガードルははかない・おりものシートは使わない・ナプキンやタンポンはこまめに換えるといったことを心がけて、蒸れを防ぎましょう。

 腟内は元々じめじめしていて通気性が悪く、適度な温度が保たれているので、細菌が増えやすい条件がそろっています。おりものシートを使っていれば清潔が保てると思っている人も多いようですが、通気性の悪いシートを何時間もつけっぱなしにしていると返って雑菌が増えやすくなってしまうのです。どうしても下着の汚れが気になる場合は、綿100%の布製のシートを使うようにしましょう。

 

また、自分自身の免疫力が落ちると、普段は何の悪さもしない雑菌が増えやすくなってしまいます。疲れやストレスをためない・体を冷やさない・充分な睡眠をとるなど、日常生活の改善で免疫力アップに努めましょう。

糖分は細菌にとって栄養源ですから、血糖値が高いと雑菌が繁殖しやすくなります。なので、甘い物の摂りすぎにも注意が必要です。甘い物は体を冷やす作用もありますから、特に冷えやすい人はあまり摂らない方がいいでしょう。

日付:2010年4月21日  カテゴリー:おりものの異常,婦人科の病気

ページの上部へ

卵巣のう腫や卵巣がんの症状

卵巣の腫れをまとめて「卵巣腫瘍」といいますが、悪性度つまり癌かそうじゃないかによって大きく3つに分けられます。

明らかな悪性腫瘍が「卵巣癌」、逆にはっきりと良性腫瘍だといえるものが「卵巣のう腫」、そして悪性と良性の間くらいの性質を持っている腫瘍が「境界悪性腫瘍」です。

 

いずれの場合も、卵巣が多少腫れている程度では全く症状が出ません。極端に大きくなれば、お腹の圧迫感などで気づくこともありますが、検診や他の症状で内科の診察を受けた時にたまたま発見されるケースのほうが多いんですよ。

お臍の高さを超えるくらいの大きさになると、さすがに下腹が圧迫されるので「何となくお腹が張る」「ウエストがきつい」といった症状を自覚することもありますが・・・中には20㎝くらいの腫瘍があるのに「単なるメタボだと思ってました」なんて、のんきな人もいらっしゃいます。

 

元々卵巣は「沈黙の臓器」と言われているほど症状が出にくい臓器です。正常な大きさが2~3cmなので多少腫れてもスペースに影響を与えにくく、しかも、子宮の両側にハンモックにつるされるような形でルーズに存在しているので、痛みも圧迫症状もあまり出ないんですね。

なので、卵巣がんは早期発見するのがとても難しく、見つかった時にはすでに進行癌であることがほとんどです。これが、卵巣がんが「サイレントキラー」といわれる所以なんです。早期発見するには、やはり、定期的に超音波検査を受けるしかありません。

 

卵巣が5~6cm以上に腫れると、卵巣を支えている靭帯ごとグルッと捻じれてしまうことがあります。卵巣のう腫の「捻転」と言って、この状態になると立っていられないほどの激痛が突然現れますので、たいていは救急受診してそのまま手術になります。

たまに、捻じれかかっては自然に元に戻るといった中途半端な「捻転」を繰り返す方もいらっしゃるようで、突然痛くなったりしばらくすると治まったりといった症状を繰り返します。こういった捻転を疑う症状がある場合は、例え良性腫瘍であっても早めに手術しておくことをお勧めします。

日付:2010年4月15日  カテゴリー:卵巣がん・卵巣のう腫,婦人科の病気

ページの上部へ

卵巣のう腫や卵巣がんの診断

卵巣腫瘍の診断は、主に超音波検査MRIなどの画像検査で行います。悪性の可能性が高い場合は、腫瘍マーカーやCTや胃カメラ・大腸カメラなどの詳しい検査を合わせて行っていくこともありますね。

卵巣癌の中には「転移性」と言って、胃癌や大腸癌からの転移で卵巣が腫れることもあるので、消化管の検査が必要になってくるわけです。

 

