婦人科の病気

 

更年期障害の症状

更年期とは

 更年期とは、閉経をはさんで前後10年の時期のことを指します。閉経の平均年齢は約50歳なので、標準的には大体45歳~55歳が「更年期」ということになりますが、閉経年齢には個人差がありますので早い人は40代前半でも更年期に差し掛かることもあります。

 「更年期」はその年齢を迎えれば女性なら誰にでも訪れるものですが、その時期に出現する心身の様々不調は「更年期症状」と言って症状の現れ方は人それぞれです。この「更年期症状」が極端にひどく、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合を「更年期障害」と言って治療の対象になります。

 

更年期障害の症状

 更年期障害の症状としてよく言われているのがのぼせ・ほてりといった「ホットフラッシュ」ですが、この時期に出現する症状は非常に多岐に渡ります。

 

体の症状:のぼせ・ほてり・発汗・めまい・頭痛・

      息苦しさ・胸の痛み・膝やかかとの痛み・

      喉のつかえ感・疲れやすさ・皮膚の乾燥感など

 

心の症状:イライラ・不眠・気分の落ち込み・やる気が出ない・

      集中力の低下・性欲の低下など

 

ずっと続くめまいが更年期のせいだと気付かず、内科や耳鼻科を何箇所も回ったり、脳神経外科で脳の精密検査まで受けてこられる方もいらっしゃいます。検査では何も異常がなく、症状の改善もないのでと婦人科に相談にいらして、ホルモン治療を始めたとたんにすっかり症状が消えて驚く方も少なくありません。

月経がまだきちんと来ていても、更年期症状が出る方もいらっしゃいますので、40歳を過ぎて「何だかよくわからない体調不良」が続いた時は念のため婦人科で相談してみることをお勧めします。

もちろん、胸の痛みが心臓の病気のせいだったり、めまいや耳鳴りが脳腫瘍のせいだったりすることもありますから、どの症状も「きっと更年期でしょう」と放置せず各科での精密検査は受けた方が安心です。

日付:2010年4月5日  カテゴリー:婦人科の病気,更年期障害

ページの上部へ

更年期障害の治療開始の目安

 更年期かも?と思ったら、まずは婦人科を受診しましょう。実際にホルモンのバランスが更年期のパターンになっているかどうかは、血液検査をすればすぐに分かります。

 また、症状の強さによって点数をつけていく「更年期指数」という指標があるので、それらの結果を元に治療の必要性の有無を判断していく事になります。

 更年期は誰もが経験するものなので、多少の体調不良があっても日常生活には全く支障がないのであれば、絶対に治療しなければいけないというものではありません。この時期は、心身の色んな不調が出やすいのと同時に、今まで多少無理ができていた人でも体力や抵抗力が落ちる年齢ですので、その事を自覚した上で日常生活を見直していくといいでしょう。更年期の過ごし方は、全てにおいて今までの8割くらいにペースダウンすることがポイントです。

 

 逆に、更年期症状がひどすぎて日常生活もままならない時は、早めに治療を開始した方がいいでしょう。中には、うつ状態がひどくて家事が何もできなくなったり一歩も外に出られなくなったりする方もいらっしゃいます。また、関節やかかとの痛みがひどくて歩くのが難しくなった方もいらっしゃいました。

 いずれも23ヶ月ホルモン補充療法をするだけで症状の大部分は改善します。辛い症状は我慢せず、適切な治療を受けて快適に過ごしましょう。

 

 ホルモン剤を飲み始めたら一生飲み続けなきゃいけなくなるんじゃないかと心配して、ホルモン治療に抵抗を示す方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。あくまで、急激なホルモンの低下をちょっとなだらかにして、体がその変化に振り回されないようにするための治療ですから、症状がひどい間はしっかりホルモンを補って、徐々に減らしていけばいいわけです。最小量にしても調子が悪くならなければ、しばらく飲むのをやめて、ちょっと体調が悪くなってきたな~と思ったら屯用で1・2錠飲むという使い方だっていいんですよ。

 

 更年期障害の治療は、ホルモン補充療法漢方治療・安定剤や自律神経調節薬による対症療法・アロマやサプリメントによる治療・カウンセリング、など色々ありますが、どれを選択するかは、症状の程度によるんですね。もちろん、複数の治療を組み合わせることもよくあります。

日付:2010年4月5日  カテゴリー:婦人科の病気,更年期障害

ページの上部へ

更年期のホルモン補充療法

 更年期障害の治療の中心は、足りなくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」です。卵巣からは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが出ています。閉経をむかえると、このホルモンがどちらも同じ年齢の男性よりも低くなってしまうのですが、このうち更年期障害の原因となっているのは「エストロゲン」の不足です。

 なので、更年期障害の改善には「エストロゲン」を何らかの形で補うのが最も効果的です。

 

 「エストロゲン」を補う方法としては、注射・飲み薬・貼り薬(パッチ剤)・塗り薬(ジェル剤)があります。一般的によく使われているのは飲み薬とパッチ剤です。パッチ剤のいいところは、飲み薬と違って肝臓の機能があまりよくない方でも使えるという点ですが、2日ごとにシール上のホルモン剤を貼るので皮膚が弱い方はかぶれたり痒くなってしまうことがあります。

 更年期障害の改善のためだけであれば「エストロゲン」を補うだけでいいのですが、子宮のある方が「エストロゲン」のみを補い続けると子宮体癌になるリスクが高くなってしまうという欠点があります。なので、通常、子宮のある方にホルモン補充療法を行う時は、「エストロゲン」と一緒に「プロゲステロン」の飲み薬やパッチ剤を組み合わせて使います。

 

 ホルモン補充療法の注意点としては、長く続けていると乳癌のリスクがわずかに高くなることや、薬による肝臓への影響が出ていないかを定期的にチェックする必要があることなどです。

 なので、ホルモン補充療法中は特に、子宮癌検診・乳癌検診・一般の健康診断をサボらずに年に1回は一通りのチェックを受けるようにしましょう。

日付:2010年4月5日  カテゴリー:婦人科の病気,更年期障害

ページの上部へ

更年期のその他の治療

 更年期障害の症状を速やかに改善するにはホルモン補充療法が最も有効ですが、ホルモン補充療法の補助的役割やホルモン剤を使うほどではない場合に漢方薬サプリメントを使うこともあります。例えば、ホルモン補充療法でのぼせやほてりはなくなったけれどめまい感がなんとなくスッキリなくならないという場合、めまい対して漢方を追加で使ったりします。

 また、症状がそれほど強くはないけれど様々な不調がある場合や、ホルモン剤そのものに抵抗がある方の場合、症状と体質に応じた漢方薬を処方したり、サプリメントをお勧めしたりすることもあります。

 

 症状の中心が不眠や気分の落ち込みなどメンタル面の不調が中心の場合、睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などの薬や、カウンセリングによる治療を併用していきます。

 更年期障害が出やすい方に共通しているのが、まじめで人に頼るのが苦手で頑張りすぎる傾向にあるというキャラクターです。カウンセリングによって「頑張らなくてもいいんだ」ということに気付き、自分を甘やかす事を許せるようになるだけでも症状が軽くなることがあります。

 

 日常生活で、更年期症状を予防したり改善するためにできることは、次のようなものがあります。

 

1)何事もほどほどに。「好い加減」な毎日を目指す
 更年期障害が強く出てしまう方の特徴として、真面目で人に頼るのが苦手な頑張り屋さんタイプが挙げられます。どんな辛い症状も気力で乗り切ってきたのに、今回ばかりはどうにもならないんです、と言って駆け込んでこられる方が結構多いんですね。頑張りすぎてはいけません。「ま、いっか」の精神で、ほどほどの「好い加減」な生活を心がけましょう。

2)サプリメントをうまく利用する
 植物性の女性ホルモン様物質として大豆イソフラボンがあります。継続的に摂取することによって、更年期症状を改善する事は、学会でも報告されているんですよ。他にも、更年期の方によくお勧めするサプリメントは、ピクノジェノール・チェストツリー・ブラックコッホッシュ・グルコサミンなどです。

3)体を冷やさない
 冷えは万病の元といいますが、冷えからくる血流の悪さが卵巣の機能をさらに衰えさせてしまいます。体を冷やす食べ物は避ける・極端な薄着をしない・朝晩15分以上は湯船につかる・適度なストレッチ&運動を継続的にする、など、冷え対策をしてみてくださいね。