ただし、最終的に悪性なのかどうかという「確定診断」は、卵巣のう腫そのものを病理の検査に出して顕微鏡で細胞を見てみなければつけることはできません。つまり、手術をするまでは良性なのか悪性なのかといった区別はつけられないんです。あくまで画像や腫瘍マーカーの値から、「悪性の可能性が低いか高いか」を予測しているに過ぎません。

超音波やMRIで明らかに良性腫瘍の見え方をしていて、腫瘍マーカーの数値も上がっていない場合は、急いで白黒つけなくてもいいので「様子を見ましょう」「いずれは手術をしましょう」と言われることが多いですね。

逆に、少しでも悪性を疑う所見があったり、腫瘍マーカーの数値が高かったりする場合は、万が一悪性だった場合のことを考えて出来るだけ早めに手術をするように勧められます。

 

超音波検査で「卵巣が腫れています」といわれた人は、悪性の可能性は低いのか、どういった種類の腫瘍が考えられるのか、いずれ手術が必要なのか、などを確認しておくといいでしょう。

日付:2010年4月15日  カテゴリー:卵巣がん・卵巣のう腫,婦人科の病気

ページの上部へ

子宮体がんの症状

 「子宮がん」は、癌ができる場所によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられています。ただできる場所が違うだけでなく、それぞれ発症しやすい年齢や原因や予防法が大きく異なってくるので、別々の病気として考える必要があるんですね。

 

子宮体がんは子宮のお部屋の中にできる癌で、「子宮内膜」という部分の細胞が癌になっていきます。子宮内膜は、妊娠時に着床のためのベッドとなる部分で、月経がある間は毎月ホルモンの影響を受けて分厚くなって月経として剥がれ落ちていきます。

毎月きちんと出血しない人や、閉経が近づいて月経が不規則になってきている人は、内膜がきちんと剥がれ落ちないで分厚いままになる事があります。これが、子宮体がんのリスクになることもあるので要注意です。

 

以前は子宮頸がんが主流で子宮体がんは少なかったのですが、食生活の欧米化や晩産化・未産率の上昇などのせいで、最近では子宮体がんが子宮がん全体のほぼ半分を占めるようになってきているんですよ。

好発年齢は40~50代の閉経前後。原因として一番大きく関係しているのは、女性ホルモンのバランスの変化です。卵巣から出ている2種類の女性ホルモンのうち「エストロゲン」は子宮内膜を分厚くする作用を持っていて、もう1つの「プロゲステロン」は内膜をはがして子宮の中をお掃除する作用を持っています。この「エストロゲン」が「プロゲステロン」よりも過剰に働いてしまうと、内膜の細胞が増えすぎて癌になりやすくなるんですよ。

 

子宮体癌のリスクが高い人は、

 「妊娠・出産をしたことがない人」

 「多嚢胞性卵巣症候群で月経不順の人」

 「閉経が遅い人」

 「乳がんのホルモン治療を受けている人」

 「更年期の治療でホルモンを1種類のみ補っている人」

 「肥満の人」などです。

 

子宮体がんの症状で最も多いのが「不正出血」です。特に閉経後の方で不正出血が続く場合は注意が必要ですね。他にも、おりものが増えるという症状で見つかる方もいらっしゃいます。

子宮体がんも、発見するには子宮体がん検診を受けるしかありません。子宮頸癌の検査と違って、子宮の奥の方まで細胞を擦り取る細い器具を入れなければいけないので、多少痛みを伴うのが難点なんですが、40歳以上でリスクが高い方や不正出血がある方はきちんと検査を受けておいた方がいいでしょう。

日付:2010年4月14日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮体がん

ページの上部へ

子宮体がんの予防と治療

子宮体がんの予防法は、「適切な体重を保つ」「月経不順を放置しない」「脂肪の多い食事を摂らない」「低用量ピルを飲む」などです。

脂肪の取りすぎや肥満はすぐにでも改善できるはずですから、心当たりのある方は生活改善を心がけてください。

低用量ピルは、元々避妊のために開発された合成ホルモン剤ですが、子宮内膜を非常に薄く保つ働きがあるので、子宮体がんのリスクをかなり下げてくれるんですよ。低用量ピルを10年間飲むと子宮体がんのリスクは2割程度まで低くなるというデータもあります。特に、月経不順の人は子宮体がん予防のためにもピルで月経サイクルを整えておくことをお勧めします。