4)タバコは厳禁
 タバコは百害あって一利無しです。タバコによって卵巣の寿命は10年近く短くなるといわれています。高いサプリメントやお化粧品でアンチエイジングを目指す前に、タバコはすっぱり止めましょう。


 

(おまけ)
5)恋をする
 相手は別に旦那さんでも、若いタレントでも映画俳優でもかまいません。日常の中でトキメキを持つことが大切なんじゃないかな、と思います。

 世界一長寿になった日本の女性は、閉経後に約30年以上の人生が待っています。20代や30代のうちから自分の体をきちんとメンテナンスして、ホルモン剤や漢方や代替医療をうまく利用しながら、素敵な更年期を迎えて欲しいなと思うんですよね。「あ~、もう更年期だわ」なんて凹んでないで、ステキに年を重ねていきましょう。

 更年期障害は、次のステージへ行く前に「ちょっと毎日の過ごし方や自分の体のメンテナンスについて考え直してみて!」という体からのサインなわけです。不調をきっかけに生活リズムを整えたり、食生活を見直したり、今まで後回しにしていた「自分のお世話」をしてみてはいかがでしょうか。

また、更年期という時期は心身の状態が変化しやすいだけでなく、夫の定年や子どもの受験や親の介護など、ライフイベントにおいても大きな変化が起きやすい時期です。ある意味「今は色々重なってるだけ」と割り切って、症状が落ち着くまで毎日の生活を少しペースダウンして自分のことにかまけてみて下さいね。

 

日付:2010年4月5日  カテゴリー:婦人科の病気,更年期障害

ページの上部へ

更年期様症状

 のぼせ・ほてり・めまい・疲れやすい・不眠・イライラ・耳鳴り・立ちくらみ・関節痛・・・・など、様々な症状が出てくるのが更年期障害の特徴ですが、最近これらの症状を見て「私って更年期なんじゃないかしら」と不安に思う20代・30代の方が増えています。本当は、雑誌などでよく見かける「プチ更年期」とか「若年性更年期」なんてものは、医学的には存在しません。
 更年期というのは、閉経前後約10年間の「時期」を指します。日本の女性の閉経年齢の平均は49.5歳ですから、大体45歳~55歳のことを言うんですね。実際に更年期に差し掛かっているかどうかは、血液検査でホルモンのバランスを調べればすぐに分ります。

 この時期に出てくる色んな症状のことを「更年期症状」と言い、それらの症状が強すぎて日常生活に支障をきたす事を「更年期障害」というんです。だから、20代で更年期って言うのはありえないんですよ。
 ごく稀に「早発閉経」と言って、まだ閉経の年齢ではないのに卵巣が働かなくなるケースがあります。この場合、20代や30代でも自然な月経が止まってしまい更年期症状と同じような症状が出ることがありますが、いわゆる「プチ更年期」と呼んでいるちょっとした体調不良の重なりとはホルモンの状態が全く異なりますので、血液検査をすれば簡単に判別できます。

 では、更年期ではない年代に見られる更年期と似た症状は何かと言いますと、ストレスや疲労からくる「卵巣機能低下」「自律神経失調症」によるものがほとんどなんです。もちろん、動悸やめまいなどの症状が、心臓の病気や耳鼻科系の病気や甲状腺ホルモンの異常によって起きて来ることもありますので、この場合は内科か耳鼻科でまずそういった病気が無いかどうかチェックしてもらう必要があります。
 卵巣機能低下というのは、名前の通り卵巣の働きが弱ってしまって、女性ホルモンが充分出せなくなっている状態の事です。排卵がうまくいかなくなることもあるので、月経不順になったりもします。卵巣から出る女性ホルモンの値が下がると、更年期と同じような症状が出るのは当然なんですね。更年期症状のそもそもの原因は、女性ホルモンの急激な低下なわけですから。
 もう一つの自律神経失調症は、やはりストレスや不規則な生活などによって、体温や心拍数などを勝手に調節してくれている「自律神経」の働きが低下してしまった状態です。


 これらの症状に対してどのように治療していくのかというと、卵巣機能低下の場合はホルモンを補うか漢方薬を使って治療する事がほとんどです。また、自律神経失調症の場合も漢方薬がよく使われます。そのほか、自律神経調整薬や軽い精神安定剤などを併用することもあります。
 症状がひどくて日常生活に支障があったり、体調不良の期間が長いようなら、一度受診して相談してみる事をおすすめします。もちろん自分でできる日常生活の工夫も色々ありますから、まずは生活習慣を見直してみてくださいね。

日付:2010年4月5日  カテゴリー:婦人科の病気,更年期障害

ページの上部へ

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、子宮の筋肉の壁にできる良性の腫瘍=コブです。小さいものも含めると、30歳以上の女性の3人に1は発見される、子宮の病気の中では最もメジャーなものですね。筋腫ができる原因は、はっきりと解明されていません。母親も叔母さんも姉妹にも筋腫があります、って人は割と多いので、何らかの遺伝的要素はあるのではないかと言われています。

筋腫ができる場所や大きさによって症状の出方は異なりますが、全く症状がなくて検診でたまたま発見される人も少なくありません。特に最近は、超音波検査が普及してきたので、触っただけでは発見できなかった小さな筋腫も発見されるようになってきました。

 

逆に自覚症状がある場合、一番多いのは過多月経や過長月経、つまり月経の量が多くて期間も長いので貧血になってしまうケース。筋腫が子宮のお部屋の中に飛び出していたり、子宮のお部屋を引き伸ばして変形させてしまうために、出血量が増えてしまうんですね。ひどいと、ナプキンが1時間持たなかったり、貧血が進みすぎて輸血が必要になることもあります。

月経量は人と比べることができないので、本当は過多月経なのに自分では異常だと気づかずに放置してしまうこともありますからちょっと注意が必要です。健康診断で貧血を指摘されたことのある人は、一度は婦人科で筋腫がないかチェックしてもらった方がいいでしょう。

 

筋腫が握りこぶし以上の大きさになると、自分でも下腹の辺りにしこりを触れることがあります。さらに大きくなりすぎると圧迫による症状が出ることもありますね。子宮の前には膀胱があるので、筋腫が膀胱を圧迫するとトイレが近くなったり、逆に尿がスムーズに出せなくなってしまいます。周りの腸を圧迫すれば便秘になりますし、尿管を圧迫すれば「水腎症」と言って腎臓が腫れてしまうこともあります。ただし、ここまでひどい症状が出るのは筋腫が相当大きくなってから。通常はそんなに大きくなる前に何らかの治療を勧められることが多いでしょう。

 

稀に、妊婦さんのようなお腹になって初めて婦人科を受診して、お臍の高さを超えるくらい大きな筋腫が発見される方もいらっしゃいます。「何となく太ったな~と思っていました」なんてのんきなことをおっしゃいますが、これほど大きくなると手術をするにしてもかなり大変です。

例え症状がなくても、年に1回は超音波検査を受けるようにして下さいね。

日付:2010年4月4日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮筋腫

ページの上部へ

子宮筋腫の診断方法

筋腫の診断は、主に超音波検査で行います。腟から超音波の機械を入れて子宮や卵巣を直接写し出していくので、1cm未満の小さな筋腫まで発見することができるんですよ。

粘膜下筋腫といって筋腫が子宮のお部屋の中に飛び出しているように見える場合、正確な位置や飛び出し具合を確認するために「子宮鏡検査」を行うこともあります。子宮鏡は、細いカメラを子宮の出入り口から挿入して、子宮のお部屋の中を観察することのできる検査です。粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープが疑われる時に、外来で行います。

 

また、筋腫が大きい場合やたくさんある場合、サイズや位置関係をより正確に把握するためにMRIの検査を追加することもあります。MRIの検査は、主に手術をすることを前提に詳しい情報を得る目的で行うことの方が多いですね。

 