 

 子宮体がん検診で「疑陽性」や「陽性」の結果が出た場合、さらに詳しく調べるために「内膜組織診」という検査を行います。

 組織診の結果が「単純子宮内膜増殖症」であった場合は、そのまま定期検査で様子をみたり、それ以上病気が進まないようにピルで治療したりします。少し病変が進んで「複雑型異型内膜増殖症」という結果だった場合は、より詳しく調べるために、麻酔をかけて「子宮内膜全面掻爬」という手術を行います。子宮内膜を全部掻き出してわずかでも「がん細胞」が含まれていないかくまなく調べるわけです。

 

 詳しい検査の結果が「複雑型異型内膜増殖症」だった場合、いわゆる「前癌状態」なので、お腹をあける手術をして子宮を摘出します。まだ「癌」にはなっていないので基本的に周りに広がったり転移したりはしていません。子宮を取るだけでほぼ完治が期待できます。稀に30代でもこの状態になることがありますが、ご本人が将来妊娠を希望している場合は子宮をとらずホルモン治療を行っていきます。

 

 いずれかの検査で「子宮体がん」という結果が出た場合は、MRIなどで病気の広がり具合を確認してから、子宮や卵巣やリンパ節を取る手術を行います。子宮頸がんと同じく、病気の広がり具合によっては術後に放射線治療や抗癌剤による治療を追加することもあります。

日付:2010年4月14日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮体がん

ページの上部へ

子宮頸がんの原因

 「子宮癌」は、癌ができる場所によって「子宮頸癌」と「子宮体癌」に分けられています。ただできる場所が違うだけでなく、それぞれ発症しやすい年齢や原因や予防法が大きく異なってくるので、別々の病気として考える必要があるんですね。

 

 子宮頸癌は、子宮の出口側にできる癌です。若い人に増えてきているのが特徴で、好発年齢つまりかかりやすい年齢が30~40代と子宮体癌よりやや低くなっています。最大の原因は、HPV(ヒューマンパピローマウイルス)というウイルスの感染です。HPVは性交渉によってうつるウイルスなので、早い時期から性交渉を経験するようになったことで若い人でも子宮頸癌になるリスクがあがってきているわけです。

 初期にはほとんど症状がないので、早期発見をするためには毎年きちんと検診を受けるしかありません。進行すれば、月経以外の時期に出血したり性交渉のあとに出血したりといった症状が出ることがあります。

 

 予防する方法は、HPVの感染を防ぐことですから、性交渉の開始時期をできるだけ遅くすること・必ずコンドームを使うこと・性交渉のパートナーの数をできるだけ少なくすることが大事です。ただし、HPVは性交経験がある女性なら一生のうちに7~8割の人が1度は感染することがあるといわれているほどメジャーなウイルスなので、いわゆる「遊んでいる人」が感染するというわけではありません。むしろ、性交渉をしていれば誰もがかかりうるウイルスだと思ってくださいね。

 

海外では、すでに100カ国以上の国でこのHPVを予防するためのワクチン接種が行われています。日本でも遅ればせながら、2009年12月にHPV16型と18型を防ぐワクチンが発売になりました。性交経験前の方なら何歳であっても、ワクチン接種をしておくことをお勧めします。

HPVワクチンについては別ページで詳しく解説していきますね。

 

HPVは、いったん感染しても9割の人は2年以内に自然に消えていきます。体が持っている抵抗力がしっかりしていれば、ウイルスをちゃんと排除することができるんです。なので、ウイルスに感染したからといって必ず癌になるというわけではありませんから、その点だけは誤解しないようにしてくださいね。

複数のウイルスに何度も感染すること、他の感染症に重ねてかかること、喫煙、免疫力の低下などが、癌化を促してしまう要因と言われています。1度HPVに感染してもあまり悲観せず、これらの要素をできるだけ避けて、定期的な検診を心がけて下さい。

日付:2010年4月13日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮頚がん

ページの上部へ