これらの検査結果や症状の有無などを合わせて、治療法を相談していきます。

日付:2010年4月4日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮筋腫

ページの上部へ

子宮筋腫の治療が必要なケース

 子宮筋腫が発見されたからといって、必ずしも治療が必要とは限りません。症状も全くなく、大きさも10cm以下で妊娠も望んでいない場合、通常は半年から1年に1回超音波検査で大きさの変化を見るだけですみます。どんどん大きくなっている場合や、急激に大きくなった場合は、途中で手術を勧められることもありますが、閉経までただ定期検査を受けるだけって人も結構いらっしゃるんですよ。

 筋腫は女性ホルモンを餌にして大きくなっていくので、閉経までは大きくなる可能性があります。逆に閉経後は大きくなることはなく、むしろ徐々に縮んでいきますから、閉経まで持ち越せればそれ以降治療が必要になることはめったにありません。

 

 筋腫で治療が必要になるのは、主に次のようなケースです。

 1)過多月経や月経痛の症状がひどい場合

 2)大きさが大きい又はどんどん大きくなっている場合

 3)大きさが大きくて圧迫による症状がひどい場合

 4)妊娠を望んでいて筋腫が妊娠の妨げや

   流産や早産のリスクになる場合

 

1)の場合、まずは薬で出血量のコントロールができるかどうかを試してみて、有効であれば薬物療法だけで様子を見ることができます。

2)~4)の場合は、いずれも手術が必要です。

 

また、最近は筋腫を栄養している血管を詰まらせる「子宮動脈塞栓術」や、MRIを見ながら高周波の超音波を集中させて筋腫に当てる「高周波超音波集積治療」などの新しい治療も出てきています。どうしても手術以外の治療法を選びたいという場合は、これらの治療を行っている病院で、本当にその治療が可能なのかどうかをまずは相談してみるといいでしょう。

日付:2010年4月4日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮筋腫

ページの上部へ

子宮筋腫の薬物治療

 子宮筋腫の薬物療法には、ピルで出血量を減らす方法と、「偽閉経療法」という月経を止める方法があります。

 ピルは、タバコを吸わない健康な女性であれば副作用もほとんどなく長期間飲み続けることができるので、出血量のコントロールだけならとても有効なことも多いんですよ。ただ、人によってはピルを飲んでもあまり出血量が減らなかったり、ダラダラと不正出血が続いてしまうこともあるので、ピルを試したけれど結局手術が必要になるというケースもあります。

偽閉経療法は、その名の通り薬で女性ホルモンの働きを抑えて「閉経」の状態を作る方法です。月経が来なくなるので出血量で困ることもなくなりますし、閉経後に筋腫が縮むのと同じように、多少筋腫が小さくなります。

ただし、まだ閉経ではない時期にいきなり女性ホルモンが出なくなってしまうので、のぼせやほてりなどの更年期症状が出たり、骨がもろくなってしまったりといった副作用があります。長期間使うと骨粗鬆症になってしまうので、偽閉経療法の薬を半年以上は続けて使ってはいけないことになっています。

なので、通常は閉経まであと1~2年という人が、閉経まで何とか手術をせずに持ち越せるようにするために使うか、手術前に少しでも筋腫を小さくしておいて手術をしやすくする目的で使うことが多いですね。

長期間続けて使うことはできないので、20代や30代で偽閉経療法を行うのは、よほど貧血がひどくてとりあえず月経を止める必要がある場合か、手術を前提とした場合に限られますす。


また、過多月経の新しい治療法として、ホルモン付加子宮内避妊具「ミレーナ」を入れるという方法も選択できるようになりました。筋腫による不快な症状が、過多月経や月経痛ならミレーナで月経を軽くするという方法も選択肢の一つとなります。

 ただし、ミレーナは経膣分娩をしたことがある方でなければ入れにくい可能性があるのと、筋腫による子宮内の変形が大きい場合は入れられない又は入れてもすぐに出てきてしまう可能性があります。

 ミレーナが入れられる状態かどうかは医師の判断によります。ミレーナでうまく月経がコントロールできれば、コスト的にも一番負担が少ない方法になりますので、経膣分娩経験のある、今後妊娠を希望されない方は検討してみてもよいと思われます。

日付:2010年4月4日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮筋腫

ページの上部へ

子宮筋腫の手術療法

 子宮筋腫の手術療法には、「子宮全摘術」「筋腫核出術」「子宮鏡下筋腫核出術」などがあります。

 

 子宮全摘術は、お腹をあけて子宮全体を摘出する手術です。子宮全体をとるので、当然その後の妊娠は望めなくなります。なので、通常は今後妊娠を望まないという方のみに行う手術です。30代でお産をしたことがない方にこの手術を行うことはめったにありませんが、筋腫が無数にあって子宮を残すのが難しいケースや、ご本人がどうしても子宮全体を取ってほしいと希望された場合は行うこともあります。

 卵巣に異常がなければ、両側の卵巣は残したまま子宮だけを取るので、子宮全摘術を行ったからと言ってホルモンのバランスが崩れるわけではありません。子宮全体を取るので、筋腫の再発もありませんし、今後子宮の病気になることはなくなります。

 入院期間は病院によって異なりますが、開腹手術つまりお腹をあける手術なので、大体10日前後の入院が必要になります。術後の回復に問題がなければ、退院後1週間程度で日常生活に戻れます。

 

 筋腫核出術は、筋腫のコブだけをくりぬいて子宮は残す手術です。主に、今後妊娠を希望する方に行う手術です。ただし、最近は妊娠する年齢が非常に高齢化してきているので、医学的には妊娠が難しい年齢でも子宮を残したいと希望される場合もあります。また、妊娠は望んでいないけれど「子宮を残す」ということにこだわる方もいらっしゃいますから、必ずしも妊娠することを前提とした手術とはいえません。

 筋腫が大きい場合や数が複数ある場合は、たいてい開腹手術で行います。ただし、筋腫の大きさがそれほど大きくなければ「腹腔鏡補助下手術」を選ぶこともできます。腹腔鏡でのぞきながら筋腫を細かく砕いていき、小さな穴から取り出すので、手術の傷を小さくすることが可能です。腹腔鏡補助下手術の場合、1週間程度の入院ですむこともありますが、開腹手術だとやはり10日前後の入院になります。

 子宮全摘術と異なるのは、子宮が残っているので手術後も筋腫が再発するリスクがあるのと、手術の時の出血量が多くなりやすいという点です。子宮全摘術と筋腫核出術を迷っている場合は、それぞれのメリットとデメリットをしっかり把握した上で主治医とよく相談しましょう。

 筋腫をとった後の子宮の壁はもろくなっていることもあるので、将来的に帝王切開が必要になることもあります。絶対に帝王切開でなければいけないのか、下からのお産つまり経腟分娩が可能なのかは、手術をした医師にしか分かりませんから、これも主治医にしっかり確認しておく必要があります。

 

 子宮鏡下筋腫核出術は、子宮のお部屋の中に飛び出している粘膜下筋腫に対して行う手術です。細いカメラを腟の方から子宮内に入れて、子宮のお部屋の中をのぞきながら、カメラの先から出ている電気メスで筋腫のコブを削っていきます。お腹をあける手術と違って傷はつきませんから、入院期間も数日ですみます。

 ただし、筋腫の大きさが大きいと一度の手術では取り切れなかったり、すぐに再発してしまうこともあるので、何度かにわけて手術を行うこともありますね。この手術は、粘膜下筋腫以外には行えませんから、全ての筋腫が子宮鏡下で取れるわけではないんですよ。

 

 どの術式を選ぶかも、筋腫の状態や妊娠の希望の有無などによって異なってきますから、手術が必要と判断されたらどういった選択肢があるのかをきちんと自分で把握するようにしましょうね。

日付:2010年4月4日  カテゴリー:婦人科の病気,子宮筋腫

ページの上部へ

 

プロフィールD.JPG
清水(旧姓:須藤) なほみ
ポートサイド女性総合クリニック
~ビバリータ~ 院長
歌って踊れる産婦人科医
 
「全ての女性は美しくなる権利がある」をコンセプトに、女性の美と健康をサポートするために女性医療を皆様のもとにお届けしています。
5歳から始めたクラシックバレエは、ミュージカルとの出会いでコンテンポラリーダンスに変身しました♪
 
所属学会:日本産婦人科学会・日本思春期学会・日本性感染症学会・日本不妊カウンセリング学会
 
日本家族計画協会認定思春期保健談員
不妊カウンセリング学会認定カウンセラー


当院を初めて
受診される方へ